選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

加藤武治(元横浜)投手

加藤武治(かとう たけはる) 投手 DeNA

投手 右投右打 DeNA→日本ハム
山形県立山形南高→東京学芸大→三菱ふそう川崎 社会人 ドラフト4位 2003年~2011年
横浜ベイスターズ:2003年~2009年 北海道日本ハムファイターズ:2010年~2011年

2003年(1年目)
2.77 4勝 2敗 5セーブ -ホールド 44試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
加 藤 - - - -

2006年
2.48 8勝 7敗 1セーブ 27ホールド 65試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
加 藤 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
加 藤 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

2003年~2011年
3.61 30勝 28敗 9セーブ 58ホールド 294試合

タイトル、表彰、その他記録

最優秀中継ぎ投手1回(2006年)

総評

最高球速(最速)は152キロ、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・シンカーなど。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールは結構良い。
奪三振率は高い。

投球フォームはサイドスロー。
フィールディングは普通。
背番号は17→49で、2009年までは「17」。
愛称は特になし。

1年目の2003年は44試合に登板し、防御率2.77、4勝2敗5セーブの活躍。
2004年は先発としても8試合に登板し6勝を挙げるが、主に中継ぎとして登板。
2006年はリーグ最多の65試合に登板し、木塚敦志川村丈夫マーク・クルーンともに『クアトロK』と呼ばれ活躍し、藤川球児とともに最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。
2007年は再び先発として9試合に登板するがあまり勝てず、再びリリーフに回り52試合に登板。
2008年からは故障で徐々に登板数が減少。
2009年オフに「加藤武治、松家卓弘、関口雄大」⇔「稲田直人、坂元弥太郎、松山傑」の交換トレードで日本ハムに移籍。
2011年に現役を引退。

引退後は日本ハム、国士舘大学のコーチを務めている。
2018年からは日本ハムのコーチに復帰している。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

津野浩(元日本ハム) 投手

津野浩(津野広志)(津野浩志)(つの ひろし) 投手 日本ハム

投手 右投右打 日本ハム→広島→中日→ロッテ
高知市立高知商業高 高校 ドラフト3位 1984年~1997年
日本ハムファイターズ:1984年~1991年 広島東洋カープ:1992年 中日ドラゴンズ:1993年~1994年 千葉ロッテマリーンズ:1995年~1997年

1986年
4.50 10勝 10敗 0セーブ -ホールド 30試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
津 野 - - - -

1988年
2.92 8勝 13敗 0セーブ -ホールド 26試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
津 野 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
津 野 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

1984年~1997年
4.61 53勝 71敗 -セーブ -ホールド 231試合

タイトル、表彰、その他記録

特になし

総評

最高球速(最速)は140キロ程度、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・フォークなど。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールはやや悪い。
奪三振率は低い。

投球フォームはオーバースロー。
フィールディングは普通。
背番号は30→13→52→31で、1991年までは「30」。
愛称は特になし。
登録名は1992年までは「津野浩」、1993年から1996年は「津野広志」、1997年は「津野浩志」。

1年目の1984年は18試合に登板し防御率6点台だったが4勝8敗の成績で、西武の渡辺久信、南海の加藤伸一とともに「19歳トリオ」と呼ばれた。
1985年から3年連続で開幕投手を務めローテーション投手として登板し、1986年に10勝、1989年に11勝を挙げる。
ただし、1985年・1986年は防御率4点台、1987年・1989年は防御率5点台だった。
1990年に肘の故障で登板数が減少し、1991年オフに金石昭人との交換トレードで広島に移籍。
1992年オフに自由契約になり、中日に移籍。
1993年は先発・中継ぎで27試合に登板し、防御率3.22で3勝3敗とまずまずの成績を残す。
1994年オフに金銭トレードでロッテに移籍。
1997年に現役を引退。

引退後はプロゴルファーに転身。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

河野博文(元日本ハム) 投手

河野博文(こうの ひろふみ) 投手 日本ハム

投手 左投左打 日本ハム→巨人→ロッテ
明徳高→駒澤大 大学 ドラフト1位 1985年~2000年
日本ハムファイターズ:1985年~1995年 読売ジャイアンツ:1996年~1999年 千葉ロッテマリーンズ:2000年

1988年
2.38 6勝 5敗 9セーブ -ホールド 46試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
河 野 - - - -

1996年(巨人)
3.29 6勝 1敗 3セーブ -ホールド 39試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
河 野 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
河 野 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

1985年~2000年
3.93 54勝 72敗 15セーブ -ホールド 462試合

タイトル、表彰、その他記録

最優秀防御率1回
最優秀中継ぎ投手1回(1996年)

総評

最高球速(最速)は140キロ台、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・フォーク・ナックル(ゲンちゃんボール)など。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールはやや悪い。
奪三振率は普通。

投球フォームはオーバースロー。
フィールディングは普通。
背番号は18→40→46で、1995年までは「18」。
愛称は「ゲンちゃん」。

1984年にドラフト1位で日本ハムに入団し、1年目の1985年は主に先発で36試合に登板し8勝を挙げる。
1986年からは先発・リリーフの両面で起用され、1988年は防御率2.38で最優秀防御率のタイトルを獲得。
1993年からは再び先発中心になり、1993年は7勝、1994年は8勝を挙げる。
1995年オフにFA権を行使し巨人に移籍。
巨人ではリリーフに転向し、39試合に登板し6勝1敗3セーブの活躍でセ・リーグの初代最優秀中継ぎ投手になる。
1999年に自由契約になり、ロッテに移籍。
2000年に現役を引退。

引退後は群馬ダイヤモンドペガサスのこちを務め、その後農業を営みタマネギ農家として「げんちゃん玉ねぎ」が有名。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

柴田保光(元日本ハム) 投手

柴田保光(しばた やすみつ) 投手 日本ハム

投手 右投右打 西武→日本ハム
長崎県立島原農業高→丹羽鉦電機→あけぼの通商 社会人 ドラフト2位 1979年~1994年
西武ライオンズ:1979年~1983年 日本ハムファイターズ:1984年~1994年

1986年(日本ハム)
3.38 14勝 9敗 4セーブ -ホールド 36試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
柴 田 - - - -

1991年(日本ハム)
2.48 9勝 9敗 0セーブ -ホールド 23試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
柴 田 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
柴 田 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

1979年~1994年
3.49 84勝 97敗 13セーブ -ホールド 346試合

タイトル、表彰、その他記録

特になし

総評

最高球速(最速)は - キロ、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・シンカー・シュートなど。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールは結構良い。
奪三振率は低い。

投球フォームはサイドスロー気味のスリークォーター。
フィールディングは普通。
背番号は41→12→13で、1984年からは「13」。
愛称は特になし。

西武時代は140キロ台の速球を投げ制球難でリリーフ中心の登板であまり活躍できなかった。
1983年に「柴田保光・木村広」⇔「江夏豊」の交換トレードで日本ハムに移籍。
フォームをサイドスロー気味のスリークォーターにしたことで制球が安定し、1985年は11勝、1986年は自己最多の14勝を挙げる。
1987年に手術を受け球速はさらに落ちるが、1990年は12勝、1991年は防御率2.48で9勝9敗の活躍。
1993年まで先発ローテーション投手として活躍し、1994年に現役を引退。

引退後は日本ハムのコーチを務めている。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

間柴茂有(元日本ハム) 投手

間柴茂有(ましば しげくに)、間柴富裕(ましば とみひろ) 投手 日本ハム

投手 左投左打 大洋→日本ハム→ダイエー
比叡山高 高校 ドラフト2位 1970年~1990年
大洋ホエールズ:1970年~1977年 日本ハムファイターズ:1978年~1988年 福岡ダイエーホークス:1989年~1990年

1981年(日本ハム)
3.46 15勝 0敗 0セーブ -ホールド 27試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
間 柴 - - - -

1983年(日本ハム)
2.70 10勝 5敗 0セーブ -ホールド 17試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
間 柴 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
間 柴 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

1970年~1990年
4.14 81勝 83敗 2セーブ -ホールド 500試合

タイトル、表彰、その他記録

最高勝率1回

総評

最高球速(最速)は - キロ、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・カットボール・スローカーブ・フォーク・スクリュー・シュートなど。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールはそこそこ良い。
奪三振率は低い。

投球フォームはオーバースロー。
フィールディングは普通。
背番号は48→38→15→19→25で、1978年から1988年は「19」。
愛称は「ケロヨン」。
登録名は1976年までは「間柴富裕(ましば とみひろ)」、1977年からは「間柴茂有(ましば しげくに)」。

1969年のドラフト2位で大洋に入団し、1973年まではリリーフ中心であまり活躍できなかった。
1974年に46試合に登板し5勝を挙げ、1975年は44試合に登板し6勝を挙げる。
その後は成績が下降し、1978年に「間柴茂有・杉山知隆」⇔「野村収」の交換トレードで日本ハムに移籍。
日本ハムでは先発中心になり、1980年に初の二桁勝利となる10勝を挙げる。
1981年は15勝0敗で勝率10割を達成し、最高勝率のタイトルを獲得。
1989年にダイエーに移籍し、1990年に現役を引退。

引退後はダイエーのコーチを務め、その後フロント入りしている。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)
選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
最新コメント(ツリー)
カテゴリ