選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

A.J.ヒメネス(中日新外国人候補) 捕手

A.J.ヒメネス(A.J. Jimenez) 捕手

2018年中日ドラゴンズ新外国人候補 27歳 右投右打 183センチ102キロ 背番号- 推定年俸約-万円
捕手・内野手(三塁手)・指名打者(DH) MLBドラフト9巡目 出身地:プエルトリコ
米マイナー:2008年~ テキサス・レンジャーズ:2017年~
強肩だが打撃が微妙な守備型日本人的な外国人捕手

2016年(3A(IL))
.241 4本 28打点 1盗塁 67試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.J.ヒメネス 37 48 58 55 55 70 90 50 10

2017年
.083 0本 0打点 0盗塁 7試合(レンジャーズ)
.245 7本 16打点 1盗塁 51試合(3A(PCL))
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.J.ヒメネス 20 54 57 55 50 30 85 50 10

入団前(予測打撃成績 打率.220 6本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒメネス 30 40 55 55 50 30 85 50

ハズレ(予測打撃成績 打率.100 0本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒメネス 15 25 45 50 40 20 75 40

標準(予測打撃成績 打率.240 6本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒメネス 35 45 55 55 50 30 85 50

大当たり(予測打撃成績 打率.290 15本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒメネス 55 60 70 55 60 55 90 60

総評

強肩型捕手。
打撃は巧打・中距離型。
ミート力はあまりなく、パワーはあまりない。
打撃はあまり良くないという守備型捕手。

足は普通、肩は非常に強い。
スローイングは普通、キャッチングは粗い。
リードは不明。
2010年にマイナーで17盗塁するなどかつては走れたが、現在は盗塁は少なく走塁面は普通。
2009年に三塁手として2試合に出場した以外は捕手のみの出場。
盗塁阻止率は平均で4割とかなり高いが、2017年は34%と下がり気味。
失策数や捕逸はやや多い。

中距離打者の捕手。
リーグが上がるごとに打率は落ち、3Aレベルでは2割5分弱という感じ。
2017年のPCLで自己最多の7本塁打を打つが、本塁打は毎年3~5本程度で長打力はあまりない。
四球は少なく、三振は普通で、早打ち傾向の積極打法で選球眼は悪いというフリースインガータイプ。
2016年からは対左投手の打率がかなり高く、右投手には打てないが、左投手である程度の打率を残すタイプ。

足に関しては平均程度の選手。
かつては二桁盗塁していたが、近年はかなり減少するものの盗塁い成功率は高い。
三塁打は少なく、併殺打は多く、全力なら速いが力をセーブすることもあるのかもしれない。
守備位置は2009年にサードで2試合に出場した以外はキャッチャーとして出場し、2017年は指名打者での出場もそこそこある。
盗塁阻止率は平均4割程度で非常に高く、2017年はPCLで34%を記録する強肩捕手。
捕逸はプロ入り当初は極端に多かったが、近年は少ないこともある。
エラーはやや多く、若干粗さも見えるがそれ以上に強肩のメリットが目立ちそう。
ほぼ捕手一筋でコンバートはあまり考えられない。

愛称は特になし。
中日はゲレーロが年俸面から退団濃厚ということもあり、補強ポイントではないものの面白い存在として話題に上がる。
まず日本では投手と日本語でのコミュニケーションが取れない外国人選手を捕手とすることは極めて少ない。
今回話題に上ったカイル・ヒガシオカやマイク・マージャマもあくまで調査するだけというものだと思われる。
ヒメネスは打撃は微妙ながらも、強肩に魅力がある守備型タイプ。
3A経験は多少あるものの、そもそも打撃タイプではないため守備が認められるかどうかというタイプ。
強肩だけということであればそこに外国人枠を使わず、捕手は無難に日本人選手で良いという判断になりそう。
補強するメリットが感じられず、日本に来ることはなさそうな選手。

過去の似たタイプの外国人助っ人(近年)

不明(日本に来ないタイプの選手)

過去の似たタイプの外国人助っ人(中日)

ディンゴ(ぐらいしか捕手がいない)

打撃成績予想

.240 6本(標準)
.100 0本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.290 15本 10盗塁

2018年シーズン予想

.200 2本 3盗塁 50打席

たぶん日本でプレーすることはない選手。
もし入団しても使われるかどうか…。

良さは強肩ぐらいしかなく、あえて外国人枠で使うメリットがなさそう。
外国人捕手が誕生したら面白いが、無難に日本人選手でいった方がいいだろう。

10段階評価

巧打:4  微妙
長打:3  外国人選手としては長打力がない
走塁:5  かつては走れた
守備:6  強肩ではある

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日 メジャー日本人
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

マイク・マージャマ(中日新外国人候補) 捕手

マイク・マージャマ(Mike Marjama) 捕手

2018年中日ドラゴンズ新外国人候補 28歳 右投右打 188センチ92キロ 背番号- 推定年俸約-万円
捕手・内野手(一塁手・三塁手)・投手・指名打者(DH) 出身地:アメリカ合衆国
米マイナー:2011年~ シアトル・マリナーズ:2017年~
万能型というより武器がないタイプ

2016年(2A)
.286 5本 38打点 2盗塁 73試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.マージャマ 54 33 50 55 50 20 75 45 30 20

2017年
.333 1本 1打点 0盗塁 5試合(マリナーズ)
.249 12本 63打点 3盗塁 93試合(3A(IL,PCL))
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.マージャマ 47 29 65 55 50 45 75 45 30 20

入団前(予測打撃成績 打率.200 8本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マージャマ 35 25 58 55 50 30 75 45 30

ハズレ(予測打撃成績 打率.100 0本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マージャマ 25 15 50 50 40 20 70 35 30

標準(予測打撃成績 打率.230 10本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マージャマ 40 30 60 55 50 30 75 45 30

大当たり(予測打撃成績 打率.290 20本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マージャマ 60 55 75 55 60 55 75 55 50

総評

バランス型捕手。
打撃は中距離型。
ミート力は普通、パワーは普通。
まずまずの打撃力がある捕手。

足は普通、肩は普通。
スローイングは普通、キャッチングは粗い。
リードは不明。
三塁打や盗塁はまずまずで、走塁面は標準程度。
三塁や一塁がメインの年もあり、捕手出場はあまり多くない。
盗塁阻止率は標準程度で、失策数や捕逸が多い。

中距離打者の捕手。
打撃は元々標準程度だが、リーグが上がっても同じような成績を続けられている。
打率も本塁打もそこそこという感じ。
四球は少なく、三振はやや少ない、早打ち傾向の積極打法で選球眼は悪いというフリースインガータイプ。
2016年からは対左投手の打率が低く、右打者ながら左投手に弱い。

足に関しては平均程度の選手。
盗塁は一桁ながら少しあり、盗塁阻止率は5割で低いが三塁打もあるため、そこそこ走れる選手。
守備位置は2011年はサード、2012年から2014年はキャッチャー、2015年はファースト、2016年からはキャッチャーで、捕手メインながらも捕手と内野手をこなす選手。
盗塁阻止率は平均3割程度で標準程度。
捕逸は二桁の年もあるが少ない年もあり、平均的にはかなり多いというレベル。
エラーも多く、捕手としての守備は難があるというタイプ。
一塁手としての守備率は普通で、日本で守らせるなら一塁という選手。

愛称は特になし。
中日はゲレーロが年俸面から退団濃厚ということもあり、補強ポイントではないものの面白い存在として話題に上がる。
まず日本では投手と日本語でのコミュニケーションが取れない外国人選手を捕手とすることは極めて少ない。
今回話題に上ったカイル・ヒガシオカやA.J.ヒメネスもあくまで調査するだけというものだと思われる。
マージャマは打撃・走塁まずまずで守備がやや不安というところがまず厳しい。
さらに3A経験も少なく、日本の野球にすぐ適応できるかどうかもかなり怪しいところ。
一塁・三塁の経験があるので、一塁手として起用することはできるが、その場合は打撃力が寂しい。
考えれば考えるほど起用法も良く分からず、たいして戦力とは考えられない選手で、補強というより育成してからという形になりそう。

過去の似たタイプの外国人助っ人(近年)

不明(日本で活躍できなかった選手のタイプ)

過去の似たタイプの外国人助っ人(中日)

ディンゴ(ぐらいしか捕手がいない)

打撃成績予想

.230 10本(標準)
.100 0本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.290 20本 10盗塁

2018年シーズン予想

.220 5本 3盗塁 100打席

たぶん日本でプレーすることはない選手。
もし入団しても活躍できるかどうか…。

打撃も守備も微妙で特に起用したいと思える選手ではなさそう。
特に大きな武器もなさそうなので、キャッチングに難があるデメリットだけが目立ちそう。
外国人捕手が誕生したら面白いが、無難に日本人選手でいった方がいいだろう。

10段階評価

巧打:5  まずまず
長打:5  まずまず
走塁:5  まずまず
守備:3  エラー・捕逸が多い

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日 メジャー日本人
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

カイル・ヒガシオカ(中日新外国人候補) 捕手

カイル・ヒガシオカ(Kyle Higashioka) 捕手

2018年中日ドラゴンズ新外国人候補 27歳 右投右打 185センチ91キロ 背番号- 推定年俸約-万円
捕手・指名打者(DH) 出身地:アメリカ合衆国
米マイナー:2008年~ ニューヨーク・ヤンキース:2017年~
一発狙いタイプのスラッガー

2016年(2A,3A(IL))
.276 21本 81打点 0盗塁 102試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.ヒガシオカ 36 83 74 40 50 25 75 55

2017年
.000 0本 0打点 0盗塁 9試合(ヤンキース)
.338 9本 23打点 0盗塁 21試合(3A(IL)など)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.ヒガシオカ 36 49 70 40 50 25 75 50

入団前(予測打撃成績 打率.220 12本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒガシオカ 30 45 65 40 50 25 75 50

ハズレ(予測打撃成績 打率.100 0本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒガシオカ 10 30 55 30 30 15 70 40

標準(予測打撃成績 打率.240 15本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒガシオカ 35 45 70 40 50 25 75 50

大当たり(予測打撃成績 打率.300 35本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヒガシオカ 55 70 90 45 60 45 80 55

総評

強打型捕手。
打撃は長距離型。
ミート力はあまりなく、パワーは非常にある。
一発狙いのスラッガー。

足は遅く、肩は普通。
スローイングは普通、キャッチングはかなり粗い。
リードは不明。
三塁打や盗塁が非常に少なく併殺打が多いという足は期待できない選手。
捕手一筋で盗塁阻止率は標準程度だが、捕逸やエラーが極端に多い。

長距離打者の捕手。
2015年までは毎年本塁打が一桁だったが、2016年から飛躍的に本塁打が増える。
打率はマイナー平均で.250に届かず、打率はあまり良くない。
2015年に3Aに昇格し3Aでは5試合、2016年は2A中心で3Aは39試合、2017年はメジャーで9試合で18打数0安打に終わりマイナー出場も少なかった。
四球・三振は普通程度だが若干少なく、やや早打ち傾向の積極打法というところ。
2016年からは対左投手の打率はまずまずだが対右投手の打率が寂しく、対左専用という感じ。

足に関しては全く期待できない選手。
10年間で盗塁は3、三塁打は2で、併殺打も多く、足に関してはかなり厳しい数字が並ぶ。
守備位置は2008年から捕手一筋で、他のポジションでの出場が全くない。
盗塁阻止率は平均3割程度で標準程度。
捕逸は最多が10でマイナーとしては少ないかもしれないが、日本の一軍として極端に多いレベル。
エラーも多く、守備走塁には難があるというレベルの選手。

愛称は特になし。
日系アメリカ人4世で、同僚の田中将大などの日本人通訳を勉強相手とし日本語を習得中。
中日はゲレーロが年俸面から退団濃厚ということもあり、補強ポイントではないものの面白い存在として話題に上がる。
まず日本では投手と日本語でのコミュニケーションが取れない外国人選手を捕手とすることは極めて少ない。
今回話題に上ったマイク・マージャマやA.J.ヒメネスもあくまで調査するだけというものだと思われる。
ヒガシオカは長打力には非常に魅力あるが、捕手としてはかなり厳しい。
内外野の経験がないためコンバートも考えにくいが、一塁手として使えるなら面白そうな存在ではある。
捕手ということもあり、獲得することはまずないだろうと思われる。

過去の似たタイプの外国人助っ人(近年)

ビシエド、ゲレーロ(ポジションは違うけどタイプ的に(強肩強打))

過去の似たタイプの外国人助っ人(中日)

ディンゴ(ぐらいしか捕手がいない)

打撃成績予想

.240 15本(標準)
.100 0本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.300 35本 3盗塁

2018年シーズン予想

.220 10本 1盗塁 300打席

たぶん日本でプレーすることはない選手。
もし入団しても使われるかどうか…。

捕手に必要なものがアメリカでは打撃、日本では守備と根本的に違うため、日本では起用されにくい選手。
パワーがあり、ゲレーロと同じように不振からの大活躍ということもあり得るタイプ。
打撃○守備×という分かりやすいタイプで、日本人捕手とは明らかに違うタイプなので、これはこれで面白そう。

10段階評価

巧打:3  マイナーでも低打率が多い
長打:8  2016年からの長打力は抜群
走塁:2  足は使えない
守備:3  エラー・捕逸が非常に多い

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日 メジャー日本人
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

ジェフリー・マルテ(阪神新外国人候補) 一塁手

ジェフリー・マルテ(Jefry Marte) 一塁手

2018年阪神タイガース新外国人候補 26歳 右投右打 185センチ100キロ 背番号- 推定年俸約-万円
内野手(一塁手・三塁手・遊撃手)・外野手(左翼手)・指名打者(DH) 出身地:ドミニカ共和国
デトロイト・タイガース:2015年 ロサンゼルス・エンゼルス:2016年~
粗い強打の内外野手

2016年
.252 15本 44打点 2盗塁 88試合(エンゼルス)
.265 3本 24打点 3盗塁 44試合(3A(PCL))
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
J.マルテ 55 51 83 60 40 40 70 40 40 25 45

2017年
.173 4本 14打点 1盗塁 45試合(エンゼルス)(2017年9月途中)
.265 9本 39打点 6盗塁 23試合(3A(PCL))(2017年9月途中)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
J.マルテ 31 36 66 60 30 20 70 40 35 25 35

入団前(予測打撃成績 打率.200 12本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マルテ 30 30 65 60 30 30 70 40 35 35

ハズレ(予測打撃成績 打率.100 0本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マルテ 15 15 55 55 30 20 65 40 30 30

標準(予測打撃成績 打率.220 12本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マルテ 35 35 65 60 30 30 70 40 30 35

大当たり(予測打撃成績 打率.290 30本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
マルテ 55 55 85 60 45 50 70 50 50 50

総評

強打型内野手。
打撃は中・長距離型。
ミート力はあまりなく、パワーは結構ある。
長打力が魅力の強打者。

足は普通、肩は不明。
スローイングは不明、グラブ捌きはやや粗い。
守備範囲はやや狭い。
若手時代はマイナーで二桁盗塁をしたことがあるが、近年は盗塁がやや減り走塁面は普通。
2016年に三塁手から一塁手に転向し、三塁手としては守備率がかなり低く、守備は期待できない。

中・長距離打者の内野手。
2008年から2013年までマイナーで本塁打が一桁だったが、2016年には明なーでも経験がないほどにメジャーで本塁打を量産し15本塁打を記録。
マイナーでも打率は.250程度になることが多く、打率はあまり良くない。
2015年に3Aに昇格し、2016年にメジャー中心になり、2017年はメジャーで1割台に終わり再び3Aに戻るが、PCLにも関わらず成績はあまり良くない。
四球・三振は普通程度だがメジャーでの三振は多く、まずまずの選球眼があるもののレベルの高い投手相手だと三振が多い。
メジャー・マイナーともに対右投手・対左投手による打率の差は小さく、左右の得意不得意はなさそう。

足に関してはあまり期待できない選手。
若手時代は三塁打や盗塁がまずまず多かったが、近年は普通程度。
守備位置は2008年から2015年までは三塁手、2016年からは一塁手で、マイナーで通算2試合遊撃手経験があり、2016年からは左翼手としても出場している。
マイナーで三塁手として約700試合に出場し、守備率.900と極端に低く、リーグが高くなってからは一塁手中心になるなど日本でも一塁手以外は危なそう。
どのポジションでも守備機会は少なく、守備範囲は狭いと思われる。
走塁はまずまずだが、守備は消極的で苦手の可能性があり、日本では一塁手か左翼手に限られそう。

愛称は「エル・ブレイ」。
キャンベル・ロジャースが中距離打者で物足りない成績だったことから30本塁打を狙える長距離砲としてリストアップされた選手。
若い選手で2016年にメジャーで15本塁打打っていることから長年の活躍が期待される長距離砲として期待されているのだと思われる。
ただし、2015年のメジャーでの成績を除くと基本は中距離打者的な成績で、パワーはあるもののミート力に難があるため本塁打にならないというタイプ。
このタイプが日本で通用するとはあまり思えず、三振を量産する大型扇風機になりかねない。
獲得した場合は打撃・守備ともに期待外れとなりそうな選手。

過去の似たタイプの外国人助っ人(近年)

パラデス(ロッテ)

過去の似たタイプの外国人助っ人(阪神)

ハイアット

打撃成績予想

.220 12本(標準)
.200 0本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.290 30本 10盗塁

2018年シーズン予想

.200 5本 3盗塁 150打席

低打率ですぐに切られそうな大型扇風機タイプ。
このタイプを我慢するのは厳しそう。

金本監督は外国人選手をすぐに見限る傾向にあるので、低打率だったら即二軍ということになりそう。
パワーはあっても本塁打量産というタイプではなさそうなので、ロジャースに続きこれなら日本人でということにシフトチェンジされる。
複数ポジション守れるという保険も必要かもしれないが、もっと守備走塁を捨てた打撃特化の選手じゃなければ大活躍は期待できないと思います。

10段階評価

巧打:3  マイナーでも低打率が多い
長打:7  パワーはありそうだが本塁打は多くない
走塁:5  まずまず
守備:3  守備率・守備範囲ともに厳しい

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日 メジャー日本人
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ