選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ドン・ローチ(元オリックス)投手

ドン・ローチ(Donn Roach) 投手

2018年オリックス新外国人 右投右打 183センチ89キロ 28歳
背番号42 推定年俸:約 - 万円 国籍:アメリカ合衆国
米マイナー:2010年~ サンディエゴ・パドレス:2014年 シカゴ・カブス:2015年 シアトル・マリナーズ:2016年 KTウィズ:2017年 オリックス・バファローズ:2018年
打たせて取るタイプの技巧派・軟投派先発投手

2018年(3A(IL))
2.65 9勝 2敗 0セーブ -ホールド 16試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ローチ 147 70 60 ツーシーム
ストレート
カーブ3
SFF3

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ローチ 149 85 75 ツーシーム
ストレート
カーブ5
SFF5

総評

最高球速(最速)は約149キロ、平均球速は約145キロ。
変化球・球種はツーシーム・ストレート・スライダー・カーブ・SFF(スプリット)など。
得意球・決め球はSFF。
制球力・コントロールは非常に良い。
奪三振率はやや低い。
投球フォームはスリークォーター。

メジャー通算21試合の主に先発で登板する中堅右腕。
2016年まではメジャーで登板があったが、2017年は韓国、2018年はマイナーでプレー。
2010年は先発・リリーフ、2011年はリリーフ、2012年からは主に先発で登板し、マイナー通算194試合。
2017年は韓国で28試合に先発登板し、防御率4.69で4勝15敗だったが、2018年はマイナーで16試合に登板し9勝を挙げる活躍。
奪三振率はあまり高くなく四球は非常に少ないという投手で、打たせて取るタイプでコントロールに優れている投手。
球種はツーシーム中心でカーブ・スプリットを交え、フォーシームをまれに投げる。
被打率はスプリットはあまり打たれておらず、カーブはまずまず、ツーシームはやや打たれている。
球種ごとのコントロールはフォーシーム以外はまずまずで、サンプルが少ないがフォーシームはかなり悪い。

オリックスでは投手陣の補強として獲得が検討されることとなった。
投手はアルバース・ディクソン、野手はロメロ・マレーロで現在4人しかおらず、外国人枠の競争相手や空きができた時に使える選手として期待される。
アルバースとディクソンが先発でローチも先発で、外国人先発3枠というのもあり得るが、ディクソンに変わる存在としても期待される。
ローチは実績的には微妙なところだが、2018年に活躍していることや速球は投手ではなく打たせて取るタイプなので日本で活躍できる可能性がある。
今年はアルバースやロッテのボルシンガーなど技巧派投手が絶好調なので、そこに続く活躍ができれば来シーズン以降の外国人補強のタイプが変わってくるかもしれない。

2018年オフに退団。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:4  やや打たれ気味
変化球:7  スプリットが武器
制球力:8  与四球が少ない打たせて取るタイプ
守備力:5  不明
総合力:7  日本では活躍できそうなタイプ
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 阪神 DeNA 巨人 中日 ヤクルト
ソフトバンク 西武 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ

ジェイソン・ウルキデス(元ヤクルト)投手

ジェイソン・ウルキデス(ジェイソン・ウィリキデス)(ジェイソン・ユキーデ)(Jason Urquidez) 投手

2018年ヤクルト新外国人 右投右打 183センチ79キロ 35歳
背番号- 推定年俸約1650万円 出身地:アメリカ合衆国
米マイナー:2005年~ 東京ヤクルトスワローズ:2018年
メジャー経験ない高齢のリリーフ右腕

2017年(メキシカンリーグ)
0.98 5勝 0敗 28セーブ -ホールド 46試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ウルキデス 150 45 70 ストレート
ツーシーム
スライダー2
チェンジアップ2
縦スライダー3

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ウルキデス 152 55 80 ストレート
ツーシーム
スライダー3
チェンジアップ3
縦スライダー4

総評

最速は150キロ台前半、平均球速は約-キロ。
変化球・球種はストレート・ツーシーム・スライダー・チェンジアップ。
得意球・決め球は不明。
制球力・コントロールはそこそこ良い。
奪三振率は非常に高い。
投球フォームは不明。

主にリリーフで登板するベテラン右腕。
2005年からほぼリリーフで500試合以上に登板し、メジャー経験がない投手。
2017年は超打高投低のメキシカンリーグで防御率0点台の活躍で、2018年も抑えとして活躍。
所属リーグは低いものの安定して活躍している投手。
三振は非常に多く四球は少ないという投手で、四球でランナーをためない投手だが、メキシカンリーグの選球眼がどの程度かは分からない。
球種はフォーシーム・ツーシーム・スライダー・チェンジアップを投げるが、メジャー経験がなくデータがほとんどない。
被打率はサンプル数不足で不明。
球種ごとのコントロールもサンプル数不足で不明。
どんなタイプの投手か分からないが、リリーフでそれなりの活躍は可能かもしれない。

ヤクルトがリストアップしていると報道されている投手。
外国人投手が不調なこともあり、スペア的な補強だと思われる。
高齢で実績はかなり厳しいという感じなので、当たればラッキーというタイプ。

2018年オフに退団。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:5  不明
変化球:4  不明
制球力:7  与四球は少ない
守備力:5  不明
総合力:4  高齢・実績的に期待しない方が…
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 阪神 DeNA 巨人 中日 ヤクルト
ソフトバンク 西武 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ

ジョアン・タバーレス(広島新外国人)投手

ジョアン・タバーレス 投手

2018年広島新外国人(育成) 右投右打 187センチ106キロ 23歳
背番号142 推定年俸:230万円 国籍:ベネズエラ
ドミニカ共和国アカデミー 広島東洋カープ:2018年~
ドミニカ共和国アカデミー出身の若手投手

2018年広島入団時
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
タバーレス 45 45 ストレート

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
タバーレス 75 75 ストレート

総評

最高球速(最速)は約 - キロ、平均球速は約 - キロ。
変化球・球種はストレートなど。
得意球・決め球は不明。
制球力・コントロールは不明。
奪三振率は不明。
投球フォームは不明。

ドミニカ共和国アカデミーに所属していた若手右腕。
過去の経歴は良く分からない。
メジャーやマイナー経験がないため、球種や球種ごとの被打率・コントロールなどは不明。

広島ではヘーゲンズ・ブレイシアが退団となり、野手ではペーニャが退団となった。
投手はジョンソン・ジャクソン、野手はエルドレッド・バティスタ・メヒア、ここに新外国人が加わることになり、カンポスに続いてヘロニモ・フランスアとともに投手の補強となった。
まずは育成契約で数年様子を見て、のちにバティスタやメヒアのように支配下登録されることが期待される。
2018年は外国人枠の問題で支配下登録もないかもしれないが、数年後大活躍している可能性もあるので将来性に期待したいところ。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:5  不明
変化球:3  不明
制球力:2  不明
守備力:3  不明
総合力:3  まだまだ素材型タイプだと思われる
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 阪神 DeNA 巨人 中日 ヤクルト
ソフトバンク 西武 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ

タナー・シェッパーズ(元ロッテ)投手

タナー・シェッパーズ(タナー・シェパーズ)(Tanner Scheppers) 投手

2018年ロッテ新外国人 右投右打 193センチ91キロ 30歳
背番号- 推定年俸:約 - 万円 国籍:アメリカ合衆国
米マイナー:2009年~ テキサス・レンジャーズ:2012年~2017年 千葉ロッテマリーンズ:2018年
2013年は大活躍も故障で低迷するリリーフ投手

2017年
6.75 0勝 1敗 0セーブ 1ホールド 5試合(レンジャーズ)
4.84 1勝 3敗 3セーブ -ホールド 31試合(3A(PCL))
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
シェッパーズ 153 55 70 ツーシーム
ストレート
スライダー3
カーブ2
縦スライダー4
チェンジアップ2

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
シェッパーズ 158 65 80 ツーシーム
ストレート
スライダー4
カーブ3
縦スライダー5
チェンジアップ2

総評

最高球速(最速)は約162キロ、平均球速は約155キロ。
変化球・球種はツーシーム・ストレート・スライダー・カーブ・チェンジアップなど。
得意球・決め球はスライダー。
制球力・コントロールは普通。
奪三振率はそこそこ高い。
投球フォームはスリークォーター。

メジャー通算180試合に登板するリリーフで活躍する中堅右腕。
プロ入り当初からリリーフ中心で2011年以降は先発登板が少ない、マイナー通算154試合。
メジャーでは2013年に76試合で防御率1.88、6勝2敗1セーブ27ホールドと抜群の成績を残すが、2014年に故障し球速の低下もあり活躍できていない。
2017年はメジャーで5試合で防御率6点台、PCLで31試合で防御率4点台と微妙な成績。
奪三振率はそこそこ高く四球は普通という投手で、四球で崩れるという感じではない。
球種はツーシーム中心でストレート・スライダーを交え、チェンジアップ・カーブもたまに投げる。
被打率はスライダー・カーブは打たれておらず、ストレート・ツーシームは普通、チェンジアップは極端に打たれている。
球種ごとのコントロールはツーシーム・ストレートはそこそこ良く、スライダーはやや悪く、カーブ・チェンジアップはかなり悪い。

ロッテでは野手はパラデス、ダフィー、サントス、投手はスタンリッジが退団となり外国人投手が減ることなどからリリーフの補強となった。
外国人枠は投手2・野手2または投手3・野手1あたりになりそうなので、2018年の外国人枠の争いは投手の方でやや厳しくなりそう。
新外国人投手が何人か決まっているが、メジャーでの実績を考えるとシェッパーズは抑えやセットアッパーなど重要な役割で外国人枠1番手となりそう。
2013年の速球があれば抜群だが、近年の成績を見るとあまり大きな期待は出来ないかもしれない。
ただ、ツーシーム投手というのは日本で活躍できることが多いので、ここに期待するのもありかもしれない。

2018年オフに退団。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:5  コントロールは良い
変化球:8  スライダーで抑える
制球力:6  まずまず
守備力:5  普通
総合力:6  かつては良かったけど今は不安
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 阪神 DeNA 巨人 中日 ヤクルト
ソフトバンク 西武 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ

ディロン・ジー(中日新外国人)投手

ディロン・ジー(Dillon Gee) 投手

2018年中日新外国人 右投右打 185センチ93キロ 31歳
背番号60 推定年俸:約 - 万円 出身地:アメリカ合衆国
ニューヨーク・メッツ:2010年~2015年 カンザスシティ・ロイヤルズ:2016年 テキサス・レンジャーズ:2017年 ミネソタ・ツインズ:2017年 中日ドラゴンズ:2018年~
メジャーでの実績ある変化球・制球力を武器とする先発右腕

2017年(レンジャーズ、ツインズ)
3.47 3勝 2敗 1セーブ 1ホールド 18試合(レンジャーズ、ツインズ)
3.23 6勝 5敗 0セーブ -ホールド 14試合(3A(PCL,IL))
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ジ ー 150 65 65 ツーシーム
ストレート
スライダー2
カットボール1
カーブ3
チェンジアップ4

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ジ ー 155 85 75 ツーシーム
ストレート
スライダー4
カットボール2
カーブ4
チェンジアップ5

総評

最高球速(最速)は約152キロ、平均球速は約145キロ。
変化球・球種はツーシーム・ストレート・スライダー・カットボール・カーブ・チェンジアップなど。
得意球・決め球はカーブ・チェンジアップ。
制球力・コントロールは非常に良い。
奪三振率は普通。
投球フォームはスリークォーター。
愛称は「Gマニー」。

メジャー通算165試合登板しメジャー通算51勝の主に先発で活躍する中堅右腕。
2007年から2015年はほぼ先発、2016年からは先発・リリーフで登板し、マイナー通算113試合で、メジャーでの登板数の方が多い。
2011年・2013年にメジャーで二桁勝利を挙げる活躍し、その後はやや成績を落とすがリリーフなどで登板する。
奪三振率は普通で四球は結構少ない投手で、三振を量産するタイプではないが高い制球力を武器にしている投手。
球種はツーシームを一番投げていて、フォーシーム・チェンジアップ・スライダー・カーブの投球割合も高く、まれにカットボールを投げる。
被打率はスライダー・カーブ・チェンジアップは打たれにくく、ストレートはまずまず、ツーシームは結構打たれている。
球種ごとのコントロールはカーブは悪く、ストレートはまずまずで、その他は結構良い。

中日ではバルデス・アラウホ・ロンドン・ジョーダンが退団となり、野手ではゲレーロが退団となった。
投手はマルティネス(育成)、野手はビシエド・ウルヘエス(育成)、ここに新外国人が加わることになる。
オネルキ・ガルシアに続き先発候補としてメジャーでの実績豊富なディロン・ジーを獲得することになった。
外国人枠の争いはそれなりにありそうだが、実績豊富で先発候補のディロン・ジーは優先的に起用されることになると思われる。
成績的にも年齢的にもまだ衰えているという感じではないので、日本の野球やボールに適応できればエース級の活躍の可能性のある投手。
パワーピッチャー系ではないものの変化球や制球力が武器という日本人のようなタイプの投手というのが唯一の不安材料という感じ。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:4  2017年は良いが通算ではやや打たれやすい
変化球:8  変化球全般が良い
制球力:9  与四球が少ない
守備力:5  不明
総合力:9  実績的には申し分ない
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

投手一覧
広島 阪神 DeNA 巨人 中日 ヤクルト
ソフトバンク 西武 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ