選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ジェラルド・クラーク(全盛期)元ヤクルト 外野手

ジェラルド・クラーク(Jerald Dwayne Clark) 外野手 ヤクルト

外野手(右翼手・中堅手・左翼手)・内野手(一塁手・三塁手) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト12巡目 1994年
サンディエゴ・パドレス:1988年~1992年 コロラド・ロッキーズ:1993年 ヤクルトスワローズ:1994年 ミネソタ・ツインズ:1995年年 ダルース・スペリオル・デュークス:1996年
強打の外野手

1992年(パドレス)
.242 12本 58打点 3盗塁 146試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
J.クラーク 46 62 75 60 60 60 75 35 20 55 40 50

1993年(ロッキーズ)
.282 13本 67打点 9盗塁 140試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
J.クラーク 65 62 76 60 55 35 75 40 20 55 40 50

1994年(ヤクルト)
.293 20本 53打点 3盗塁 99試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
クラーク 56 61 76 55 65 45 70 35 40 65 65 70

1995年(ツインズ)
.339 3本 15打点 3盗塁 36試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
J.クラーク 74 67 63 55 50 55 70 40 30 55 55 50

トータル
1994年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
クラーク 56 61 76 55 65 45 70 35 40 65 65 70

通算成績

1994年(日本のみ)
.293 20本 53打点 3盗塁 2盗塁死 出塁率.354 99試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

打撃型外野手。
高い打撃力で活躍した外野手。
守備位置はメジャーでは主にレフト、日本での1994年はライトで、センター・ファースト・サードでの出場経験もわずかにある。
コンバートは左翼手→右翼手。

犠打は0。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は少なく、三振は普通、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数は非常に多い。
やや早打ち傾向の積極打法で、四球が少ない。

愛称は特になし。
強打の外野手として活躍。
1985年にプロ入りし、1988年にメジャー初出場。
1991年からレギュラーを務め、1993年まで3年連続で二桁本塁打を打つなど活躍。
1994年にヤクルトに入団し、外野のそれぞれのポジションを守りまずまずの打撃成績を残したが、1年で退団。
1995年にメジャー復帰するが、1996年に現役を引退。

主に3番打者として活躍している。
背番号は「34」。
弟は元近鉄のフィル・クラーク

打撃で活躍した助っ人外国人。
四球は少ないが、死球が多い。
守備走塁はまずまずで、日本では中堅手としても多く出場している。
守備範囲は結構広く、失策数・守備率は普通。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

森田一成(全盛期)

森田一成(もりた いっせい) 内野手 阪神

内野手(一塁手・三塁手) 右投左打 阪神
関西高 高校 高校生ドラフト3位 2008年~2014年
阪神タイガース:2008年~2014年
抜群のパワーがあった強打特化の内野手

2008年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 -試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 田 25 20 50 55 25 30 55 25 25

2011年
.250 1本 5打点 0盗塁 20試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 田 43 20 51 50 25 10 40 35 25

2012年
.208 0本 4打点 0盗塁 11試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 田 32 30 50 50 30 45 40 35 20

2013年
.211 0本 2打点 0盗塁 13試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 田 43 15 50 50 30 45 40 35 25

トータル
2011年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 田 43 20 51 50 30 30 40 35 25

通算成績

2008年~2014年
.227 1本 11打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.277 44試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型内野手。
高い打撃力で活躍した内野手。
守備位置はファーストで、二軍ではサードでも出場している。
コンバートは特になし。

犠打は0。
盗塁は0。
四球は普通、三振は結構多い、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数は0。

愛称は「小ブラゼル」、「小バース」。
強打の内野手として活躍。
高校通算25本塁打の強打者として活躍で、ドラフト3位で阪神に入団。
故障もあり2008年オフに育成契約になり、2010年途中に支配下登録に復帰。
2011年は初打席で初本塁打を打ち、20試合に出場。
2013年は二軍で本塁打王と打点王の二冠王になるが、一軍出場は13試合に終わる。
2014年は一軍出場なく、2014年オフに戦力外通告を受け現役を引退。

主に7番打者、6番打者として活躍している。
背番号は64→122→69で、2010年途中からは「69」。

強打が特徴の内野手。
長打力は高いが、一軍では1本塁打のみに終わる。
守備走塁に難がある。
守備範囲は狭く、失策数・守備率は普通。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

ケビン・ユーキリス(全盛期)(元楽天) 一塁手・三塁手

ケビン・エドマンド・ユーキリス(ケビン・ユーキリス)(Kevin Edmund Youkilis ) 一塁手・三塁手 楽天

内野手(一塁手・三塁手・二塁手)・外野手(左翼手・右翼手) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト8巡目 2014年
ボストン・レッドソックス:2004年~2012年 シカゴ・ホワイトソックス:2012年 ニューヨーク・ヤンキース:2013年 東北楽天ゴールデンイーグルス:2014年
ケーシー・マギーに代わる存在として期待されたが…

2008年(レッドソックス)
.312 29本 115打点 3盗塁 145試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.ユーキリス 79 66 91 55 60 65 75 55 30 55 30 30

2009年(レッドソックス)
.305 27本 94打点 7盗塁 136試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.ユーキリス 72 74 91 55 60 75 75 60 55 30 30

2012年(レッドソックス)
.235 19本 60打点 0盗塁 122試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
K.ユーキリス 45 61 84 50 60 55 70 50 50

2014年(楽天)
.215 1本 11打点 0盗塁 21試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ユーキリス 26 49 50 50 50 50 65 50 30

トータル
2014年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ユーキリス 26 49 50 50 50 50 65 50 30

通算成績

2014年(日本のみ)
.215 1本 11打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.342 21試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

ゴールドグラブ賞1回(MLB)
ハンク・アーロン賞1回(MLB)

総評

強打好守型内野手。
高い打撃力と守備力で活躍した内野手。
守備位置はファースト兼サードで、メジャー・マイナーではセカンド・レフト・ライトでの出場経験もある。
コンバートは三塁手→一塁手→三塁手→一塁手。

犠打は0。
盗塁は0。
四球は非常に多く、三振は非常に多い、出塁率は高い。
併殺打は普通。
死球数は普通。
待球傾向の打法で、四球・三振が多い。

愛称は「ユーク」。
強打好守の内野手として活躍。
2001年にプロ入りし、2004年にメジャー初出場。
2006年から2012年までレギュラーを務め、高い打撃力と守備力で活躍し、四球が多いため「四球のギリシャ神」と呼ばれるなどした。
2014年に楽天に入団し、メジャー通算150本塁打などの実績から大きく期待されたが、怪我が多く低打率で全く活躍できず、オフに退団し現役を引退。

主に5番打者として活躍している。
背番号は「20」。

日本では活躍できなかった助っ人外国人。
四球は多いが、三振も多い。
守備走塁はまずまず。
失策数・守備率は普通。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

李杋浩(李机浩)(元ソフトバンク) 三塁手

李杋浩(イ・ボムホ) 内野手 ソフトバンク

内野手(三塁手・一塁手・遊撃手)・指名打者(DH) 右投右打
国籍:韓国 2010年
ハンファ・イーグルス:2000年~2009年 福岡ソフトバンクホークス:2010年 起亜タイガース:2011年~
2015年も主砲として活躍する強打者

2004年(ハンファ)
.308 23本 74打点 6盗塁 133試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
李杋浩 43 48 68 55 40 45 70 45 50

2009年(ハンファ)
.284 25本 79打点 3盗塁 126試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
李杋浩 33 38 70 50 40 45 65 40 45

2010年(ソフトバンク)
.226 4本 8打点 1盗塁 48試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
李杋浩 45 19 56 50 40 50 65 30 35

2015年(起亜)
.270 28本 80打点 3盗塁 138試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
李杋浩 29 34 72 45 40 45 60 35 40

トータル
2010年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
李杋浩 45 19 56 50 40 50 65 30 35

通算成績

2010年(日本のみ)
.226 4本 8打点 1盗塁 0盗塁死 出塁率.294 48試合

タイトル

なし

表彰

ゴールデングラブ賞2回(韓国)
2009ワールド・ベースボール・クラシック優秀選手

記録

特になし

総評

強肩強打型内野手。
高い打撃力で活躍する内野手。
守備位置は2004年までショートで、2005年からはサードで、ファーストでも出場している。
コンバートは不明。

犠打はそこそこあり、2010年は3。
盗塁は少なく、盗塁成功率は100%。
四球は普通、三振はそこそこ多い、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数は普通。

愛称は特になし。
強肩強打の三塁手として活躍。
2004年までは強打の遊撃手で、2005年から三塁手に転向し、2004年から2007年は4年連続最多出場するなど毎年フル出場するような不動のレギュラーだった。
毎年.270 20本程度打つ強打者で金泰均とともに活躍し、2009年オフにFA権を行使し、ソフトバンクに移籍。
2010年は左投手に弱く、スタメン時にあまり活躍できなかったが、代打成績は良かった。
2010年は48試合の出場に終わり、2年契約であったが、1年で退団を申し出て韓国リーグに復帰。
2011年には3割を打ち、2013年は24本塁打、2014年は19本塁打、2015年は28本塁打打つ強打者として活躍している。

主に7番打者、6番打者として活躍している。
背番号は「8」。

代打で活躍した強打の助っ人外国人。
韓国では安定した成績を残すが、日本では低打率に終わった。
韓国では二桁盗塁をしたこともあるが併殺打が多い。
守備範囲は狭く、失策数・守備率は普通。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

マーク・ブロハード(全盛期)元ヤクルト 外野手

マーク・ブロハード(Mark Steven Brouhard) 外野手 ヤクルト

外野手(中堅手・左翼手・右翼手)・内野手(一塁手・三塁手) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト4巡目 1986年~1987年
ミルウォーキー・ブルワーズ:1980年~1985年 ヤクルトスワローズ:1986年~1987年
バットを折ることが多い選手

1982年(ブルワーズ)
.269 4本 10打点 0盗塁 40試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.ブロハード 34 69 67 55 50 55 65 40 20 50 40 55

1983年(ブルワーズ)
.276 7本 23打点 0盗塁 56試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.ブロハード 56 67 72 55 50 60 65 55 40 50

1986年(ヤクルト)
.258 21本 64打点 4盗塁 129試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ブロハード 45 50 76 55 50 70 60 55 65 40

1987年(ヤクルト)
.379 2本 5打点 1盗塁 11試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ブロハード 59 59 59 55 45 65 60 45 55 40

トータル
1986年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ブロハード 45 50 76 55 50 70 60 55 65 40

通算成績

1986年~1987年(日本のみ)
.265 23本 69打点 5盗塁 4盗塁死 出塁率.313 140試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打好守型外野手。
高い打撃力と守備力で活躍した外野手。
守備位置はメジャーではレフト兼ライトで、日本ではセンターで、メジャー・マイナーではファースト・サードでの出場経験もある。
コンバートは右翼手→左翼手→右翼手→中堅手。

犠打は少なく、最多は1。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は少なく、三振はやや多い、出塁率は低い。
併殺打はやや多い。
死球数は普通。
やや早打ち傾向の積極打法で、四球が少ない。

愛称は特になし。
強打好守の外野手として活躍。
1976年にプロ入りし、1980年にメジャー初出場。
メジャーでは準レギュラー級の選手で、毎年50試合前後、200打席前後の選手だった。
1986年にヤクルトに入団し、右の長距離砲として期待されるが、打率.258 21本塁打と微妙な成績だったが、広い守備範囲と高い守備率で中堅守備で貢献。
1987年は11試合で打率.379を残すが、ボブ・ホーナーの入団で外国人枠がレオン・リーとホーナーで埋まってしまい、二軍降格を指示されたことを拒否し退団。
ヤクルト退団後の1987年はマイナーでプレーし、1987年に現役を引退。

主に5番打者、3番打者、1番打者として活躍している。
背番号は「3」。

強打好守の助っ人外国人。
四球は少ないが、三振が多いというやや扇風機タイプの打者。
守備が積極的で、若松勉と激突し若松はその後代打専門へ転身している。
守備範囲は広く、失策数は少なく、守備率は高い。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

森谷昭仁(森谷昭人)(全盛期)

森谷昭仁(森谷昭人)(もりたに あきひと) 外野手 近鉄

外野手(中堅手・左翼手・右翼手)・内野手(二塁手) 右投両打 近鉄→楽天
豊川高 高校 ドラフト3位 1998年~2008年
近鉄バファローズ、大阪近鉄バファローズ:1998年~2004年 東北楽天ゴールデンイーグルス:2005年~2008年
身体能力は高いが牽制に弱いなど走塁面でミスがあった外野手

1998年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 0試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 谷 20 20 45 90 40 35 70 40 45 40

2002年
.226 2本 2打点 6盗塁 42試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 谷 23 49 54 85 40 45 65 45 55 45

2003年
.200 0本 0打点 4盗塁 13試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 谷 22 30 48 85 40 10 65 40 50 40

2006年(楽天)
.227 0本 0打点 5盗塁 24試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 谷 30 38 45 85 40 30 65 40 55 40

トータル
2002年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
森 谷 23 49 54 85 40 45 65 (20) 45 55 45

通算成績

1998年~2008年
.183 2本 3打点 23盗塁 6盗塁死 出塁率.230 133試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

俊足強肩型外野手。
高い身体能力で活躍した外野手。
守備位置は2002年から2006年はセンター、2007年はレフト兼センター、2008年はレフト兼ライト。
コンバートは中堅手→左翼手→右翼手。

犠打は少なく、最多は3。
盗塁はそこそこあり、盗塁成功率は結構高い。
四球は非常に少なく、三振はそこそこ多い、出塁率は低い。
併殺打は0。
死球数は普通。
四球が少なく、三振が多い打者。

愛称は特になし。
俊足強肩の外野手として活躍。
中学時代は投手で、高校で外野手に転向し高校通算34本塁打の強打者としても活躍。
スイッチヒッターで俊足強肩強打と高い身体能力を持っていたため、入団当初から活躍を期待されていた。
2000年から2002年まで二軍で3年連続で盗塁王になり、2002年は一軍で42試合に出場し2本塁打を打つ。
その後は走塁面でのミスが多く出場機会は多くなかった。
2004年オフの分配ドラフトで楽天に移籍。
2006年・2007年は守備などで起用されるが、打撃は良くならなかった。
2008年に現役を引退。

主に1番打者、9番打者、8番打者として活躍している。
背番号は31→00で、1999年からは「00」。
登録名は1998年から2001年、2005年から2008年は「森谷昭仁」、2002年から2004年は「森谷昭人」。
父は元巨人の森谷昭内野手。

俊足強肩の外野手。
まずまずの長打力はあるが、打率が低く四球が少ないため出塁率が低い。
俊足で盗塁成功率が高い。
守備範囲はそこそこ広く、失策数は多く、守備率は低い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

内匠政博(全盛期)

内匠政博(たくみ まさひろ) 外野手 近鉄

外野手(中堅手・右翼手・左翼手) 左投左打 近鉄
PL学園高→近畿大→日本生命 社会人 ドラフト3位 1993年~2002年
近鉄バファローズ、大阪近鉄バファローズ:1993年~2002年
俊足好守の外野手

1993年(1年目)
.255 1本 12打点 10盗塁 86試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
内 匠 46 41 43 75 50 40 65 55 55 45

1994年
.243 2本 20打点 17盗塁 110試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
内 匠 42 37 45 75 50 60 65 50 65 60

1995年
.277 2本 17打点 12盗塁 109試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
内 匠 53 48 45 75 60 75 65 65 65 70

1996年
.241 5本 16打点 6盗塁 59試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
内 匠 41 36 59 70 55 70 60 45 60 55

トータル
1995年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
内 匠 53 48 45 75 60 75 65 65 65 70

通算成績

1993年~2002年
.253 10本 70打点 49盗塁 26盗塁死 出塁率.325 433試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

俊足好守型外野手。
俊足と広い守備範囲の守備力で活躍した外野手。
守備位置は1993年はレフト兼センター、1994年はセンター、1995年はライト、1996年はセンター、2000年はレフト。
コンバートは外野で年度ごとに違うポジションを守る。

犠打はそこそこあり、最多は10。
盗塁はそこそこ多く、盗塁成功率はやや低い(1995年はそこそこ高い)。
四球は普通、三振はやや少ない、出塁率は普通。
併殺打は非常に少ない。
死球数は普通。
三振がやや少ない打者。

愛称は特になし。
俊足好守の外野手として活躍。
高校では清原和博、桑田真澄、松山秀明、今久留主成幸などと同期で、1番中堅手として活躍。
1年目の1993年は86試合に出場し、即戦力として活躍。
1994年・1995年はレギュラー級として出場するが、1996年は左翼手にタフィ・ローズ、中堅手に中根仁や大村直之、右翼手に鈴木貴久がいて層が厚く、59試合の出場に終わる。
1997年から1999年はほとんど出場がなく、2000年に控えではあるが52試合に出場する。
2001年・2002年は一軍出場がなく、2002年に現役を引退。

引退後はオリックスのコーチやスカウトを務めている。

主に2番打者、1番打者、7番打者として活躍している。
背番号は9→37で、1999年までは「9」。

俊足好守の外野手。
まずまずの巧打力があり、三振が少ない。
三塁打や盗塁が多く、併殺打が非常に少ない。
守備範囲は結構広く、失策数は少なく、守備率は高い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

バンボ・リベラ(元近鉄) 外野手

バンボ・リベラ(Jesus Manuel "Bombo" Rivera Torres) 外野手 近鉄

外野手(中堅手・右翼手・左翼手)・内野手(三塁手・一塁手)・捕手・指名打者(DH) 右投右打
出身地:プエルトリコ 1985年~1986年
モントリオール・エクスポズ:1975年~1976年 ミネソタ・ツインズ:1978年~1980年 カンザスシティ・ロイヤルズ:1982年 近鉄バファローズ:1985年~1986年
中堅手を務めた強打の外野手

1978年(ツインズ)
.271 3本 23打点 5盗塁 101試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
B.リベラ 59 60 59 60 50 50 70 25 15 35 55 50 60

1979年(ツインズ)
.281 2本 31打点 5盗塁 112試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
B.リベラ 50 69 55 60 70 55 70 60 50 55

1985年(近鉄)
.244 31本 69打点 8盗塁 117試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
バンボ 40 45 86 55 45 45 60 40 60 50

1986年(近鉄)
.228 6本 17打点 0盗塁 41試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
バンボ 36 41 62 50 60 30 60 35 45 55

トータル
1985年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
バンボ 40 45 86 55 45 45 60 40 60 50

通算成績

1985年~1986年(日本のみ)
.240 37本 86打点 8盗塁 4盗塁死 出塁率.316 158試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型外野手。
高い長打力で活躍した外野手。
守備位置はメジャーではレフト兼ライト、日本での1985年はセンター、1986年はライトで、マイナーではキャッチャー・ファースト・サードでの出場経験もある。
コンバートは外野手→三塁手→外野手→中堅手→右翼手。

犠打は0。
盗塁はそこそこあり、盗塁成功率はやや低い。
四球はやや多く、三振は結構多い、出塁率は普通。
併殺打は結構多い。
死球数は少ない。
やや待球傾向の打法で、三振が多い。

愛称は特になし。
強打の外野手として活躍。
1970年にプロ入りし、1975年にメジャー初出場。
1976年から1979年まで準レギュラー級の選手として出場。
1985年に近鉄に入団し、31本塁打打つ強打者として活躍。
1986年は成績を落とし、6月に退団。

主に7番打者、6番打者、3番打者として活躍している。
背番号は「6」。

強打で活躍した助っ人外国人。
長打力は高いが、三振が多い。
まずまずの盗塁がある。
守備範囲は普通で、失策数はやや多く、守備率はやや低い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

フランク・オーテンジオ(王天上)(全盛期)元南海 外野手

フランク・オーテンジオ(Frank Joseph Ortenzio Jr.) 外野手 南海

外野手(右翼手)・内野手(一塁手)・指名打者(DH) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト47巡目 1979年~1980年
カンザスシティ・ロイヤルズ:1973年 南海ホークス:1979年~1980年
王貞治を全く超えることができなかった選手

1973年(ロイヤルズ)
.280 1本 6打点 0盗塁 9試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
F.オーテンジオ 55 50 65 50 40 30 70 40 40 40 40

1979年(南海)
.248 23本 56打点 2盗塁 113試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
王天上 41 46 79 55 55 20 65 30 55

1980年(南海)
.257 7本 14打点 0盗塁 36試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
王天上 44 49 67 55 60 50 65 30 55

トータル
1979年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
王天上 41 46 79 55 55 25 65 30 55

通算成績

1979年~1980年(日本のみ)
.250 30本 70打点 2盗塁 2盗塁死 出塁率.312 150試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型内外野手。
高い打撃力で活躍した内外野手。
守備位置はメジャー・マイナーでは主にファースト、日本ではライト。
コンバートは一塁手→右翼手。

犠打は0。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は普通、三振は結構多い、出塁率は普通。
併殺打は少ない。
死球数は普通。
三振が多い打者。

愛称は「ムース」。
強打の内外野手として活躍。
1969年にプロ入りし、1973年にメジャー初出場。
メジャー経験は9試合のみで、ほとんど活躍できなかった。
1977年に3Aで本塁打王・打点王の二冠王になりMVPに輝いた。
1979年にカルロス・メイとともに南海に入団し、登録名は王貞治の上を行ってほしいとという球団の意向で「王天上」になる。
1979年は23本塁打を打つ長打力を見せるが、打率は.248に終わる。
1980年は出場数が減少し、36試合で7本塁打を打つが、7月に任意引退選手となる。

主に4番打者、5番打者、7番打者として活躍している。
背番号は「42」。
日本での登録名は「王天上(おうてんじょう)」。

大きな体格の強打者として活躍した助っ人外国人。
長打力は高いが、三振が多い。
三塁打は0で盗塁が少ないが、併殺打は少ない。
守備範囲は普通で、失策数は多く、守備率は低い。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

星野おさむ(星野修)(全盛期)

星野おさむ(星野修)(ほしの おさむ) 内野手 近鉄

内野手(三塁手・二塁手・遊撃手・一塁手) 右投左打 阪神→近鉄→楽天
埼玉県立福岡高 高校 ドラフト外 1989年~2005年
阪神タイガース:1989年~2001年 大阪近鉄バファローズ:2002年~2004年 東北楽天ゴールデンイーグルス:2005年
2003年に大活躍した内野手

1989年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 0試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
星 野 25 20 45 70 30 25 70 40

1995年
.339 2本 12打点 3盗塁 67試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
星 野 64 59 49 65 40 30 65 45 45 30 50

1997年
.252 2本 23打点 5盗塁 117試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
星 野 49 24 45 65 40 45 65 40 45 60 55

1999年
.276 2本 19打点 4盗塁 89試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
星 野 51 59 48 60 50 65 60 30 55 55 45

2003年(近鉄)
.274 12本 51打点 10盗塁 111試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
星 野 52 33 67 60 40 45 60 35 60 55 55

トータル
2003年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
星 野 52 33 67 60 40 45 60 40 60 55 55

通算成績

1989年~2005年
.252 24本 155打点 27盗塁 15盗塁死 出塁率.318 738試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

バランス型内野手。
高い打撃力と俊足で活躍した内野手。
守備位置は1993年はショート兼サード、1995年はファースト兼ショート、1996年はセカンド、1997年から1999年はサード、2000年はセカンド、2001年はファースト、2002年はセカンド兼ショート、2003年はセカンド、2004年・2005年はサード兼セカンド。
コンバートは毎年内野でさまざまなポジションを守る。

犠打は少なく、最多は5。
盗塁はそこそこあり、盗塁成功率は低い(2003年は非常に高い)。
四球は普通、三振は普通、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数は普通。

愛称は特になし。
バランス型の内野手として活躍。
5年目の1993年に一軍初出場し、1995年から一軍出場が増え、1995年は127打数ではあるが打率.339と高打率を残す。
1997年は三塁手や遊撃手で自己最多の117試合に出場。
1998年からは打撃不振で出場数が減少していく。
2001年に戦力外通告を受け、近鉄に移籍。
2003年に二塁手や三塁手で111試合に出場し、12本塁打打つ活躍。
2004年オフに分配ドラフトで楽天に移籍。
2005年に戦力外通告を受け、現役を引退。

引退後は楽天のコーチや四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツの監督やBCリーグの武蔵ヒートベアーズの監督を務めている。

主に2番打者、8番打者、7番打者として活躍している。
背番号は68→12→62→41で、2002年から2004年は「62」。
登録名は2001年までは「星野修」、2002年からは「星野おさむ」。

晩年に大活躍した内野手。
2003年以外は最多本塁打が2本だったが、2003年に12本塁打打っている。
2003年に盗塁数が急に増え、盗塁成功率が急上昇。
守備範囲は普通で、失策数はやや多く、守備率はやや低い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ