選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

中後悠平(元ロッテ) 投手

中後悠平(なかうしろ ゆうへい) 投手 ロッテ

投手 左投左打 ロッテ
近畿大学附属新宮高→近畿大 大学 ドラフト2位 2012年~2015年
千葉ロッテマリーンズ:2012年~2015年 武蔵ヒートベアーズ:2016年

2012年
4.87 2勝 0敗 0セーブ 5ホールド 27試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
中 後 - - - -

2014年
6.75 0勝 1敗 0セーブ 0ホールド 5試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
中 後 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
中 後 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

2012年~2015年
5.68 2勝 2敗 0セーブ 6ホールド 37試合

タイトル、表彰、その他記録

特になし

総評

最高球速(最速)は151キロ、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・チェンジアップ・スクリューなど。
得意球・決め球はスライダー。
制球力・コントロールは悪い。
奪三振率は普通。

投球フォームは千手観音投法(スリークォーターやサイドスローなどを使い分ける)。
フィールディングは普通。
背番号は16→13で、2013年までは「16」。
愛称は特になし。

大学で日本代表に選ばれるなど活躍し、ドラフト2位でロッテに入団。
1年目の2012年は中継ぎとして27試合に登板し、防御率4.87で2勝0敗5ホールドの成績。
2013年は故障もあり5試合の登板に終わり、防御率18.00に終わる。
2014年は5試合に登板し、2015年は初めて一軍登板0に終わり、戦力外通告を受けBCリーグの武蔵ヒートベアーズに入団。
2016年はアメリカのスプリングトレーニングへ参加し、3月にダイヤモンドバックスとマイナー契約する。
その後はマイナーでプレーする。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

田澤純一(メジャー) 投手

田澤純一(田沢純一)(たざわ じゅんいち) 投手 メジャー(MLB)

投手 右投右打 レッドソックス
横浜商科大学高→新日本石油ENEOS 社会人 2009年~
ボストン・レッドソックス:2009年~

2013年
3.16 5勝 4敗 0セーブ 25ホールド 71試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 澤 157 42 79 ストレート
ツーシーム
スライダー2
ドロップカーブ2
SFF4

2014年
2.86 4勝 3敗 0セーブ 16ホールド 71試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 澤 156 40 83 ストレート
スライダー2
ドロップカーブ2
SFF4

2015年
4.14 2勝 7敗 3セーブ 16ホールド 61試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 澤 155 43 78 ストレート
スライダー2
ドロップカーブ2
SFF4

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 澤 - - - -

※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

2009年~2015年
3.47 14勝 18敗 4セーブ 62ホールド 241試合

タイトル

なし

表彰

なし

その他記録

特になし

総評

最高球速は156キロ、平均球速は約150キロ。
球種・変化球はストレート・ツーシーム・スライダー・カーブ・フォーク・チェンジアップなど。
得意球・決め球は - 。
制球力・コントロールは - 。
奪三振率は高い。

投球フォームは高めのスリークォーター。
フィールディングは - 。
背番号は63→36で、2013年からは「36」

社会人3年目の2007年、4年目の2008年に活躍しドラフト1位候補として期待されていたが、メジャーリーグ挑戦を表明し日本球界入りせずにメジャーリーグ挑戦という「田澤問題」に発展した。
この結果、海外のプロ球団と契約した選手は一定期間NPB球団と契約出来ないといういわゆる「田澤ルール」が設けられた。
2008年12月にレッドソックスとメジャー契約し、2009年は先発4試合を含む6試合に登板する。
2012年にメジャーに定着し、37試合で防御率1.43の活躍。
2013年からはクレイグ・ブレスロウ、上原浩治などとともにリリーフを担当し、主に8回を投げるセットアッパーとして活躍している。

愛称は「タズ」。
腕の振りが速く、クイックが非常に速い。

更新情報

ページを作成しました。
査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

渡辺俊介(元ロッテ) 投手

渡辺俊介(渡邊俊介)(わたなべ しゅんすけ) 投手 ロッテ

投手 右投右打 ロッテ→ランカスター
國學院大學栃木高→國學院大→新日本製鐵君津 社会人 ドラフト4位 2001年~2013年
千葉ロッテマリーンズ:2001年~2013年 ランカスター・バーンストーマーズ:2014年~

2005年
2.17 15勝 4敗 0セーブ 0ホールド
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
渡辺俊 130 82 67 ストレート
スライダー3
スローカーブ1
高速高速シンカー2
スローシンカー1

2008年
4.17 13勝 8敗 0セーブ 0ホールド
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
渡辺俊 130 93 54 ストレート
スライダー2
カットボール2
スローカーブ1
高速高速シンカー2
スローシンカー1

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
渡辺俊 - - - -
※変化球は(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

2001年~2013年(日本のみ)
3.65 87勝 82敗 0セーブ 1ホールド 255試合

タイトル

最優秀バッテリー賞1回

表彰

なし

その他記録

特になし

総評

最高球速は132キロ、平均球速は約120キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カットボール・スローカーブ・チェンジアップ・高速シンカーなど。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールは普通。

投球フォームはアンダースロー。
フィールディングは普通。
背番号は「31」。

2000年にシドニーオリンピック日本代表に選ばれるなど社会人で活躍し、ドラフト4位でロッテに入団。
1年目の2001年は先発・中継ぎで登板、2002年から先発として登板し、2003年に先発ローテーションに定着。
2004年に初の二桁勝利を挙げ、2005年は二年連続の二桁勝利を挙げる。
2006年の第1回WBC、2009年の第2回WBCに選ばれる。
2011年まで安定した活躍をし、2012年から登板数が減少。
2013年オフにレッドソックスとマイナー契約する。
2014年以降はマイナーや独立リーグでプレーしている。

愛称は「ミスターサブマリン」。
世界一低いと言われるアンダースローが特徴。
ポーカーフェイスで淡々と投げる。
打線の援護に恵まれないことが多い。
血液型は珍しい「A型のRh-(RH-A)」。

更新情報

仮ページを作成しました。
査定できる方いらっしゃいましたら、査定・コメントなどお願いします。
(個人的な評価で全然構いません。みなさんの査定のおおよその平均値をこのブログの査定データにしていきます。)

前田健太(広島) 投手

前田健太(まえだ けんた) 投手 広島

投手 右投右打 広島
PL学園高 高校 高校生ドラフトドラフト1位 2007年~
広島東洋カープ:2007年~

2010年
2.21 15勝 8敗 0セーブ 0ホールド
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
前田健 - - - -

2012年
1.53 14勝 7敗 0セーブ 0ホールド
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
前田健 151 89 73 ストレート
スライダー3
スロースライダー2
ドロップカーブ3
サークルチェンジ3
高速シュート2

2015年
2.09 15勝 8敗 0セーブ 0ホールド
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
前 田 152 83 69 ストレート
スライダー3
スロースライダー4
スローカーブ2
縦スライダー2
縦スライダー3
サークルチェンジ2
スローサークルチェンジ2
シンキングファスト3

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
前田健 - - - -
※変化球は(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

2007年~2014年まで
2.44 82勝 59敗 0セーブ 0ホールド 189試合

タイトル

最多勝1回
最優秀防御率3回
最多奪三振2回

表彰

最優秀投手1回(2010年)
沢村賞1回(2010年)
ベストナイン2回
ゴールデングラブ賞4回
最優秀バッテリー賞2回

その他記録

ノーヒットノーラン(2012年)(史上74人目)

総評

最高球速は153キロ、平均球速は約146キロ。
球種・変化球はストレート・ツーシーム・数種類のスライダー・ドロップ(カーブ)・チェンジアップ・SFFなど。
得意球・決め球はスライダー。
制球力・コントロールはかなり良い。

投球フォームはスリークォーター。
フィールディングはかなり良い。
背番号は34→18で、2008年からは「18」。

高校ではエースとして活躍し、広島から単独1位指名を受けプロ入り。
1年目は一軍で登板せず、二軍で先発ローテーションとして一年間投げるが、あまり活躍できずに終わる。
2年目の2008年は一軍で9勝を挙げる活躍。
2010年に防御率2.21 15勝でタイトルを獲得。
その後もエースとして安定した活躍をしている。
2010年から5年連続二桁勝利中。

愛称は「マエケン」。
高校通算本塁打は27本と打撃力も高い。
2013年に第3回WBCに出場し好投している。
高校時代はフォークも投げていて、プレイスタイルから「桑田二世」と呼ばれていた。
独特の動きの「マエケン体操」(マエケンダンス)でおなじみ。
通算与四球率が良く、抜群の制球力を持つ。

更新情報

仮ページを作成しました。
査定できる方いらっしゃいましたら、査定・コメントなどお願いします。
(個人的な評価で全然構いません。みなさんの査定のおおよその平均値をこのブログの査定データにしていきます。)

田中将大(元楽天・現メジャー) 投手

田中将大(たなか まさひろ) 投手 右投右打 2007年~

楽天→ヤンキース 高校生ドラフト1位
駒澤大学附属苫小牧高 高校
楽天:2007年~2013年 ヤンキース:2014年~

2013年
1.27 24勝 0敗 1セーブ 0ホールド 28試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 中 156 90 65 ストレート
ツーシーム
高速スライダー3
カットボール1
カーブ2
SFF6
チェンジアップ1

2014年(ヤンキース) タイプA
2.77 13勝 5敗 0セーブ 0ホールド 20試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 中 154 86 67 ストレート
高速スライダー2
カットボール3
カーブ2
SFF6
ツーシーム2
※ツーシームはシンキングファスト

2014年(ヤンキース) タイプB
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 中 155 85 53 ストレート
ツーシーム
高速スライダー1
カットボール2
高速スライダー4
カーブ2
SFF6
チェンジアップ1

2015年(ヤンキース)
3.51 12勝 7敗 0セーブ 0ホールド 24試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 中 155 80 57 ストレート
ツーシーム
高速スライダー2
カットボール2
高速スライダー4
カーブ2
SFF4

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
田 中 156 - - ストレート
高速スライダー3
カットボール
カーブ
高速縦スライダー
SFF7
フォーク
チェンジアップ
ツーシーム
※高速縦スライダー≒ナックルカーブ

通算成績

2007年~2013年(日本のみ)
2.77 99勝 35敗 3セーブ 0ホールド 175試合

タイトル

最多勝2回
最優秀防御率2回
最多奪三振1回
最多奪三振2回

表彰

新人王(2007年)
最優秀選手(MVP)1回(2013年)
沢村賞2回
正力松太郎賞(特別賞)1回(2013年)
最優秀投手1回
最優秀バッテリー賞2回
ベストナイン2回
ゴールデングラブ賞3回

その他記録

連続勝利28(日本プロ野球記録、ギネス世界記録認定)
開幕からの連続勝利24(日本プロ野球記録、ギネス世界記録認定)
シーズン連続勝利24(日本プロ野球記録)
シーズン勝率1.000(日本プロ野球タイ記録)
シーズン無敗での最多勝(日本プロ野球史上初)
先発登板機会連続勝利17(日本プロ野球記録)
など

総評

愛称は「マー君」。
勝ち運から野村克也元監督から「マー君、神の子、不思議な子」と評された。
高校時代から大活躍で、甲子園で斎藤佑樹と投げ合ったことでも有名で「怪物」「世代最強エース」などと評された。
ドラフトでは1位指名で4球団が競合する注目選手。
1年目に新人王となるなど活躍するも、2年目の2008年は9勝にとどまる。
2009年からは5年連続二桁勝利。
2013年には24勝0敗で勝率1.000と抜群の成績で楽天のリーグ優勝、日本一に大きく貢献している。
2013年オフにポスティングシステムによりヤンキースへ移籍。
2014年は右肘を痛めており、2015年は怪我による影響が不安視されている。
2008年に北京オリンピック、2009年の第2回WBC、2013年の第3回WBCに選ばれている。
妻は歌手・タレントの里田まい。
アイドルファンでももいろクローバーZ(ももクロ)、AKB48やその他多くのアイドルと交流がある。

投手としては最高球速は156キロ。
球種は高速縦スライダー、スプリッター(SFF)、カーブ、チェンジアップ、シュート変化のツーシーム、など。
2010年まではスプリッターではなくフォークを投げていた。
得意球・決め球はスプリッター。
プロ入り当初は縦のスライダーを得意球としていたが、SFFを習得してからは投球の比率がSFFに移行してきている。
コントロールは非常に良く、与四球数は減少傾向にある。
奪三振率が高い。

投球フォームはスリークォーター。
牽制が素早い。
クイックモーションに課題があり、やや遅く、許盗塁数はやや多い。
フィールディングが良く、守備力が高い。
高校時代は打撃力が高く、高校通算13本塁打を記録。

更新情報
2016/1/30 西風さん査定分(2013年、2014年、2015年)スタミナ+5

ページを作成しました。
査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)
選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
それぞれのランキングへの
投票をお待ちしております。
新企画も募集中です。
最新コメント(ツリー)
カテゴリ