選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ラリー・ビグビー(全盛期)元横浜 外野手

ラリー・ビグビー(ラリー・ロバート・ビグビー)(Larry Robert Bigbie) 外野手 横浜

外野手(左翼手・中堅手・右翼手)・指名打者(DH) 右投左打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト1巡目 2008年
ボルチモア・オリオールズ:2001年~2005年 コロラド・ロッキーズ:2005年 セントルイス・カージナルス:2006年 横浜ベイスターズ:2008年 エドモントン・キャピタルズ:2010年
強打の外野手

2003年(オリオールズ)
.303 9本 31打点 7盗塁 83試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
L.ビグビー 68 79 73 60 45 65 60 35 30 30

2004年(オリオールズ)
.280 15本 68打点 8盗塁 139試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
L.ビグビー 74 44 79 60 40 60 60 40 40 30

2008年(横浜)
.255 8本 29打点 1盗塁 72試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ビグビー 59 22 63 40 45 55 55 35

トータル
2008年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ビグビー 59 22 63 40 45 55 55 35

通算成績

2008年(日本のみ)
.255 8本 29打点 1盗塁 0盗塁死 出塁率.318 72試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型外野手。
高い打撃力で活躍した外野手。
守備位置は1999年はレフト、2000年・2001年はライト、2002年からは2006年レフト、2007年はライト、日本での2008年はレフト、米独立リーグでの2010年はレフトで、センターでの出場経験もある。
コンバートは左翼手→右翼手→左翼手→中堅手→左翼手。

犠打は0。
盗塁は少なく、盗塁成功率は100%。
四球は普通、三振は非常に多い、出塁率は普通。
併殺打は非常に多い。
死球数は普通。
三振が多い打者。

愛称は特になし。
強打の外野手として活躍。
1999年のMLBドラフト1巡目で指名されプロ入りし、2001年にメジャー初出場。
2004年に15本塁打打つなど、メジャーでまずまず活躍する。
2008年に横浜に入団するが、72試合の出場に終わり、1年で退団。
2010年は米独立リーグでプレー。
2010年に現役を引退。

主に5番打者として活躍している。
背番号は「6」。

強打で活躍した外野手。
長打力はあるが、三振が非常に多い。
併殺打が多く、補殺が少ない、鈍足弱肩タイプ。
守備範囲は狭く、失策数は0で、守備率は10割。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

アンソニー・サンダース(全盛期)元横浜 外野手

アンソニー・サンダース(アンソニー・マーカス・サンダース)(Anthony Marcus Sanders) 外野手 横浜

外野手(右翼手・中堅手・左翼手) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト7巡目 2001年
トロント・ブルージェイズ:1999年 シアトル・マリナーズ:2000年~2001年 横浜ベイスターズ:2001年 ニューアーク・ベアーズ:2006年
日本では活躍できなかった強打者

1999年(ブルージェイズ)
.286 0本 2打点 0盗塁 3試合(ブルージェイズ)
.244 18本 59打点 18盗塁 124試合(3A(IL))
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.サンダース 40 45 77 60 70 50 70 45 60 45

2001年(横浜)
.114 1本 1打点 0盗塁 14試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
サンダース 15 20 50 55 60 50 65 40 50 55

トータル
2001年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
サンダース 15 20 50 55 60 50 65 40 50 55

通算成績

2001年(日本のみ)
.114 1本 1打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.204 14試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強肩強打型外野手。
高い打撃力で活躍した外野手。
守備位置は1996年から2000年はセンター、2001年はレフト、日本での2001年はライト、マイナーでの2003年はレフト、2005年はライト、2006年はセンター。
コンバートは中堅手→左翼手→右翼手→左翼手→中堅手。

犠打は0。
盗塁は0。
四球は普通、三振は非常に多い、出塁率は普通。
併殺打は0。
死球数は0。
三振が非常に多い打者。

愛称は特になし。
強肩強打の外野手として活躍。
1992年にプロ入りし、1999年にメジャー初出場。
マイナーでは1997年、2000年に20本塁打以上を打つなど強打者として活躍し、2度の20盗塁以上するなど俊足でもあった。
2000年のシドニーオリンピックにアメリカ代表として出場し金メダルを獲得。
ロバート・ローズが前年に退団し、ジョン・ズーバーデーブ・ドスターが長打力不足だったこともあり2001年途中に横浜に入団するが、変化球に対応できず14試合で打率.114に終わり、1年で退団。
その後はマイナーでプレーし、2006年に現役を引退。

引退後は2015年に第1回WBSCプレミア12のアメリカ合衆国代表アシスタントコーチを務めている。

主に5番打者、6番打者として活躍している。
背番号は「00」。

日本では活躍できなかった強打者。
変化球に弱く、三振が非常に多い。
マイナー通算100盗塁以上をする俊足で、マイナーでは補殺が非常に多い。
守備範囲は普通で、失策数は0で守備率は10割。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

ルー・メローニ(全盛期)元横浜 内野手

ルー・メローニ(Louis William "Lou" Merloni) 内野手 横浜

内野手(三塁手・遊撃手・二塁手・一塁手)・外野手(左翼手・右翼手) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト10巡目 2000年
ボストン・レッドソックス:1998年~1999年 横浜ベイスターズ:2000年 ボストン・レッドソックス:2000年~2002年 サンディエゴ・パドレス:2003年 ボストン・レッドソックス:2003年 クリーブランド・インディアンス:2004年 ロサンゼルス・エンゼルス:2005年 クリーブランド・インディアンス:2006年
内野のユーティリティープレイヤー

2000年(横浜)
.213 1本 3打点 0盗塁 41試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
メローニ 32 37 45 50 50 60 70 30 45 40

2000年(レッドソックス)
.320 0本 18打点 1盗塁 40試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
L.メローニ 74 68 50 50 40 15 70 30 40 50 40 20

2001年(インディアンス)
.267 3本 13打点 2盗塁 52試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
L.メローニ 56 69 62 50 50 55 70 35 50 50 60 20

2004年(インディアンス)
.289 4本 28打点 1盗塁 71試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
L.メローニ 48 79 64 45 40 15 70 40 45 45 40 25 20

トータル
2000年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
メローニ 32 37 45 50 50 60 70 30 45 40

通算成績

2000年(日本のみ)
.213 1本 3打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.275 41試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

バランス型内野手。
ユーティリティプレイヤーとして活躍した内野手。
守備位置は1993年はショート兼サード、1994年・1995年はセカンド、1996年・1997年はサード、1998年はセカンド、1999年はショート兼サード、2000年の日本ではサード、2000年のメジャーではサード、2001年はショート、2002年はセカンド、2003年はサード、2004年はファースト、2005年はサード、2006年はファースト兼セカンド、2007年はサードで、レフト・ライトでの出場経験もある。
コンバートは内野のユーティリティーでさまざまなポジションを守る。

犠打は0。
盗塁は0。
四球はやや少なく、三振は普通、出塁率はやや低い。
併殺打は普通。
死球数は普通。

愛称は特になし。
バランス型の内野手として活躍。
1993年にプロ入りし、1998年にメジャー初出場。
1999年に43試合に出場するが、あまり活躍できなかった。
2000年に横浜に入団し、内野のユーティリティープレイヤーとして期待されるが、ロバート・ローズ進藤達哉石井琢朗の鉄壁内野陣に加え、金城龍彦の大活躍もあり、41試合の出場に終わり7月にウェーバー公示される。
2000年はその後メジャーに復帰し、40試合で打率.320を打つ。
2006年までメジャーでプレーし、2007年に現役を引退。

主に6番打者、7番打者として活躍している。
背番号は「25」。

メジャーではある程度活躍したユーティリティープレイヤー。
メジャーでは高打率を残すこともあったが、日本では活躍できず。
内野のさまざまなポジションを守ることができる。
守備範囲は普通で、失策数は少なく、守備率は高い。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

小田嶋正邦(全盛期)

小田嶋正邦(おだじま まさくに) 捕手・一塁手 横浜

捕手・内野手(一塁手・三塁手) 右投右打 横浜→巨人
東海大学山形高→東海大 大学 ドラフト3位 2002年~2010年
横浜ベイスターズ:2002年~2006年 読売ジャイアンツ:2007年~2010年
代打などで活躍した強打者

2002年(1年目)
.000 0本 0打点 0盗塁 4試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
小田嶋 20 25 48 45 40 35 65 40 30

2003年
.237 2本 5打点 0盗塁 26試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
小田嶋 25 49 56 45 30 35 65 45 25

2004年
.216 0本 1打点 0盗塁 42試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
小田嶋 27 47 48 45 60 20 65 45 30

2006年
.205 3本 6打点 0盗塁 26試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
小田嶋 15 49 60 40 40 5 60 35 40 25

トータル
2003年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
小田嶋 25 49 56 45 40 35 65 45 30 20

通算成績

2002年~2010年
.201 6本 17打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.251 149試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型捕手・内野手。
高い長打力で活躍した捕手・内野手。
守備位置は2002年はファースト、2003年・2004年はキャッチャー、2006年からはファーストで、二軍ではサードでも出場している。
コンバートは捕手→一塁手。

犠打は少なく、通算3。
盗塁は0。
四球は少なく、三振は非常に多い、出塁率は低い。
併殺打は普通。
死球数はやや多い。
四球が少なく三振が多い打者。

愛称は「オダジーニ」。
強打の捕手・一塁手として活躍。
大学時代は高い打撃力を持つ捕手・一塁手として活躍。
2年目の2003年に出場数を増やし、代打サヨナラ満塁本塁打を打つなど捕手以外に代打としても活躍。
2004年は自己最多の42試合に出場する。
2006年に内野手に転向し、自己最多の3本塁打を打つ。
2006年オフに仁志敏久との交換トレードで巨人に移籍。
2008年・2009年など二軍では大活躍するが、一軍では三振が多くあまり活躍できなかった。
2010年に現役を引退。

引退後は巨人のブルペン捕手を務めている。

主に8番打者として活躍している。
背番号は26→45で、2006年までは「26」。

代打などで長打を見せた選手。
二軍では活躍するが、一軍では三振が非常に多い。
盗塁企図数が少ないが、盗塁阻止率は.333とそこそこ良い。
捕逸は普通で、一塁手としては失策数が多く守備率がかなり低い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

アーニー・ヤング(全盛期)元横浜 外野手

アーニー・ヤング(Ernest Wesley "Ernie" Young) 外野手 横浜

外野手(中堅手・左翼手・右翼手)・内野手(一塁手) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト10巡目 2002年
オークランド・アスレチックス:1994年~1997年 カンザスシティ・ロイヤルズ:1998年 アリゾナ・ダイヤモンドバックス:1999年 横浜ベイスターズ:2002年 デトロイト・タイガース:2003年 クリーブランド・インディアンス:2004年
低打率に終わった外野手

1996年(アスレチックス)
.242 19本 65打点 7盗塁 141試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
E.ヤング 47 62 84 55 65 75 65 50 60 50

2002年(横浜)
.173 8本 16打点 0盗塁 32試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヤング 22 27 69 45 55 35 60 40 55 40

トータル
2002年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ヤング 22 27 69 45 55 35 60 40 55 40

通算成績

2002年(日本のみ)
.173 8本 16打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.258 32試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型外野手。
高い長打力で活躍した外野手。
守備位置は主にセンターで、レフト・ライト・ファーストでの出場経験もある。
コンバートは特になし。

犠打は0。
盗塁は0。
四球は普通、三振は非常に多い、出塁率は普通。
併殺打は結構多い。
死球数は結構多い。
三振が非常に多い打者。

愛称は特になし。
強打の外野手として活躍。
1990年にプロ入りし、1994年にメジャー初出場。
1996年にはメジャーでレギュラー中堅手として活躍。
2000年のシドニーオリンピックではアメリカ代表の4番打者として活躍し、金メダル獲得に貢献。
2002年のシーズン途中に横浜に入団し、4番中堅手として期待されたが、長打力はあるものの打率が1割台に終わり、シーズン途中に退団。
2007年までマイナーでプレーした。

引退後は2015年の第1回WBSCプレミア12のアメリカ代表の打撃コーチを務めている。

主に4番打者として活躍している。
背番号は「25」。

強打で活躍した助っ人外国人。
低打率で三振が非常に多い。
主に中堅手を務めるが、足はあまり速くない。
守備範囲は普通で、失策数はやや多く、守備率は低い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 結果
ドラフト2018  野手 投手 結果
ドラフト2019  野手 投手 結果
ドラフト2020  野手 投手 結果
ドラフト2021  野手 投手 結果
ドラフト2022  野手 投手 結果
ドラフト2023  野手 投手 結果
ドラフト2024  野手 投手
ドラフト2025  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフト    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ