選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

マット・シューメーカー(巨人新外国人) 投手

マット・シューメーカー(Matt Shoemaker) 投手

2022年巨人新外国人 右投右打 188センチ102キロ 35歳
背番号- 推定年俸:約 - 万円 国籍:アメリカ合衆国
マイナー:2008年~ ロサンゼルス・エンゼルス:2013年~2018年 トロント・ブルージェイズ:2019年~2020年 ミネソタ・ツインズ:2021年 読売ジャイアンツ:2022年~
メジャーでの実績豊富なベテラン先発右腕

2021年(レッドソックス、マリナーズ)
8.06 3勝 8敗 0セーブ 0ホールド 16試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
シューメーカー 152 65 60 ストレート
ツーシーム
スライダー2
カーブ1
SFF4

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
シューメーカー 155 85 70 ストレート
ツーシーム
スライダー2
カットボール1
カーブ1
ナックルカーブ1
SFF5
チェンジアップ3

総評

最高球速(最速)は約155キロ、平均球速は約147キロ。
変化球・球種はストレート・ツーシーム・スライダー・カットボール・カーブ・ナックルカーブ・SFF(スプリット)・チェンジアップなど。
得意球・決め球はスプリット。
制球力・コントロールはそこそこ良い。
奪三振率は普通。
投球フォームはオーバースロー。

主に先発を務めるベテラン右腕。
主に先発を務め、2013年から毎年メジャーで登板している。
メジャー通算128試合に登板し防御率4.24、46勝41敗の成績。
2014年に16勝4敗で最高勝率になっている。
その後は成績の加工とともに登板数が減少し、2021年は16試合で防御率8点台に終わっている。
四球は少なく三振は普通、2016年頃までの活躍していた時代は抜群の制球力だったが、現在はまずまずの制球力で打たせて取るタイプに変化している。
球種はフォーシーム・ツーシーム・スプリット中心でスライダーも多く投げ、カットボールを交え、チェンジアップをまれに投げる。
被打率はスプリットは打たれにくく、カーブやツーシームは打たれやすい。
球種ごとのコントロールはカットボールは良く、カーブはボールになりやすい。
さまざまな球種を使いスプリットで抑える投手。

新たな先発候補として活躍が期待される投手。
ベテランではあるが実績がある投手が大筋合意の段階にきているらしいです。
まだスピードもあり多くの球種があるので、日本で通用する可能性は十分にある。
長年の活躍は期待できないが、日本での復活に期待したい。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:6  まずまずのスピードあり
変化球:6  スプリットが良い
制球力:7  以前は抜群の制球力
守備力:3  エラーが多い
総合力:6  実績は抜群だが衰えが気になる
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 ヤクルト 巨人 DeNA 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

バーチ・スミス(西武新外国人)投手

バーチ・スミス(Burch Smith) 投手

2022年西武新外国人 右投右打 193センチ102キロ 31歳
背番号54 推定年俸:約6500万円 国籍:アメリカ合衆国
マイナー:2011年~ サンディエゴ・パドレス:2013年 カンザスシティ・ロイヤルズ:2018年 ミルウォーキー・ブルワーズ:2019年 サンフランシスコ・ジャイアンツ:2019年 オークランド・アスレチックス:2020年~2021年 埼玉西武ライオンズ:2022年~
先発希望の速球派リリーフ右腕

2021年(レイズ)
5.40 1勝 1敗 0セーブ 4ホールド 31試合(アスレチックス)
10.13 0勝 0敗 0セーブ -ホールド 4試合(3A West)
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
スミス 156 50 70 ストレート
ツーシーム
カットボール1
スライダー1
カーブ2
チェンジアップ4

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
スミス 159 75 75 ストレート
ツーシーム
カットボール1
スライダー2
カーブ3
チェンジアップ5

総評

最高球速(最速)は約159キロ、平均球速は約150キロ。
変化球・球種はストレート・スライダー・カーブ・チェンジアップなど。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールはやや良い。
奪三振率はそこそこ高い。
投球フォームはオーバースロー。

マイナーでは先発、メジャーではリリーフを務める速球派右腕。
2018年までは主に先発を務め、2020年からはリリーフを務めている。
マイナーで先発として早い段階から活躍し、メジャーではリリーフとして登板することが多かった選手。
2021年にメジャーで31試合に登板するなど通算102試合に登板するが、防御率はかなり悪く打たれることが多い。
四球はやや少なく、三振はそこそこ多く、まずまずの制球力で三振を取れる投手。
球種はフォーシーム中心でカーブ・チェンジアップをたまに投げ、まれにツーシーム・カットボール・スライダーを投げる。
被打率はどの球種も同じ程度。
球種ごとのコントロールはフォーシームがやや良く、カーブがボールにややなりやすい。
速球を中心に緩い変化球で緩急をつけて抑える投手。

スミス本人が先発希望ということで先発候補として獲得が決まった投手。
スピードはあるもののクセがあまりなさそうなので、日本ではスピードある普通の投手という感じになってしまいそう。
変化球をあまり投げないので、リリーフなら可能性がありそうだが先発としてはやや不安な印象。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:7  スピードがある
変化球:4  あまり変化球を投げない
制球力:6  与四球がやや少ない
守備力:4  不明
総合力:6  あまり日本向きという感じがしない
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 ヤクルト 巨人 DeNA 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

タイラー・チャトウッド(ソフトバンク新外国人)投手

タイラー・チャトウッド(タイラー・チャットウッド)(Tyler Chatwood) 投手

2022年ソフトバンク新外国人 右投右打 180センチ90キロ 32歳
背番号12 推定年俸:約 - 万円 国籍:アメリカ合衆国
マイナー:2008年~ ロサンゼルス・エンゼルス:2011年 コロラド・ロッキーズ:2012年~2017年 シカゴ・カブス:2018年~2020年 トロント・ブルージェイズ:2021年 サンフランシスコ・ジャイアンツ:2021年 福岡ソフトバンクホークス:2022年~
メジャー通算52勝のスピードあるベテラン右腕

2021年(ブルージェイズ、ジャイアンツ)
5.63 1勝 3敗 1セーブ 11ホールド 32試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
チャトウッド 158 40 70 ツーシーム
ストレート
カットボール4
スライダー1
カーブ1
チェンジアップ2

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
チャトウッド 160 70 80 ツーシーム
ストレート
カットボール4
スライダー2
カーブ4
チェンジアップ2

総評

最高球速(最速)は約160キロ、平均球速は約152キロ。
変化球・球種はツーシーム・ストレート・カットボール・スライダー・カーブ・チェンジアップなど。
得意球・決め球はカットボール。
制球力・コントロールはやや悪い。
奪三振率は低い。
投球フォームはオーバースロー。

メジャー通算229試合に登板し52勝を挙げるバリバリのメジャーリーガー。
2018年まで先発を務め、2019年からはリリーフを務めている。
2015年を除いて2011年からずっとメジャーで登板している選手で、2016年に12勝を挙げ、2017年は8勝を挙げるがリーグ最多の15敗を喫するなど先発として活躍。
2021年はメジャーで32試合に登板しているが、成績は下降してきている。
与四球はやや多く、奪三振は少なく、やや荒れ球気味で打たせて取るタイプのピッチング。
球種はツーシームやフォーシーム中心で、・カットボールやカーブを交え、そこにスライダーやカーブを加える。
近年はツーシームとカットボール中心で、フォーシームはあまり投げず、スライダーは全然投げていない。
被打率はカットボールは打たれにくく、速球系は打たれやすい。
球種ごとのコントロールは速球系はやや良く、カーブやチェンジアップはややボールになりやすい。
速球系でカウントを整え、変化球で抑えていく投手。

ソフトバンクが獲得したメジャーで実績あるベテラン右腕。
近年はあまり先発をしていないが、退団したマルティネスの代わりとなる先発候補として期待されている。
成績は下降気味だが、スピードはまだまだあるので日本では通用するかもしれない。
先発ローテーションの一人として1年間投げれるような活躍が期待される。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:7  スピードはある
変化球:7  カットボールなど変化球で抑える
制球力:3  やや不安定
守備力:4  不明
総合力:7  日本でならまだまだやれるかも
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 ヤクルト 巨人 DeNA 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

ハンセル・マルセリーノ(DeNA新外国人)投手

ハンセル・マルセリーノ(Hansel Marcelino) 投手

2022年DeNA新外国人(育成選手) 右投右打 191センチ82キロ 19歳
背番号- 推定年俸:約260万円 出身:ドミニカ共和国
マイナー:2019年~ 横浜DeNAベイスターズ:2022年~
登板経験少ない超素材型若手右腕

2021年(所属無し)
-.-- -勝 -敗 -セーブ -ホールド 0試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
マルセリーノ 45 25 ストレート

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
マルセリーノ 65 90 ストレート

総評

最高球速(最速)は約 - キロ、平均球速は約 - キロ。
変化球・球種はストレートなど。
得意球・決め球は不明。
制球力・コントロールは非常に悪い。
奪三振率はそこそこ高い。
投球フォームはオーバースロー。

今後の成長に期待の若手右腕。
2019年にルーキーリーグでリリーフとして10試合に登板。
2020年はマイナーで試合が開催されなかったため登板は無く、2021年はどの球団にも所属しなかった。
与四球は非常に多く、奪三振率はそこそこ高い、三振を取ることは出来るが四球連発で崩れるタイプ。
以下は高いリーグでのプレー経験がないため詳細不明。
球種はフォーシーム以外不明。
被打率は不明。
球種ごとのコントロールは不明。
球種不明で、四球連発する荒れ球投手。

将来的に戦力になればという感じで育成契約した若手投手。
ルーキーリーグでのプレー経験しかなく、2年連続で本格的な試合での登板経験なしという超未知数な原石。
数年かけて戦力になればという感じなのか、すぐに戦力外により退団になるのか分からない。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:4  不明
変化球:2  不明
制球力:1  四球連発
守備力:3  不明
総合力:2  まだまだこれからの投手
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 ヤクルト 巨人 DeNA 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

アンドリュー・スアレス(ヤクルト新外国人)投手

アンドリュー・スアレス(Andrew Suárez) 投手

2022年ヤクルト新外国人 左投左打 182センチ84キロ 29歳
背番号- 推定年俸:約-万円 国籍:アメリカ合衆国
マイナー:2012年~ サンフランシスコ・ジャイアンツ:2018年~2020年 LGツインズ:2021年 東京ヤクルトスワローズ:2022年~
緩急や制球力で抑える先発左腕

2021年(LG)
2.18 10勝 2敗 0セーブ -ホールド 23試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
スアレス 151 75 60 ストレート
ツーシーム
スライダー3
カーブ2
チェンジアップ3

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
スアレス 153 85 70 ストレート
ツーシーム
スライダー4
カーブ3
チェンジアップ4

総評

最高球速(最速)は約153キロ、平均球速は約148キロ。
変化球・球種はストレート・ツーシーム・スライダー・カーブ・チェンジアップなど。
得意球・決め球はチェンジアップ。
制球力・コントロールはそこそこ良い。
奪三振率は普通。
投球フォームはオーバースロー。

2018年にメジャーで7勝を挙げた制球力ある先発左腕。
メジャーではリリーフとしても多く登板するが、基本的には先発中心の投手。
2018年にメジャーで29試合に先発登板し、防御率4.49、7勝13敗の成績。
2019年・2020年もメジャーで登板するがあまり活躍できず、2021年は韓国でプレー。
与四球は少なく三振は普通、制球力の高い投手。
球種はフォーシームにチェンジアップを交え、カーブも多く投げ、ツーシーム・スライダーをたまに投げる。
被打率はチェンジアップは打たれにくく、フォーシームやスライダーは打たれやすい。
コントロールはスライダーはボールになりやすい。
フォーシームとカーブやチェンジアップの緩急による投球でチェンジアップで抑えていく投手。

日本一になったヤクルトがアルベルト・スアレスの代わりとなる先発候補として調査することになった。
メジャー経験がある程度あり、変化球や制球力もまずまずあるがストレートが打たれやすい欠点もある。
全体的にはまとまりのある感じで、ある程度の成績は期待できそう。
獲得になれば今年のヤクルトもかなり強いチームになるかもしれない。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:3  スピードはあるが打たれやすい
変化球:7  チェンジアップが武器
制球力:7  与四球は少ない
守備力:4  不明
総合力:6  ストレートが通用するかが大事
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 ヤクルト 巨人 DeNA 中日 阪神
西武 ソフトバンク 日本ハム オリックス ロッテ 楽天

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19 20 21
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 結果
ドラフト2018  野手 投手 結果
ドラフト2019  野手 投手 結果
ドラフト2020  野手 投手 結果
ドラフト2021  野手 投手 結果
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフト    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ