選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

中嶋啓喜 外野手(中堅手) JFE東日本

中嶋啓喜(なかしま ひろき) 外野手(中堅手)

2015年ドラフト候補 桐蔭学園→明治大→JFE東日本 社会人
50m走5.9秒 遠投118m 右投右打 180センチ80キロ

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 嶋 25 30 52 72 55 45 70 50 55 50

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 嶋 25 30 52 72 55 45 70 50 55 50

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 嶋 30 35 55 72 58 50 69 52 56 55

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 嶋 55 60 75 70 70 60 65 60 65 65


<総評>
万能型外野手。
打撃は中距離型。
ミート力はあまり無く、パワーは結構ある。
強振気味のスイングで長打を量産する打者。
5,6番打者タイプ。

足は結構速く、肩は結構強い。
スローイングは結構良く、キャッチングは普通。
守備範囲はやや広い。
身体能力が高く安定感もある。
スローイングが速く、守備は即戦力。

身体能力高く、守備力が高い選手。
打撃は粗さはあるが、本塁打を量産できる選手。
中軸を打っていける選手。
足は結構速いが、盗塁はあまり多くない。
守備は動きが良く、スローイングも良い。
守備は即戦力として十分やっていけるだろう。
タイプはやや近いが巨人の長野やロッテの清田のようなバランスの良い即戦力タイプ。
穴は無いものの大きな武器もないところがちょっと残念。
ドラフトでは上位指名もあり得るだろう。
ただ、良くいるタイプの選手ではあるので、プロがどう判断するのか。
4位ぐらいまでには指名されてると思うが、果たして…。

<プロ選手で例える>
大当たり 長野(巨人)、平田(中日)

○○で似た選手 

<覚醒時の打撃成績予想>
.300 20本 15盗塁


<10段階評価>
巧打力:5  可もなく不可もなく
長打力:7  パンチ力あり
走塁力:7  足は速いが盗塁は少なめ
守備力:8  全て高水準
即戦力:7  バランス良くまとまっている
将来性:8  走攻守3拍子揃った選手として期待

更新情報

2016年チーム別選手能力
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

西山秀二(全盛期)

西山秀二(にしやま しゅうじ) 捕手 広島

捕手・内野手(二塁手・三塁手)・外野手(右翼手) 右投右打 南海→広島→巨人
上宮高 高校 ドラフト4位 1986年~2005年

1986年(1年目)(南海)
.--- -本 -打点 -盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
西 山 25 30 45 65 40 35 80 35

1991年(広島)
.279 4本 14打点 1盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
西 山 50 55 57 65 55 45 80 40 35 30 30 40

1993年(広島)
.229 7本 21打点 1盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
西 山 36 41 60 65 80 50 75 55

1996年(広島)
.314 3本 41打点 4盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
西 山 71 59 47 60 75 40 75 70

トータル
1996年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
西 山 71 59 47 60 75 55 75 70 (25) 25 30

通算成績

1986年~2005年
.242 50本 282打点 36盗塁 12盗塁死 出塁率.308 1216試合

タイトル

なし

表彰

ベストナイン2回
ゴールデングラブ賞2回
最優秀バッテリー賞(特別賞)1回

記録

特になし

総評

俊足好守型捕手。
俊足強肩でリードも良く、捕手としての評価が高かった選手。
体格の割に結構俊足で内野や外野も守る。
守備位置は基本的には捕手だが、1991年は右翼手としてスタメンで出場し、二塁手や三塁手としても出場していた。

犠打はそこそこ多く、10以上が5度ある。
盗塁はそこそこあり、盗塁成功率はやや高い。
四球は普通、三振はやや多い、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数はやや少ない。

1990年代は古田など名捕手が多かったが、古田以外で唯一ベストナイン・ゴールデングラブ賞を複数回受賞するなど、守備の評価が高い選手。
1996年には急に打撃が開花し、広島の捕手では規定打席到達者唯一の3割打者である。
1990年代後半からは二番手捕手の瀬戸輝信と長年併用が続く。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

原辰徳(全盛期)

原辰徳(はら たつのり) 内野手(三塁手) 巨人

内野手(三塁手・二塁手・一塁手)・外野手(左翼手) 右投右打 巨人
東海大学付属相模高→東海大 大学 ドラフト1位 1981年~1995年

1981年(1年目)
.268 22本 67打点 6盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
48 53 78 60 50 60 65 45 50

1983年
.302 32本 103打点 9盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
59 64 84 60 60 70 65 50 65

1986年
.283 36本 80打点 7盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
53 58 88 55 55 50 60 45 65

1987年
.307 34本 95打点 7盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
62 67 86 55 60 70 60 45 60

トータル
1987年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
62 67 86 55 60 70 60 40 45 60 40

通算成績

1981年~1995年まで
.279 382本 1093打点 82盗塁 50盗塁死 出塁率.355 1697試合

タイトル

打点王1回

表彰

新人王(1981年)
MVP1回(1983年)
ベストナイン5回
ゴールデングラブ賞2回

記録

特になし

総評

打撃型内野手。
高い打撃力と安定感で長年巨人の4番として君臨していた若大将。
守備位置はプロ入り前は三塁手、入団当初は二塁手、のちに三塁手、1989年~1991年は左翼手、1992年は一塁手、1993年からは三塁手。

犠打は少なく、通算7。
盗塁はあまり多くなく、盗塁成功率はあまり高くない。
四球は普通、三振はやや少ない、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数は普通。
四球数と三振数が近く、選球眼が良い。

愛称は「若大将」。
打撃は安定感があり、毎年3割30本前後を打つ。
1992年まで12年連続100試合以上出場、20本塁打以上を記録するなど怪我にも強く、スランプがほとんどない。
中畑、駒田、岡崎ら一・三塁の選手が多く1989年に左翼手コンバートとなるなど、さまざまな守備位置をこなす。
三塁手としては守備力が高いが、外野守備はあまり上手くなく、打撃成績にも影響が出た為、のちに一塁手に転向。

更新情報
2015/7/17 再査定。

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ジャイアンツ90前 タイガース90前 カープ90前 ドラゴンズ90前 横浜 スワローズ90前
大阪 ロビンス・ホエールズ 国鉄・アトムズ
-パ・リーグ-
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天
ダイエー 阪急 フライヤーズ オリオンズ 西鉄 近鉄
南海

星兼太 外野手(右翼手) 日本文理

星兼太(ほし けんた) 外野手(右翼手)

2015年ドラフト候補 日本文理 高校生
50m走6.4秒 遠投90m 左投左打 177センチ73キロ

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
35 30 45 50 35 45 50 35 40 45

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
35 30 45 50 35 45 50 15 35 40 45

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
36 31 45 50 36 46 50 15 40 41 46

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
75 70 65 45 60 65 45 55 60 55 60


<総評>
巧打型外野手。
打撃は中距離型。
ミート力は結構高く、パワーはそこそこある。
打撃センスが高いことで注目の選手で、甲子園でも活躍している。
1,3,6番打者タイプ。

足はやや遅く、肩はやや弱い。
スローイングは普通、キャッチングはそこそこ良い。
守備範囲は普通。
身体能力は低いが、守備の動きはいい。
ただプロで考えると身体能力が低く、守備に不安あり。

抜群のバッティングセンスで安打・長打を量産する選手。
3割10本をコンスタントに打てそうな中距離の巧打者タイプ。
打撃ではチームの主力になれる選手。
足はあまり速くなく、盗塁も微妙。
プロでは足はマイナスとなりそう。
守備は動きが良く、球際には強いが、身体能力が低い。
足があまり速くなく、守備範囲はそこそこ、肩が良くないので、守備の評価は低くなりそう。
一塁を守れれば起用の幅は広がりそうだが、長距離打者ではないので、一年間一塁というわけにもいかない。
抜群の打撃センスはあるものの、全体的に見るとちょっと物足りない選手。
ドラフトでは下位指名されればという感じ。
高卒でのドラフトというより、大学・社会人で全体的な底上げをして、即戦力として獲得したいところ。

<プロ選手で例える>
大当たり 内川(ソフトバンク)、長谷川(ソフトバンク)、中村(ソフトバンク)、栗山(西武)

○○で似た選手 

<覚醒時の打撃成績予想>
.330 12本 10盗塁


<10段階評価>
巧打力:9  抜群の打撃センス
長打力:6  長打力が高い
走塁力:3  巧打者タイプなのに…
守備力:4  動きはいいが
即戦力:2  打撃に魅力あり
将来性:8  首位打者を狙える

更新情報

2016年チーム別選手能力
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

田中浩康(全盛期)

田中浩康(たなか ひろやす) 内野手(二塁手) ヤクルト

内野手(二塁手・遊撃手・一塁手・三塁手)・外野手(左翼手・右翼手) 右投右打 ヤクルト
尽誠学園高→早稲田大 大学 自由獲得枠 2005年~

2005年(1年目)
.500 0本 0打点 1盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 30 35 45 70 50 50 60 50 40

2007年
.295 5本 51打点 8盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 54 78 53 65 60 65 55 70 55

2010年
.300 4本 54打点 4盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 52 85 49 65 65 85 55 85

2012年
.274 2本 40打点 1盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 52 47 43 65 70 95 55 80

トータル
2010年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 52 85 49 65 65 90 55 45 85 45 55 45 40 45

通算成績

2005年~2014年まで
.274 29本 316打点 28盗塁 20盗塁死 出塁率.339 1082試合

タイトル

なし

表彰

ベストナイン2回
ゴールデングラブ賞1回

記録

特になし

総評

巧打好守型内野手。
高い巧打力と小技・粘りなど打撃力もあり、抜群の守備力を持つ選手。
守備位置はプロ入り前は二塁手→遊撃手、プロ入り後は二塁手一本だったが、2013年の打撃不振により山田にレギュラーを奪われた為、それ以降は内野・外野の複数ポジションを守る。

犠打は非常に多く、最多は61で、年間最多犠打を4回記録。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球はやや多く、三振はやや少ない、出塁率は普通。
併殺打はやや多い。
死球数はやや多い。
四球数と三振数が近く、粘る技術がある。

2007年から2012年まで130試合以上出場するなど、怪我に強く安定感がある。
2013年に極度の打撃不振によりレギュラーはく奪となるが、2014年はやや回復傾向にある。
守備が抜群に巧く、4度刺殺数・補殺数がトップになるなど守備範囲が広く、エラーが非常に少なく、守備率が高い。
2013年には山田が二塁手のレギュラーに定着、2014年オフには日本ハムから大引を獲得するなど、二遊間のレギュラー奪還の壁が非常に厚くなる。
抜群の守備を活かす為にも二塁手田中浩、遊撃手山田の形が作れれば良かったのだが。
打撃や守備はまだ衰えてはいないので、今後のさらなる活躍が期待される。

歴代全盛期 チーム別データ
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天

山足達也 内野手(遊撃手) 大阪桐蔭高→立命館大→Honda鈴鹿

山足達也(やまあし たつや) 内野手(遊撃手・二塁手)・外野手(左翼手)

2017年ドラフト候補 大阪桐蔭高→立命館大→Honda鈴鹿 社会人
50m走 - 秒 遠投 - m 右投右打 174センチ67キロ

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 足 30 35 42 82 35 45 60 45 50 35

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 足 30 35 42 82 35 45 60 45 50 35 30 30

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 足 31 36 42 82 40 46 59 46 35 51 35 30 30

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 足 55 60 55 80 55 70 55 75 55 65 55 55 55


<総評>
俊足好守型内野手。
打撃は巧打・中距離型。
ミート力は普通、パワーはあまり無い。
やや小柄な巧打者。
1,2,7番打者タイプ。

足は非常に速く、肩は普通。
スローイングはやや粗く、グラブ捌きは結構良い。
守備範囲はそこそこ広い。
守備は動きが良く、ダイナミックなプレイをする一方、送球が不安定。
スローイングを考えると元々やっていた二塁手タイプ。

俊足を活かし攻守に活躍する選手。
打撃は二遊間の選手としては十分な打撃力を持つ。
このまま伸びていけば巧打者として期待ができる。
足は速く、積極的な走塁で、盗塁を量産。
走塁は積極的で盗塁数は非常に多い。
守備は動きが良く、グラブ捌きがいい。
プロでも二遊間を任せられる選手だろう。
複数ポジションを守れ、ユーティリティー性もあり、需要は高いだろう。
今のところまだ注目度は低く、ドラフトでは下位や育成で指名されればという感じ。
レギュラーとしても控えとしてもいい存在になれる選手。

<プロ選手で例える>
大当たり 片岡(巨人)、安達(オリックス)
当たり 坂(阪神)、木村昇(広島)

○○で似た選手 

<覚醒時の打撃成績予想>
.300 6本 30盗塁


<10段階評価>
巧打力:5  可もなく不可もなく
長打力:3  ややパワー不足
走塁力:8  盗塁に積極性あり
守備力:7  動きがいい
即戦力:3  守備がいい
将来性:6  やや中途半端になってしまう感あり

更新情報

2016年チーム別選手能力
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

片岡治大(全盛期)

片岡治大(片岡易之)(片岡保幸)(かたおか やすゆき) 内野手(二塁手) 西武

内野手(二塁手・遊撃手) 右投右打 西武→巨人
宇都宮学園高→東京ガス 社会人 ドラフト3位 2005年~
西武:2005年~2013年 巨人:2014年~

2005年(1年目)
.263 4本 16打点 6盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
片 岡 52 40 55 88 40 45 60 50 40 50

2006年
.292 4本 44打点 28盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
片 岡 51 80 51 88 45 55 60 60 40 55

2009年
.260 13本 58打点 51盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
片 岡 45 50 63 85 55 75 55 75 40 55

2010年
.295 13本 54打点 59盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
片 岡 58 58 63 85 55 75 55 75 55

トータル
2010年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
片 岡 58 58 63 85 55 75 55 75 40 55

通算成績

2005年~2014年まで
.269 54本 349打点 295盗塁 85盗塁死 出塁率.316 1063試合

タイトル

盗塁王4回
最多安打1回

表彰

ベストナイン1回

記録

特になし

総評

俊足強打好守型内野手。
抜群の盗塁技術を持つスピードスター。
守備位置はプロ入り前は遊撃手、プロ入り後は二塁手で遊撃手としても出場していて、一年目に三塁手として1試合のみ出場。

犠打は結構多く、最多は35。
盗塁は非常に多く、盗塁成功率は非常に高い。
四球はやや少なく、三振は普通、出塁率はやや低い。
併殺打は普通。
死球数は普通。
四球の割にやや三振の多い選手。
積極傾向の打法で、四球が非常に少なく、出塁率が低い。

愛称は「ヤス」。
本名は「片岡保幸」で、登録名は「片岡易之」→「片岡治大」。
パンチ力ある打撃と高い盗塁能力、守備範囲が広く球際に強い守備が特徴。
数年に一度3割を超え、首位打者争いをするなど、巧打力が高い。
2011年からは度重なる怪我で打撃成績は下降し、盗塁が減少する。
2013年後半から復活し、オフにはFAで巨人へ移籍、人的補償は脇谷亮太。
巨人へ移籍し再び盗塁が増え始める。

歴代全盛期 チーム別データ
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天

宇草孔基 内野手(二塁手) 常総学院高→法政大

宇草孔基(うぐさ こうき) 内野手(二塁手)・外野手(右翼手)

2019年ドラフト候補 常総学院高(茨城)→法政大 大学
50m走6.1秒 遠投110m 右投左打 183センチ71キロ

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 草 35 30 42 68 40 45 70 45 35

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 草 35 30 42 68 40 45 70 45 35

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 草 36 31 42 68 41 46 69 46 40 40 30 30 35

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 草 70 65 55 65 65 70 65 70 55 60 55 55 55


<総評>
俊足巧打型内野手。
打撃は巧打・中距離型。
ミート力は結構あり、パワーはあまり無い。
巧打力が高く、俊足を活かして長打を連発するリードオフマン。
1,2番打者タイプ。

足はそこそこ速く、肩はそこそこ強い。
スローイングは普通、グラブ捌きは結構良い。
守備範囲は普通。
守備は堅実で安定感がある様子。
身体能力を活かすなら遊撃手としても面白い。

俊足で盗塁を量産する万能選手。
積極的な走塁が武器で、2015年春の選抜で52年ぶりに1試合5盗塁を記録。
打撃は巧打力が高く、身長があるので中距離打者として成長する可能性あり。
将来的が高い選手。
走塁は積極的で盗塁数は非常に多い。
守備は内外野をしっかり守れそうなので、ユーティリティー性も高い。
足は速いがプロとして抜群かと言われるとそうではないし、他に飛び抜けたものを持っているわけではない。
しかし、バランス良く高いレベルでまとまっていて、守備の安定感・ユーティリティー性がある。
ドラフト上位ではなさそうだが、下位から這い上がってくるようなタイプである。
レギュラーとしても控えとしてもチームにかかせない存在になれるだろう。

<プロ選手で例える>
大当たり 片岡(巨人)、安達(オリックス)
当たり 坂(阪神)、木村昇(広島)

○○で似た選手 

<覚醒時の打撃成績予想>
.320 6本 30盗塁


<10段階評価>
巧打力:7  巧打力は高い
長打力:4  将来性に期待
走塁力:7  積極性がある
守備力:6  堅実で内外野守れる
即戦力:3  総合力が高い
将来性:8  将来性は高い

更新情報

2016年チーム別選手能力
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

栗山巧(全盛期)

栗山巧(くりやま たくみ) 外野手(左翼手) 西武

外野手(左翼手・中堅手・右翼手) 右投左打 西武
育英高 高校 ドラフト4位 2002年~

2002年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 -試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
栗 山 35 30 45 75 40 30 55 40 40 40

2005年
.297 10本 28打点 1盗塁 84試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
栗 山 69 37 65 75 40 40 55 45 45 50

2008年
.317 11本 72打点 17盗塁 138試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
栗 山 75 51 63 70 55 50 50 70 65 60

2009年
.267 12本 57打点 18盗塁 140試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
栗 山 38 84 64 70 60 70 50 70 75 60

トータル
2008年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
栗 山 75 51 63 70 55 60 50 70 70 60

通算成績

2002年~2014年まで
.292 64本 509打点 79盗塁 30盗塁死 出塁率.380 1217試合

タイトル

最多安打1回

表彰

ベストナイン3回
ゴールデングラブ賞1回

記録

特になし

総評

俊足巧打好守型外野手。
高い打撃力と選球眼が武器の選手。
守備位置は2006年までは右翼手、2007・2008年は左翼手、2009~2011年は中堅手、2012年から左翼手。

犠打はそこそこ多く、最多は22。
盗塁は普通、盗塁成功率はそこそこ高い。
四球は非常に多く、三振は結構多い、出塁率は非常に高い。
併殺打はやや多い。
死球数は普通。
待球傾向の打法で、四球数と三振数がほぼ同じで、粘りながら四球または三振になるケースが多い。

愛称は「クリ」。
打撃は安定感があり、毎年.280~.310あたりを打つ。
数年に一度3割を超え、首位打者争いをするなど、巧打力が高い。
2011年に怪我をするまでは盗塁が多く、中堅手として守備範囲守備も兼ね備えていた。
肩が弱く、捕球後の動きで守備の評価を落としがちだが、捕球するまでは抜群の守備力を誇る。

歴代全盛期 チーム別データ
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天

田中俊太 内野手(二塁手) 東海大→日立製作所

田中俊太(たなか しゅんた) 内野手(二塁手)

2017年ドラフト候補 東海大相模→東海大→日立製作所 社会人
50m走 - 秒 遠投 - m 右投左打 175センチ73キロ

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田 中 35 30 42 68 55 50 50 50 30

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田 中 35 30 42 68 55 50 50 50 30 35

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田 中 36 31 42 68 56 51 49 53 30 35

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田 中 65 60 55 65 75 80 45 75 45 55


<総評>
巧打堅守型内野手。
打撃は巧打・中距離型。
ミートセンスはそこそこあり、パワーはあまり無い。
広角に打ち分け、安定した成績を残せる選手。
1,2,6,7番打者タイプ。

足はそこそこ速く、肩はやや弱い。
スローイングは非常に良く、グラブ捌きは結構良い。
守備範囲は広い。
守備位置としては二塁手一本のようで起用の幅は狭くなるが、二塁守備は非常に巧い。
身体能力は違うが、広島の菊池のような華麗な動きを見せ、さらに安定感のある守備力を合わせ持つ。

打撃・守備共に魅力あふれる選手。
広島の田中広輔内野手の弟。
打撃はコンスタントに安打を量産し、大崩れしない選手。
将来的には3割を打っていける選手。
走塁はこのタイプにしては若干物足りない感じ。
守備は二塁専門というのは起用の幅が狭くマイナスポイントだが、二塁の不動のレギュラーになってしまえば問題ない。
逆にそれができるだけの二塁守備力は持っている。
捕ってから投げるまでは速く、動きが素早い。
守備の動きは非常に良く、ゴールデングラブを取っていける守備力がある。
ドラフトとしては下位指名中心になりそうだが、二塁手不足のチームは3位当たりの指名もありだろう。
元ヤクルトの宮本、巨人の井端のようなタイプの二塁手に育てばそのチームは長年二塁手に困ることは無いだろう。

<プロ選手で例える>
大当たり 鳥谷(阪神)、田中浩(ヤクルト)、田中賢(日本ハム)
当たり ユーティリティー系の選手

○○で似た選手 

<覚醒時の打撃成績予想>
.310 6本 15盗塁


<10段階評価>
巧打力:6  安定感あり
長打力:3  打撃技術はあるので長打も多少は
走塁力:6  そこそこ速い
守備力:8  動きが良くかつ堅守
即戦力:4  穴がなく守備がいい
将来性:7  不動のレギュラーになれる

更新情報

2016年チーム別選手能力
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ