選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

俺のペナント(WEB野球ゲーム)攻略法などの情報・紹介・思い出のページ

俺のペナント(WEB野球ゲーム)攻略法などの情報・紹介・思い出のページ

12球団の一人として参加する仮想ペナントゲームの俺のペナントの情報と紹介のページです。
もう数年前の話ですが「俺のペナント」いわゆる「1」のものがありました。
もう忘れてしまいましたが、それを改良したものが俺のペナント2だったでしょうか。
1と2は似ていて、俺のペナント2が結構流行っていた印象です。
そして公式サイトというか作成している本家サイトで俺のペナント3が公開され、俺のペナント2が流行った後だったのでこちらも人気がありました。
その後本家サイトは終了し、俺のペナント3は5人ほどにデータが渡されましたが結局1つだけ少し行われてすぐ閉鎖という形になった記憶があります。
もう古い話なので、事実は全然違った形だったかもしれません。
今俺のペナント2を調べてみると数サイトはまだ行われているようですが、放置されている残骸的なサイトを結構見かけます。
その俺のペナント2、俺のペナント3の思い出を少し語っていこうと思います。

俺のペナント2は12球団の野手9人・投手9人の中の一人として参加するゲームです。
投手・野手ともに能力が割り振られ、キャンプなどで好きな能力を上げていきます。
活躍すると年俸が上がり、その分所持金が増えていき特殊能力を取得していくことができます。
選手には成長型があって、早熟や晩成など見えない形で存在し、年齢とともに能力が衰退していきます。
契約年数があり、契約が切れる際には移籍も可能で、参加者の引き抜きなどの駆け引きもありながら、個人を強化しチームを強化し、ペナントレースを戦っていくゲームです。

俺のペナント3は俺のペナント2をさらに進化させた形で誕生しました。
残念ながら具体的にどんな感じだったかは忘れてしまいました。
ただかなり人気があって、参加者はかなり白熱していたことを覚えています。
私も参加させてもらっていましたが、いろいろ調べることも多く、解明していくことが面白かったという印象です。
成長型を全て把握したり何歳頃に転生するのがベストなのか、最終的にはチームごとに転生計画書なるものが作られ、○○さんは2年後に転生しこのポジションとしてお願いしますなど、個人個人で行うレベルを超えたゲームとなっていました。
私は途中から参加していましたが、調査のために友人と12球団を渡り歩き情報収集を行いながら成長型の全コンプリートを行いました。
その時点では12球団のチーム掲示板には成長型の種類や何年目にどの成長期がきているのか、何年目に衰退期がくるのかの詳しい情報は一切載っていませんでした。
私は最終的にあるチームにたどりつき、そこで全成長型の年数別の成長期の一覧を公開し、そのチームのメンバーがいつどのように選手を育てていけばいいかが把握できるようになりました。
全員の育成がスムーズに進み、そのチームは長期黄金期を作り上げました。
メンバーの出入りも少なく情報の流出も少なかったので最初は良かったですが、徐々に情報は他球団に漏れていき黄金期はやや危うい状況に陥りました。
その頃に転生計画表を作る人が現れ、○○さんはいつ転生しこのポジションでと全てを指示しガチガチに縛られたある意味面白みのない時期が始まりました。
私は管理するのはチームが強くなるというのは理解できましたが、参加者全員がこれに縛られるのは違和感があり自由度を増やすようにしましたが、結局微妙な具合で落ちついてしまいました。
結果的には黄金期は維持できましたが、作らされてる感が続き初期より面白みが欠けていた感じでした。
いろんな工夫をしていいチームを作りだすというのはいいことですが、ここを大切にすることの重要性みたいなことをあらためて感じたような気がします。
俺のペナント3に参加していろいろあったわけですが、なんだかんだ楽しかったですね。
今また再開されたらやるかどうかは分かりませんが、どこかで誰かが復活させてほしいとは今でも思っています。

このゲームの攻略法はあるのか。
ひたすらいろんなことをやってみて、何がいいのかどうすればいい結果につながるかを自分なりに調べ実践の繰り返しですね。
最善策は簡単に決まるものでもありませんし、自分で見つけたものが一番しっくりくるはずです。

このゲームから学んだ教訓。
同じルールでも一生懸命調べ上げ、工夫を凝らすことで他の人よりいい状況を作ることは可能。
みなさん一人一人の意思を尊重してこそゲームは楽しい。
野球関連のゲームはやっぱり楽しい。
こんな感じでしょうか。
今参加している「野球つく」や「俺の甲子園」、そして当サイトでやっている仮想ドラフトの「新規球団を作ろう」、「ドリームチームを作ろう」、これらのゲームも俺のペナント3と似ているような気がします。
みんながいるから成り立っているということ、いろいろ調べたり工夫をすれば無課金や同じルールの中でもいい結果を作ることができる。

今ハマってるゲームが少し減ってきてしまっているので、また面白いゲームに出会えないかなと思う今日この頃。
このページは見やすさや大切な情報などを完全に無視した状態の個人的に思い出のページになってしまいました。
最後までしっかり見てくださる方がいるとはあまり思えませんが、もし面白い野球ゲームを御存じの方がいらっしゃたら教えてほしいなぁとも思ってます。
まあ聞いてもやるとは限らないのが私の悪いところですが、興味はかなりあります。
いろいろ考えた結果やらないかもしれませんが、何かもっと面白いことがあればなぁとやっぱり思ってしまいます。

私にできることとして当サイトでの仮想ドラフトをもっと盛り上げていけるようにしたいので、いろんなページの作成をこんな風に続けていこうと思います。

野球つく!!(WEB野球ゲーム)攻略法などの情報・紹介ページ

野球つく!!(WEB野球ゲーム)攻略法などの情報・紹介ページ

2017年8月時点で参加者60万人を突破したWEBゲーム野球つく!!の情報と紹介のページです。
「大人になった野球少年に贈る」をテーマに野球好きには嬉しい・楽しいゲームとなっています。
登録者(オーナー数)は60万人を超えたようで、かなり多くの方が参加する人気の野球ゲームです。
ゲームは基本参加無料で、いい選手を手に入れたりする際に課金することによるメリットもありますが、無課金でも十分楽しむことができます。
公式ホームページでゲームのダウンロード・インストールすることで行うことができます。
セガ(sega)さんが運営していますので説明通りに行えば簡単にゲームスタートまでいけますし、安心してゲームを楽しむことができます。
ゲームは選手のカードを集め好きなようにオーダーを組みさまざまな大会に参加していくというところが基本的な楽しみ方だと思います。
自分の好きなチームを作り毎週行われるリーグ戦を戦っていき、定期的に行われるイベントなどに参加し結果がいいとさまざまなアイテムが貰えたりします。

ゲームの中ではレベルがあり、YPと呼ばれるゲーム内通貨を消費することで経験値が貯まりレベルを上げていくことができます。
ゲーム内通貨は選手を獲得する際や施設のレベルアップをする際に使うもので、今流行りの仮想通貨とは関係ありません。
レベルを上げることでホームタウンの施設レベルアップに必要なポイントが回復したり、建物のレベルを上限値まで上げれるようになったりとやれる幅が広がっていきます。
いろんな楽しみ方があるゲームだと思いますので、まずはゲームに参加しいろんなことを試しながら学んでいくのが一番だと思います。

ゲーム内ではペナント・交流戦・ポストシーズンなど実際のプロ野球と同じ用語もいっぱい出てきますので、野球を知ってる人はもちろん楽しめますし、まだあまり知らないという方もここから学べることも多いと思います。
自分のペースで好きなように遊ぶことができるゲームとなっています。

ここでいよいよ攻略についての情報というか、私が数ヶ月やった中で分かったことを書いていきます。
wiki(ウィキ)も存在していますがあまり情報は多くなく、他の攻略ページとかも参考にはなりますが情報量はまだあまり多くないようです。
ここではネタバレ情報的なことはあまり書かず、チームを強くするための流れや、情報の見直しが出来るようなものを書いていきます。

まずやるべきことから。

1.毎日ログインしよう

まずこのゲームはログインボーナスというものがあります。
毎日違ったアイテムなどが貰えますので、かかさずゲットしていきましょう。
さらにゲーム内では時間とともに回復するポイントがいくつか存在します。
あまりログインせず放置しているとそのポイントも上限値・MAX状態で止まってしまいますので、上限値に達する前に消費しチーム強化を図りましょう。

2.ホームタウンは必ずチェック

ホームタウンの施設のレベルを上げていくことでさまざまなメリットが生まれます。
最初から真ん中に存在する主要施設(球団施設)はレベルアップすることでYPが獲得しやすくなったり消費が割引になったりとさまざまな分野でメリットが生まれます。
自分で建設する施設はレベルアップするとアイテム獲得時の効果が少し多くなったり、パラメータが一定数を超えることでYPボーナスがあります。
MPや同時にレベルアップできる施設数には制限がありますので、ここを上手く使っていくことでチーム強化が有利になっていきます。
見れる時は見る、これがチーム強化への道となると思います。

3.デイリークエストを毎日達成

毎日5つのデイリークエストが発生します。
ログインするだけだったり内容は日によって変わります。
ホームタウンのイベント数やエキサイトマッチのメダルはやや大変だったりもします。
この5つのデイリークエストを全てクリアすると「つくろう球」が1個貰えます。
つくろう球は基本的には課金によって貰えるものなので、無課金でやっていきたいなら必ず獲得しておきましょう。

4.プラチナ会員になろう

プラチナ会員になると現在13の特典があるようです。
30日でつくろう球を10個消費します。
デイリークエストを毎日クリアすれば30日でつくろう球を30個ゲットできますので、プラチナ会員を継続することは可能です。
プラチナ会員を継続し続ければホームタウンの建設スピードが速まりますし、チームコストの上限値が上がりますし、留学も有利になります。
プラチナ会員になっているのといないのとではやれることがかなり変わってきますので、プラチナ会員を常に維持できるようにしましょう。

5.あとはお好みでいろいろ試してみましょう

ここまでは無課金による最低限やれることをしっかりやっておきましょうというものです。
この上を目指すのであれば課金してつくろう球を大量に獲得し、ガチャでいい選手を獲得していくということになるかと思います。
ガチャに頼らないのであればどこをどうすれば効率良く行っていくことができるのかなど、個人レベルで出来ることを最大限に考えていくことになると思います。
ゲームを行っていくペースは人それぞれですので、やれる範囲でいろんなことを実践し、自分の中での作戦等を考えていきましょう。

6.結局は毎日やるべきことをやるだけ

前にも書きましたが、本当にチームを強くしたいなら課金してガチャなどを最大限行い、大人買いをしていくことだと思います。
課金しないで強くしたいなら毎日やるべきことをやる、これに尽きると思います。
いろいろ考えて効率よくということもありますが、正直あまり変わらないと思います。
ログインやホームタウンのレベルアップ、このあたりをしっかりやっていくことを日々繰り返すのが大切です。
MPなどで無駄を出さないようにこまめにチェックしていきましょう。
この他にも個人的に行っている攻略法はいくつかありますが、それはまたの機会ということにしたいと思います。

最後に

私も一応参加している身として自分が強くなりたいという願望もありますので、ここでは多くを語らずやるべきことをやるということでとどめました。
このページはコメント可能ですが、ネタバレ的なことや特別な攻略法などはあまり書かないようにお願いします。
このページの感想や野球つく自体の感想などは受け付けています。
私のチーム名などは非公開で公開する予定はありませんので、ギルドの参加などは遠慮させていただきます。
今どういう状況で何を楽しんでいる、みたいなうっすらとした内容は私も返信させていただきます。

ということで攻略・情報?は終わりにします。

これ以降は何かあった時にちょっとした日記的な感じで更新するかもしれません。
まずは現在地というか現状を少しだけ公開しておこうと思います。

2018年1月時点での私のオーナーレベルは★2つの状態。
300レベルを超えると★1つのレベル1になりますので600レベルを超えたような感じでしょうか。
YPは5000万ほどあり、いつでもレベルアップできる状態ですが面倒なので放置状態です。
運営大会は基本勝てません。
勝つという意識はすでにあまりなく、まったりと参加しています。

あけましておめでとうございます2018年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年もなんだかんだあけまして2018年です。
毎年今年こそは明けないのではないかと疑いますが、なんやかんや明けるものです。

平成30年、戌年(いぬどし)、戊戌(つちのえ いぬ)の今年はどんな年になるのでしょうか。
平昌オリンピックが2月、平昌パラリンピックが3月に行われます。
2018 FIFAワールドカップロシア大会が6月・7月にあるようです。

当ブログでは2018年は月ごとに新しい仮想ドラフトを行うぐらいハイペースで行く予定です。
1月6日に新規球団を作ろう第6弾となるリアルタイムドラフト2017がスタートします。
2月には新規球団を作ろう第7弾となる現役選手の年度別ドラフトの2017年バージョンがスタートします。
3月にはドリームチームの新外国人ドラフトが行われます。
4月には仮想ドラフト2018の第2回が行われます。
5月以降は新規球団を作ろうの第8弾以降(年度別ドラフト2017、ドラフト1位ドラフト、地方別ドラフト)、9月は仮想ドラフト2018の第3回、ドラフト直前に仮想ドラフト2018の第4回が行われます。
このようにいろんなものを行っていく予定です。

年度別ドラフトはまだ600ページほど残っていますが、少しずつ進めていき前年度の全チーム分のページを制覇できるように頑張りたいと思います。
調べたい選手の全ての選手に対応したビッグデータとして使えるだけのものを目指したいと思います。

これ以外にもみなさんから新しいイベントの提案などあれば、出来るかどうか精査したうえでいろんな楽しいことを行っていきたいと思います。
プロ野球に負けないぐらい楽しいことができたらなぁと思いますので、みなさん今年もよろしくお願いします。

それではみなさん良いお年を ~2017年のあれこれを振り返る~

それではみなさん良いお年を ~2017年のあれこれを振り返る~

今年もついにラストデーの大晦日。
2017年の野球界はいろいろありました。

セ・リーグでは広島東洋カープの2年連続のリーグ優勝、巨人がまさかの絶不調のなか広島は今年も強かったです。
パ・リーグはやっぱり福岡ソフトバンクホークスが圧倒的戦力で優勝しました。
クライマックスでは横浜DeNAベイスターズの3位からの下剋上で日本シリーズへ進出し、終盤に奇跡の逆転の可能性を見せながらも惜しくも敗れました。
個人記録こそ大きなもので出ませんでしたが、2000本安打達成者がいたり、それなりに面白い1年だったと思います。

当ブログでもいろんなことがありました。
去年のあけましておめでとうございますページのページ番号が「4049」。
そしてこのページのページ番号が「6269」。
ということで約2200ページ進みました。
まだ未公開ページのものがあったり作業用のページもありますが、だいたい1500~2000ページ作りました。
OBの全盛期査定やドラフト候補のページが多いですが、仮想ドラフトをいくつか行うことができました。

2017年はとにかく頑張りました。
1500~2000ページは1日平均約5ページ。
かなり無理をしました。
2018年こそは大幅にペースを落とす予定です。
というかこれまでのペースは無理です。
でもドラフト候補はある程度作りますし、年度別チームデータは全力で進めていきます。
ページ作成よりも仮想ドラフトなどイベントごとに力を入れていきたいと思っています。

仮想ドラフトはサイトの規模がないと成り立ちません。
以前はアクセス数なども今と比べたらまだまだで12人揃うことが精いっぱいでした。
今はありがたいことに参加者が増えてきて、それを見てくださる方々も増えました。
いろんな人に支えられていろんなイベントを行うことができました。
みなさんありがとうございます。
2018年は新規球団をつくろうの第6弾から第10弾まで準備していて、リアルタイムドラフト、1980年代ドラフト、年度別ドラフト、ドラフト1位ドラフト、地方別ドラフトなどの準備を着々と進めています。
いろんな仮想ドラフトをどんどん行っていこうと思います。

とりあえず来年まで作成作業はしばらくお休みです。
といっても年が明けたらすぐにあけましておめでとう投稿を行いますし、新規投稿自体は続け個人的な小休止をちょっと入れようと思っています。
仮想ドラフトは一旦お休み中ですが、1月6日からスタートしていきますので少々お待ち下さい。

それではみなさん良い年末・良いお年を。

つぶやき・ぼやきの退避ページ(2017年4月から2017年6月分)

つぶやき・ぼやきの退避です

サイドバーでこっそり?やっている「つぶやき・ぼやきコーナー」ですが、多くなりすぎたので一旦こっちに退避します。
今後も定期的に退避ページに残していきます。
せっかく作った文章なので消すのはもったいないです。
ただ、もったいないほどの内容ではありません。
残しすぎるとトップページを中心として文字数が多くなりすぎてページの読み込みが遅くなるので、定期的にこのように個別ページに退避しています。

ということで、この中身はスルーしていただいて構いません。
というか、スルーして欲しい内容ばかりのような気がします。


2017年4月から2017年6月分の書き込み

6/28 やっぱり楽しい
俺の甲子園は夏の甲子園都道府県予選に突入。 1勝ぐらいしてみたいけどどうなるんだろう。 もう夏の予選には参加できませんが、秋大会への準備もあるので今始めても面白いですよ。

6/26 今日は阪神新外国人候補祭り
ブランドン・スナイダー、ジェイソン・ロジャース、ウィル・ミドルブルックスの3人を調べてみます。

6/25 新外国人の評価
新外国人のページを作っては見るものの特にコメントは無く…。 一応調べてはいるので、覚えてる時なら結構いいやり取りが出来そうなのですが。 今回のカルロス・リベロは実績的に見れば巧打・長打はグリーン以下、守備走塁はグリーン以上だけど特段良くは無いっていうところから、長打はリベロ、守備走塁は藤井みたいなところとかいろいろお伝えできたのですが…。 某所のコメント欄は全く知らない・調べてない人の予想みたいな感じで面白みがないのでここで話がしたかった…。

6/3 ここまでで
7人の方が登録してくれました。 ありがとうございます。 その中1人は即効やめてしまったようで、6人中5人は監督の認証を行っていない状態です。 ということでまだまだ宣伝させていただきます。 基本プレー無料(課金制あり)のウェブ上で楽しむ野球シミュレーションゲームの俺の甲子園。 登録とは別に電話番号認証もありますが、やらなくてもいいですが私の場合は特にトラブル等はありません。 自己責任にはなりますが私の感覚的には特に問題はないかと。 個人的にはかなり楽しく毎日ログインとアクションの繰り返し。 毎日数回チェックせざるを得ないハマり具合です。 ご紹介はしますが、あちらの世界でやり取りするつもりはありませんので、みなさんそれぞれお楽しみください。

5/25 約2日でどんな感じか
6人の方がここから俺の甲子園に参加してくださったようです。ありがとうございます。 ここを見てくださる方がどれだけいるのかも良く分かりませんが、なんとなくですがみなさんすでにやってるんでしょうね。 私も結構前から始めてて紹介できるだけやってみたので今になってというところです。 紹介のボーナスがつくのが10人分なので、あと4人の方が参加してくださったらリンクを外します。 ウェブで楽しむ野球シミュレーションの俺の甲子園。 リンクから登録すると初期ボーナスがつきますので、参加の際は直接検索よりこのリンク経由の方がいいですよ。 たぶん今後どんどん広まっていくであろうゲームですので、あとで参加するぐらいなら早い方が育成に非常に有利です。 興味ある方は参加してみてください。 ここ以外では当ブログではゲーム紹介はしませんので、みなさんそれぞれお楽しみください。

5/24 ちょっと一息
年代別ページはやっぱりとんでもない時間がかかりそうで、なかなか進みません。 まだ1936年の1年間分すら完成しません。 80年の歴史ってやっぱり長いですね。 完成はいつになるんでしょう。 そんなこんなで作成作業ばかりやっているのでちょっと一息。 最近俺の甲子園というWEBゲームにハマってます。 リアルな日程と連動しているので甲子園の時期はさらに楽しそうですし、それまではコツコツと部員を集め練習させ選手を育てるものです。 簡単に登録でき必要事項が少なく安心。 ノー課金は部費が全然増えないので、紹介をやってみようと思いました。 俺の甲子園←ここから登録すると(リンク外しました)ゲーム内の部費がボーナスされた状態で始められます。 もちろん紹介した私もボーナスがつきWIN-WIN状態ということなので紹介しています。 このゲームは広告でちょくちょく目にしてましたが、それとこの紹介とでグングン参加人数が増え7万人を突破しているらしいです。 紹介が本当に出来るものなのかも含めここで実験してみます。 この場所・規模でどのぐらいの結果になるのか、ここが他にも今後使えるのかのいい例になりそうなので、いい結果になると嬉しいです。 今後も面白そうなことがあれば紹介していくかもしれません。

5/13 備考追加に10時間超え
年代別ページを簡単なものにしようと思ってましたが備考欄を追加しました。 年数や年齢は大変なので元々入れるつもりなかったのですが、何もないといろいろ分かりにくいところがありました。 次の年になると主力が急に消えたりしてその選手はどこにいったのかなど分かりにくいというものです。 その選手一人ずつを調べれば移籍したんだとかいろいろ分かってきますが、ここのページだけでは何の事だかさっぱりです。 なので○○から移籍とか○○へ移籍とか改名とか、年代が進んでいけばドラフト○位とかちょっとした情報を加えることができます。 一人分のデータを追加するのは今まで以上に時間がかかるようになりますが、このぐらいはあった方がいいのだと思い備考欄を途中から追加しました。 選手をすでに入れているページは一行ずつ備考枠を追加するため膨大な時間がかかります。 選手がまだ入っていないまっさらなページはほぼコピペで済むのですぐ終わります。 今の楽な状態で10時間以上かかってます。 これがほとんど出来あがった状態でやったら100時間超えるでしょうね。 ということで微調整的なことはこの備考欄の追加だけで終了になります。 備考欄の追加で1936年分も備考の中身を追加していくのでかなり足踏み状態です。 でもこれでページを見比べたりするのが面白くなりそうなので、今まで以上にさらにゆっくり作っていきたいと思います。

5/5 いろいろ新しいことやってます
一つはのちのち組み込むものでそのうちお伝えします。 もう一つは1936年からの年度別チームデータの準備中。 1950年以降は12球団以上あるので少なくとも800ページ以上は作成。 1000弱ぐらいは作らないといけないのでしょうか。 ということで作成期間5年間ぐらいを想定して作っていきたいと思います。 ウィキペディアにも年度別のチーム成績ってないんですね。 1980年以降あたりはある程度揃っていてもそれ以前は何年に誰がレギュラーでどのぐらいの成績だったかはまとめられていませんでした。 そんな中その年代の成績の一覧と査定をしなくてはいけないので、相当苦労するというか生涯を捧げるぐらいの大規模な作業になるはずです。 どこかのサイトでやっていればそれに越したことはないのですが、全部網羅しているところはなさそうですし依頼が来てしまったからにはやらないわけにもいかないというかなんというか。 需要さえあればいいのですが、作ったところで多くの人が見るのでしょうか。 好きな選手数人が新人の頃からどんな変化をしているかぐらいは見るかもしれませんが、全部はいらないような…。 逆に1980年以降だけとか中途半端に作っても何の価値もないので、やっぱり最初から作っていきます。 全選手は無理なので主要選手だけというか適当な形にはなってしまいます。 作成方法としては1チーム(1ページ)ずつ作成していくと手間がハンパないので、1選手を入団から引退までそのページ分一気に追加していくのを繰り返していこうと思います。 ということでどこか中途半端にできているところで一旦公開し、そこから少しずつ追加していく方式になると思います。 初期公開だけでもかなり先になりますが、ゆっくり作っていこうと思います。 ということで今後の作成物はほぼこれだけに専念することになると思います。

5/2 お久しぶりです
丸1ヶ月空いちゃいました。 特に書くこともなかったのですが期間が空きすぎていたのでなんとなく書いてます。 今は4月末データを更新中。 あとは1990年代ドラフト作成中。 また何かあったらここに何かしら残します。

4/1 藤原やっぱり凄かった
大阪桐蔭の藤原恭大選手すごかったですね。 パワーに俊足強肩で2018年の目玉選手。 決勝で2本塁打打つ中堅手って魅力あり過ぎ。 将来のメジャー級で日本では毎年安定して活躍しそう。 来年は何球団が競合するんだろう。
選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
最新コメント(ツリー)
カテゴリ