選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

レネ・リベラ(捕手)

レネ・リベラ(René Rivera) 捕手 メジャーリーグ(MLB)

捕手・内野手(一塁手・三塁手)・投手・指名打者(DH) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 出身地:プエルトリコ MLBドラフト2巡目 2004年~
シアトル・マリナーズ:2004年~2006年 ミネソタ・ツインズ:2011年 サンディエゴ・パドレス:2013年~2014年 タンパベイ・レイズ:2015年 ニューヨーク・メッツ:2016年~

2005年(マリナーズ)
.396 1本 6打点 0盗塁 16試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.リベラ 69 64 59 45 50 10 90 45

2014年(パドレス)
.252 11本 44打点 0盗塁 103試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.リベラ 49 63 76 40 55 25 85 65 35

2015年(レイズ)
.178 5本 26打点 0盗塁 110試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.リベラ 34 35 64 40 55 30 85 65 35

2016年(メッツ)
.222 6本 26打点 0盗塁 65試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.リベラ 40 69 70 40 50 40 85 60 35

トータル
2014年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.リベラ 49 63 76 40 55 25 85 65 35 20

通算成績

2004年~2016年まで
.213 26本 118打点 1盗塁 0盗塁死 出塁率.264 399試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強肩強打型捕手。
高い長打力と強肩で活躍する捕手。
守備位置はキャッチャーで、ピッチャー・ファースト・サードでの出場経験もわずかにある。
コンバートはなし。

犠打はそこそこあり、最多は5。
盗塁は少なく、盗塁成功率は100%。
四球は少なく、三振は結構多い、出塁率は低い。
併殺打は普通。
死球数は普通。
フリースインガータイプの打者で、四球が少なく三振が多い。

愛称は特になし。
強肩強打の捕手として活躍。
2001年にプロ入りし、2004年にメジャー初出場。
2006年までメジャーで少しずつ出場するが活躍できず、2007年から2010年までメジャー出場なしに終わる。
2014年に出場数が増え、103試合に出場し11本塁打を打つ。
2015年は自己最多の110試合に出場するが、2016年は65試合の出場に終わる。
守備では毎年盗塁阻止率が平均を超え、毎年30%以上をキープしている。
2017年の第4回WBCプエルトリコ代表に選ばれている。

主に8番打者、9番打者として活躍している。
背番号は59→30→32→44で、2013年からは「44」。

強肩強打で活躍する捕手。
四球が少なく、出塁率が極端に低い。
盗塁阻止率は通算36%と高く、強肩で安定した成績を残す。
捕逸はそこそこ多く、失策数は多く、守備率は低い。

関連ページ

更新情報

2017WBCワールド・ベースボール・クラシック チーム別データ トップページ
A組 韓国 チャイニーズタイペイ オランダ イスラエル
B組 日本 キューバ 中国 オーストラリア
C組 アメリカ合衆国 ドミニカ共和国 カナダ コロンビア
D組 メキシコ プエルトリコ ベネズエラ イタリア

ダニエル・カストロ(遊撃手)

ダニエル・カストロ(Daniel Castro) 内野手 メジャーリーグ(MLB)

内野手(遊撃手・三塁手・二塁手)・外野手(右翼手・左翼手) 右投右打
国籍:メキシコ 2015年~
アトランタ・ブレーブス:2015年~

2015年
.240 2本 5打点 0盗塁 33試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
D.カストロ 44 59 60 65 55 45 75 65 55 65 30 35

2016年
.200 0本 7打点 1盗塁 47試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
D.カストロ 37 44 55 65 55 45 75 65 55 65 30 35

トータル
2015年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
D.カストロ 44 59 60 65 55 45 75 65 55 65 30 35

通算成績

2015年~2016年まで
.217 2本 12打点 1盗塁 1盗塁死 出塁率.250 80試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

バランス型内野手。
高い打撃力と守備力で活躍する内野手。
守備位置は2010年はセカンド兼ショート、2011年・2012年はセカンド、2013年からはショートで、サード・レフト・ライトでの出場経験もある。
コンバートは二塁手→遊撃手。

犠打は少なく、最多は2。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は非常に少なく、三振は普通、出塁率は低い。
併殺打は結構多い。
死球数は0。
四球が少ない打者。

愛称は特になし。
バランス型の内野手として活躍。
2009年にプロ入りし、2015年にメジャー初出場。
マイナーでは二塁手・遊撃手を中心としてユーティリティープレイヤーとして活躍。
打撃成績はまずまずで、盗塁はあまり多くないなど、あまり武器がない選手。
2015年はメジャーで33試合に出場し2本塁打を打つ。
2016年は47試合に出場するが打撃成績は落ちているものの、守備では無失策に終わる。
2017年の第4回WBCメキシコ代表に選ばれている。

主に2番打者、8番打者として活躍している。
背番号は11→14で、2016年は「14」。

ユーティリティーとして活躍する内野手。
四球が少なく、出塁率が低い。
三塁打や盗塁は普通。
守備範囲は普通で、失策数・守備率は普通。

関連ページ

更新情報

2017WBCワールド・ベースボール・クラシック チーム別データ トップページ
A組 韓国 チャイニーズタイペイ オランダ イスラエル
B組 日本 キューバ 中国 オーストラリア
C組 アメリカ合衆国 ドミニカ共和国 カナダ コロンビア
D組 メキシコ プエルトリコ ベネズエラ イタリア

レイモンド・フエンテス(外野手)

レイモンド・フエンテス(Reymond Fuentes) 外野手 メジャーリーグ(MLB)

外野手(中堅手・右翼手・左翼手)・指名打者(DH) 左投左打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト1巡目 2013年~
サンディエゴ・パドレス:2013年 カンザスシティ・ロイヤルズ:2016年

2013年(パドレス)
.152 0本 1打点 3盗塁 23試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.フエンテス 29 32 55 85 40 30 65 55 60 55

2016年(ロイヤルズ)
.317 0本 5打点 0盗塁 13試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.フエンテス 59 30 55 80 40 30 65 55 60 60

トータル
2016年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.フエンテス 59 30 55 80 40 30 65 55 60 60

通算成績

2013年~2016年まで
.243 0本 6打点 3盗塁 2盗塁死 出塁率.300 36試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

俊足好守型外野手。
俊足と広い守備範囲の守備で活躍する外野手。
守備位置はセンターで、レフト・ライトでも出場している。
コンバートは特になし。

犠打は0。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は普通、三振は結構多い、出塁率は普通。
併殺打は0。
死球数は0。
三振が多い打者。

愛称は特になし。
俊足好守の中堅手として活躍。
2009年にドラフト1位でプロ入りし、2013年にメジャー初出場。
打撃成績はそこそこだが、マイナー通算200盗塁以上する俊足外野手として活躍。
2013年にメジャーで23試合に出場するが、2014年・2015年はメジャー出場がなかった。
2016年はメジャーで13試合に出場し、打率.317を残す。
2017年の第4回WBCプエルトリコ代表に選ばれている。

主に9番打者、7番打者として活躍している。
背番号は27→34で、2016年は「34」。

俊足好守で活躍する外野手。
打撃成績はまずまずだが、三振が多い。
マイナーでは盗塁を量産し、盗塁成功率が高い。
守備範囲はそこそこ広く、失策数はやや多く、守備率はやや低い。

関連ページ

更新情報

2017WBCワールド・ベースボール・クラシック チーム別データ トップページ
A組 韓国 チャイニーズタイペイ オランダ イスラエル
B組 日本 キューバ 中国 オーストラリア
C組 アメリカ合衆国 ドミニカ共和国 カナダ コロンビア
D組 メキシコ プエルトリコ ベネズエラ イタリア

ケニス・バルガス(一塁手)

ケニス・バルガス(Kennys Vargas) 一塁手 メジャーリーグ(MLB)

内野手(一塁手)・指名打者(DH) 右投両打
国籍:アメリカ合衆国 出身地:プエルトリコ 2014年~
ミネソタ・ツインズ:2014年~

2014年
.274 9本 38打点 0盗塁 53試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.バルガス 69 47 75 40 30 10 55 30


2015年
.240 5本 17打点 0盗塁 58試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.バルガス 35 69 67 40 40 50 55 40

2016年
.230 10本 20打点 0盗塁 47試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.バルガス 33 69 80 40 40 50 55 40

トータル
2016年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.バルガス 33 69 80 40 40 50 55 40

通算成績

2014年~2016年まで
.251 24本 75打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.309 158試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型内野手。
高い打撃力で活躍する内野手。
守備位置はファースト一筋。
コンバートはなし。

犠打は0。
盗塁は0。
四球はやや少なく、三振は結構多い、出塁率はやや低い。
併殺打はそこそこ多い。
死球数は少ない。
フリースインガータイプで、四球が少なく三振が多い打者。

愛称は特になし。
強打の一塁手として活躍。
2009年にプロ入りし、2014年にメジャー初出場。
2014年から毎年50試合近くに出場する選手で、まずまずの長打力がある。
守備走塁には難があり、マイナー時代から一塁手専門で、メジャーでは指名打者での出場が多い。
2016年は47試合に出場し、初の二桁本塁打を打っている。
2017年の第4回WBCプエルトリコ代表に選ばれている。

主に4番打者、5番打者として活躍している。
背番号は「19」。

強打で活躍する一塁手。
四球が少なく、出塁率が低い。
マイナー時代から盗塁は少なく鈍足。
守備範囲は普通で、失策数はやや多く、守備率はやや低い。

関連ページ

更新情報

2017WBCワールド・ベースボール・クラシック チーム別データ トップページ
A組 韓国 チャイニーズタイペイ オランダ イスラエル
B組 日本 キューバ 中国 オーストラリア
C組 アメリカ合衆国 ドミニカ共和国 カナダ コロンビア
D組 メキシコ プエルトリコ ベネズエラ イタリア

マイク・アビレス(内外野手)

マイク・アビレス(マイケル・アンソニー・アビレス)(Michael Anthony Avilés) 内外野手 メジャーリーグ(MLB)

内野手(遊撃手・三塁手・二塁手・一塁手)・外野手(左翼手・右翼手・中堅手)・指名打者(DH) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト7巡目 2008年~
カンザスシティ・ロイヤルズ:2008年~2011年 ボストン・レッドソックス:2011年~2012年 クリーブランド・インディアンス:2013年~2015年 デトロイト・タイガース:2016年

2008年(ロイヤルズ)
.325 10本 51打点 8盗塁 102試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.アビレス 74 89 73 65 70 50 80 40 65 50 75

2010年(ロイヤルズ)
.304 8本 32打点 14盗塁 110試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.アビレス 79 57 69 65 60 30 80 40 75 50 65

2012年(レッドソックス)
.250 13本 60打点 14盗塁 136試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.アビレス 49 65 75 65 70 45 80 30 60 55 75 30 30

2016年(タイガース)
.210 1本 6打点 2盗塁 68試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.アビレス 43 40 53 60 55 30 75 20 60 50 55 45 40 50

トータル
2008年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.アビレス 74 89 73 65 70 50 80 40 70 55 75 40 35 40

通算成績

2008年~2016年まで
.262 59本 298打点 78盗塁 31盗塁死 出塁率.378 878試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

バランス型内外野手。
高い打撃力と守備力で活躍する内外野手。
守備位置は2003年から2005年はショート、2006年はサード、2007年はサード兼ショート、2008年・2009年はショート、2010年はセカンド、2011年はサード兼ショート、2012年はショート、2013年はサード兼ショート、2014年はサード兼セカンド、2015年はレフト兼サード、2016年はライトで、ファースト・センターでの出場経験もある。
コンバートは遊撃手→三塁手→遊撃手→二塁手→遊撃手→三塁手→左翼手→右翼手。

犠打はそこそこ多く、最多は11。
盗塁はそこそこ多く、盗塁成功率はやや高い。
四球は極端に少なく、三振はやや少ない、出塁率は低い。
併殺打はそこそこ多い。
死球数は普通。
フリースインガータイプの早打ち傾向の積極打法で、四球が極端に少ない。

愛称は特になし。
バランス型の内野手として活躍。
2003年にプロ入りし、2008年にメジャー初出場。
2008年にレギュラー級の選手として102試合に出場し打率.325と活躍するが、2009年に故障でトミー・ジョン手術を受ける。
2009年の第2回WBCプエルトリコ代表に選ばれている。
2010年は再び3割を打つが、2011年からは低打率に終わっている。
2013年の第3回WBCプエルトリコ代表に選ばれている。
2014年からは外野手としての出場が増えている。
2017年の第4回WBCプエルトリコ代表に選ばれている。

主に2番打者、9番打者、7番打者として活躍している。
背番号は30→13→3→4→14で、2008年から2010年は「30」。

攻守に活躍する内外野手。
四球が極端に少なく、出塁率が低い。
三塁打や盗塁はまずまずある。
守備範囲はやや広く、失策数は多く、守備率は低い。

関連ページ

更新情報

2017WBCワールド・ベースボール・クラシック チーム別データ トップページ
A組 韓国 チャイニーズタイペイ オランダ イスラエル
B組 日本 キューバ 中国 オーストラリア
C組 アメリカ合衆国 ドミニカ共和国 カナダ コロンビア
D組 メキシコ プエルトリコ ベネズエラ イタリア

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ