選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

前野幹博 内野手(三塁手) PL学園高→ヤマハ

前野幹博(まえの よしひろ) 内野手

2017年ドラフト候補 PL学園高→ヤマハ 社会人(2014年4月高校卒) 出身:兵庫県
50m走 - 秒 遠投 - m 高校通算20本塁打 一塁到達 - 秒 二塁送球 - 秒 最速 - キロ
内野手(三塁手・一塁手)・外野手(左翼手) 右投左打 185センチ83キロ
体格良い強打者

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
前 野 30 25 50 53 40 30 60 30 35 25

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
前 野 30 25 50 53 40 30 60 30 35 25

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
前 野 31 26 50 53 41 31 59 30 36 25

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
前 野 55 50 75 50 55 45 55 45 45 45

総評

強打型内野手。
打撃は中・長距離型。
ミート力はあまりなく、パワーは結構ある。
飛距離が出ることもあるが、本塁打はあまり多くない。
5,6番打者タイプ。

足はやや遅く、肩は普通。
スローイングは普通、グラブ捌きはやや粗い。
守備範囲はやや狭い。
高校時代は投手や左翼手や一塁手なども務め、現在は三塁手。

プロ入りしたことを想定すると、強打型の内野手という感じ。
長打力はあるが、ミート力の問題で打撃でも苦労するかもしれない。
守備走塁はあまり良くないので、本塁打量産を期待したい。

ドラフトでは現時点では指名漏れとなりそうな選手。
打率があまり高くないことや守備の問題を考えると育成指名があればという感じ。
今後の活躍に期待。

プロ選手で例える

大当たり 不明

○○で似た選手 

覚醒時の打撃成績予想

.280 20本 5盗塁

10段階評価

管理人の評価
レーダーチャート
巧打力:3  打率はあまり高くない
長打力:8  飛距離はあるが本塁打は少ない
走塁力:4  やや遅い
守備力:3  守備はあまりよくない
即戦力:2  あまり即戦力タイプではない
将来性:5  打率が上がればという感じ

みなさんの評価
レーダーチャート
巧打力:- 
長打力:- 
走塁力:- 
守備力:- 
即戦力:- 
将来性:- 
評価はそれぞれ1~10
『巧打、長打、走塁、守備』 2:プロのチームワースト級、5:プロ標準、9:将来的にタイトル級
『即戦力』 1:高校標準、2:大学標準、5:一年目からまずまず使える、9:新人王候補
『将来性』 5:ドラフト候補標準、8:レギュラー級、10:球界の顔
※全て0、全て10などの評価は除外対象とします

当ブログの仮想ドラフト順位
ドラフト2017仮想ドラフト第3回(2017年9月開催)では6位指名
ドラフト2017仮想ドラフト第2回(2017年4月開催)では6位指名
指名者コメント
恵まれた体格を生かして遠くへ飛ばすことのできる選手。
まだまだ確実性はありませんが長打力は間違いないので期待大です。(巨人)

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

加嶋宏毅 投手(左投) 慶應志木高→慶應義塾大→東芝

加嶋宏毅(かじま こうき) 投手

2017年ドラフト候補 慶應志木高→慶應義塾大→東芝 社会人(2016年春大学卒) 出身:東京都
最速140キロ前後 左投左打 178センチ78キロ
変化球や制球力で勝負する技巧派左腕

基本能力(ドラフト前)
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
加 嶋 140 50 50 ストレート
スライダー3
カーブ3
シュート1

覚醒能力(ドラフト前)
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
加 嶋 145 65 65 ストレート
スライダー4
カーブ4
シュート2

総評

変化球や制球力で勝負する技巧派左腕。
大学2年時にノーヒットノーランを達成。

最高球速は140キロ前後、平均球速は130キロ台。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・シュートなど。
得意球・決め球は変化球全般。
制球力・コントロールは結構良い。
奪三振率は低い。
打たせて取るピッチング。

投球フォームはスリークォーター。
フィールディングは普通。

ドラフトでは指名漏れが予想される。
大学での実績がまずまずあるので、指名される可能性はある。
即戦力として下位で指名されるかもしれない。

プロ選手で例える

技巧派左腕:不明

10段階評価(0~10)

管理人の評価
レーダーチャート
速球力:3  スピードなくあまり得意としていない
変化球:6  変化球で勝負するタイプ
制球力:8  与四球がかなり少ない
守備力:5  特になし
即戦力:3  リリーフでならある程度即戦力
将来性:7  技巧派タイプなので長年活躍する可能性はある
(横幅調整の為、「力」を加え3文字にしています)

みなさんの評価
レーダーチャート
速球力:- 
変化球:- 
制球力:- 
守備力:- 
即戦力:- 
将来性:- 
(横幅調整の為、「力」を加え3文字にしています)
評価はそれぞれ1~10
『速球、変化、制球、守備』 2:プロのチームワースト級、5:プロ標準、9:将来的にタイトル級
『即戦力』 1:高校標準、2:大学標準、5:一年目からまずまず使える、9:新人王候補
『将来性』 5:ドラフト候補標準、8:レギュラー級、10:球界の顔
※全て0、全て10などの評価は除外対象とします

当ブログの仮想ドラフト順位
ドラフト2017仮想ドラフト第2回(2017年4月開催)では5位指名
指名者コメント
加嶋選手は今季伸びてきそうな左腕。昨日の四国大会では、シャットアウトも記録。(DeNA)

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。10段階評価も受け付けています。
(個人的な評価で全然構いません。みなさんの査定のおおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

プロ野球日誌始めました ~今日はヤクルト大村孟とDeNA百瀬大騎~

プロ野球日誌始めました

野球で気になったことについて適当に書いて残していこうと思っています。
基本的には野手の事で、新人や若手が新しいポジションを守ったことからどういう育成をしているのか、将来的にはどんな感じになるのかなどを妄想していきたいと思います。
最近新しい記事をあまり増やせなくなってきたので、プロ野球日誌は5分、10分程度でサラサラっと作っていく予定です。
何かあった時に作るものなので、毎日作るかも分かりませんし、今日で終わるかもしれません。
そんなゆる~いものがなんとなく始まりました。

今日気になったのはヤクルトの大村孟捕手とDeNAの百瀬大騎内野手。
二人とも二軍の話ですが、まずは大村孟選手から。

大村孟(おおむら・はじめ) 二軍で一塁守備につく

まずは大村孟選手について。
東筑高→福岡教育大→九州三菱自動車→BCリーグ石川ミリオンスターズという経歴の新人24歳。
強肩捕手でスローイングなどの守備が武器の捕手。
身長は170センチ程度で、小柄で打撃に苦労しそうなタイプ。
そんな大村選手が4月16日の二軍戦で一塁守備につきました。

ヤクルトの二軍は去年は内野手不足で内野経験がほとんどない外野手が急造内野手として出場するなど大変な状況でした。
大村選手の場合はそれとは違うわけですが、捕手が一塁手もやることが多いヤクルトということで早速一塁始めました。
西田捕手が強打を活かして一塁手としてスタメン出場していましたが、大村選手の場合は守備固めではない守備要員的な意味合いがあるかもしれません。
畠山選手が外国人選手(今年で言えばグリーン選手)などに代走が出されるなどして一塁手が不在になった時に守れたら便利的な感じでしょうか。
捕手が3人いて控えがいるならこんな起用法もアリ的な。
とても一塁手でやっていくようなタイプではないので、そんな感じなんだと思います。
まあ、捕手限定よりもいいことでしょう。
二軍では勝敗よりもどう育成していくかが大事。
二軍で一塁手として起用できるなら捕手を二人使えるわけで、一人は捕手経験を増やし、一人は打撃経験を増やす。
ベテランが一塁手をやるよりよっぽど有意義でしょう。
今後もたまに一塁をやっていくかもしれませんね。

百瀬大騎(ももせ・ひろき) 二軍で右翼守備につく

次は百瀬大騎選手について。
松本一高出身の3年目20歳。
俊足が武器の細身の内野手。
打撃はまだまだだが俊足とそれを活かした広い守備範囲の守備が特徴。
基本は遊撃手で3年目なので二塁手や三塁手のほか一塁手も務める内野手だったが、二軍で4月15日は中堅手、4月16日は右翼手として出場。

単純に足が速いので、二遊間を守れたら守備貢献度の高い選手として期待できる選手です。
足が速いからこそ外野でもそれが活きるわけです。
これでたぶんレフト以外の守備経験があるので、内外野守れるユーティリティープレイヤーが一旦完成しました。
まだまだ一軍という感じではないので、二軍でいろんなポジションを守って経験を積みながら打撃を上げていく感じでしょうか。
二軍では怪我人などでポジション不足が出た時などに重宝し、一軍昇格時には緊急時用にいろいろ守れるのはいいことだと思います。
新人で松尾選手や狩野選手という遊撃手が入ってきたことも影響してますね。
松尾選手はとりあえず遊撃手で固定していくんでしょうし、狩野選手も内野守備がいいので、三塁や二塁を守っていくでしょう。
その間は百瀬選手はその他のポジションでアピールしていくしかないですね。
まだまだ将来像の見えない段階ですが、個人的には広い守備範囲の二塁手として大成してほしい選手です。
日本ハムの中島選手のような長打が無くても一流としてやっていけるような選手になってほしいです。

今日はここまで

新しいポジションを守った発見が出来たのはこの2選手のみでした。
今後もこういう選手がいたらいろいろ考えていきたいと思います。
第1回ということもあり5分、10分で終わらせる予定が20分ほどかかってしまいました。
次からはもっとサクっといきます。

高橋直樹(元日本ハム) 投手

高橋直樹(たかはし なおき) 投手 日本ハム

投手 右投右打 東映・日拓・日本ハム→広島→西武→巨人
大分県立津久見高→早稲田大→日本鋼管 社会人 ドラフト3位 1968年~1986年
東映フライヤーズ、日拓ホームフライヤーズ、日本ハムファイターズ:1968年~1980年 広島東洋カープ:1981年~1982年 西武ライオンズ:1982年~1985年 読売ジャイアンツ:1986年

1979年
2.76 20勝 11敗 4セーブ -ホールド 37試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
高橋直 - - - -

1983年(西武)
3.03 13勝 3敗 0セーブ -ホールド 25試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
高橋直 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
高橋直 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

1968年~1986年
3.32 169勝 158敗 13セーブ -ホールド 493試合

タイトル、表彰、その他記録

最高勝率1回

総評

最高球速(最速)は - キロ、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・シンカー・シュートなど。
得意球・決め球はシンカー。
制球力・コントロールは非常に良い。
奪三振率は低い。

投球フォームはアンダースローからサイド気味のアンダースローに転向。
フィールディングは普通。
背番号は14→21→16→17→19で、1969年から1980年は「21」。
愛称は特になし。

2年目の1969年に41試合に登板し13勝を挙げる。
1975年から1977年まで3年連続で二桁勝利を挙げる。
1979年は自己最多の20勝を挙げ、1980年は10勝を挙げる。
エースとして活躍していたが、1981年に江夏豊との大物同士の交換トレードで広島に移籍し話題に。
広島では全く活躍できず、1982年途中に「高橋直樹」⇔「古沢憲司・大原徹也」の交換トレードで西武に移籍。
1983年は13勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得。
1985年オフにトレードで巨人に移籍。
1986年に現役を引退。

引退後は解説者や横浜、ロイヤルズのコーチ、流通経済大のコーチを務めている。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

山田健太 内野手(二塁手・三塁手) 大阪桐蔭高

山田健太(やまだ けんた) 内野手

2018年ドラフト候補 大阪桐蔭高 高校 出身:愛知県
50m走 - 秒 遠投 - m 高校通算 - 本塁打 一塁到達 - 秒 二塁送球 - 秒 最速 - キロ
内野手(二塁手・三塁手) 右投右打 183センチ85キロ
2017年春のセンバツ高打率を残す強打者

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 田 25 30 50 50 35 30 60 40 30

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 田 25 30 50 50 35 30 60 40 30

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 田 25 30 50 50 35 30 60 40 30

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
山 田 60 65 75 45 55 60 55 50 50 55 50

総評

打撃型内野手。
打撃は中・長距離型。
ミート力はそこそこあり、パワーは結構ある。
高打率を残す強打者。
5,6番打者タイプ。

足はやや遅く、肩は普通。
スローイングは不明、グラブ捌きは不明。
守備範囲は不明。
守備走塁の情報はあまりない。

OBに西武の中村剛也内野手、日本ハムの中田翔内野手、中日の平田良介外野手、阪神の藤浪晋太郎投手、日本ハムの高山優希投手など。
1学年上に徳山壮磨投手、香川麗爾投手、山本ダンテ武蔵外野手、岩本久重捕手など。
同期に根尾昂投手、横川凱投手、藤原恭大外野手など。

プロ入りしたことを想定すると、打撃型の内野手という感じ。
打撃を武器とした選手になりそうで、守備走塁には不安ありというタイプ。
今後の成長に期待。

ドラフトでは現時点では下位指名または指名漏れとなりそうな選手。
打撃はいいが守備走塁を考えると上位は難しそう。
今後の活躍に期待。

プロ選手で例える

大当たり 新井貴浩(広島)

○○で似た選手 

覚醒時の打撃成績予想

.300 20本 5盗塁

10段階評価

管理人の評価
レーダーチャート
巧打力:6  高打率を残す
長打力:8  長打力あり
走塁力:3  やや遅い
守備力:4  不明
即戦力:1  即戦力タイプではない
将来性:7  打撃は期待できる

みなさんの評価
レーダーチャート
巧打力:- 
長打力:- 
走塁力:- 
守備力:- 
即戦力:- 
将来性:- 
評価はそれぞれ1~10
『巧打、長打、走塁、守備』 2:プロのチームワースト級、5:プロ標準、9:将来的にタイトル級
『即戦力』 1:高校標準、2:大学標準、5:一年目からまずまず使える、9:新人王候補
『将来性』 5:ドラフト候補標準、8:レギュラー級、10:球界の顔
※全て0、全て10などの評価は除外対象とします

当ブログの仮想ドラフト順位
ドラフト2018仮想ドラフト第2回(2018年4月開催)では7位指名
指名者コメント
長打力のあるクラッチヒッター。中村剛也の後継として。(第2回西武)

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

橘内俊治 内野手(二塁手) 早稲田実業高

橘内俊治(きつない しゅんじ) 内野手

2017年ドラフト候補 早稲田実業高 高校 出身: - 県
50m走 - 秒 遠投 - m 高校通算 - 本塁打 一塁到達 - 秒 二塁送球 - 秒 最速 - キロ
内野手(二塁手) 右投右打 178センチ75キロ
高打率を残す巧打者

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
橘 内 25 30 42 55 35 30 55 40

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
橘 内 25 30 42 55 35 30 55 40

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
橘 内 26 31 42 55 36 31 55 41 35 35

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
橘 内 60 65 55 50 60 65 50 50 60 55 55

総評

巧打型内野手。
打撃は - 型。
ミート力は結構あり、パワーは不明。
高打率を残す巧打者。
-番打者タイプ。

足は不明、肩は不明。
スローイングは不明、グラブ捌きは不明。
守備範囲は不明。
守備走塁の情報はあまりない。

同期に清宮幸太郎内野手、服部雅生投手など。
一学年下に野村大樹内野手など。

プロ入りしたことを想定すると、-型の内野手という感じ。
あまり情報がなく、どんなタイプの選手か良く分からない。
今後の成長に期待。

ドラフトでは現時点では指名漏れとなりそうな選手。
あまり情報がなく、評価が聞こえてこない。
今後の活躍に期待。

プロ選手で例える

大当たり 不明

○○で似た選手 

覚醒時の打撃成績予想

.--- -本 -盗塁

10段階評価

管理人の評価
レーダーチャート
巧打力:7  巧打力は高い
長打力:3  不明
走塁力:4  不明
守備力:4  不明
即戦力:1  即戦力タイプではない
将来性:5  今後の活躍に期待

みなさんの評価
レーダーチャート
巧打力:- 
長打力:- 
走塁力:- 
守備力:- 
即戦力:- 
将来性:- 
評価はそれぞれ1~10
『巧打、長打、走塁、守備』 2:プロのチームワースト級、5:プロ標準、9:将来的にタイトル級
『即戦力』 1:高校標準、2:大学標準、5:一年目からまずまず使える、9:新人王候補
『将来性』 5:ドラフト候補標準、8:レギュラー級、10:球界の顔
※全て0、全て10などの評価は除外対象とします

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

ロエル・サントス(元ロッテ) 外野手

ロエル・サントス(Roel Santos) 外野手

2017年 ロッテ新外国人 29歳 左投左打 175センチ 78キロ 背番号- 推定年俸約2200万円
外野手(中堅手・左翼手・右翼手) 国籍:キューバ
キューバリーグ:2008年~ 米独立リーグ:2016年 千葉ロッテマリーンズ:2017年
走り打ちの俊足好守の外野手

2015年(キューバリーグ)
.286 4本 31打点 29盗塁 87試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.サントス 36 31 50 80 45 35 85 55 70 40

2016年(米独立リーグ)
.301 1本 34打点 23盗塁 78試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.サントス 51 46 42 80 40 15 85 60 70 45

入団前(予測打撃成績 打率.240 4本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
サントス 40 35 50 80 40 25 85 60 70 45

ハズレ(予測打撃成績 打率.100 0本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
サントス 20 15 45 80 40 15 80 55 70 45

標準(予測打撃成績 打率.250 4本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
サントス 45 40 50 80 40 30 85 60 70 45

大当たり(予測打撃成績 打率.300 12本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
サントス 60 55 65 80 50 50 85 65 80 65

総評

俊足好守型外野手。
打撃は巧打・中距離型。
ミート力は普通、パワーはあまりない。
キューバでの通算打率は3割を超えるが、本塁打は少ない巧打者。
内野安打を狙う「走り打ち」をする選手。

足は結構速く、肩は結構強い。
スローイングは普通、キャッチングは粗い。
守備範囲は結構広い。
センター中心の選手で、俊足強肩で広い守備範囲を持つが、動きは猪突猛進な感じでやや危なっかしさがある選手。
エラーはやや多く、守備率はやや低い。

キューバリーグでは3割を打つことが多い巧打者。
2014年に6本塁打打ったのが最高で、パワーはあまりない。
2016年は米独立リーグで3割を打っているが、リーグを考えると微妙な成績で、打撃はあまり期待できない。

走塁に関してはかなり期待できる。
2008年から2016年まで100盗塁以上していて、三塁打も多い選手。
盗塁成功率は普通程度なので、日本では成功率が低くなるかもしれないが、走塁では期待できそう。

守備に関しては主に中堅手として出場している。
2010年はレフトだが、その他のとしてはほぼセンター専門。
守備機会が多く、補殺も多い選手で、強肩や広い守備範囲を持つ守備力高い選手。
失策数は多く守備率が低い選手で、打球の追い方はとにかく全力で追いかけるという感じで危なっかしい。
ロッテでもセンターを任せられそうだが、他の外野手と激突しないかヒヤヒヤしそうな選手。

2017年第4回WBCキューバ代表で1番打者を務めた走り打ちでお馴染みの外野手。
打撃は日本ではあまり通用しないかもしれないが、守備走塁で期待したい選手。
俊足の1番打者タイプは多いが、打率や出塁率が高くない選手が多く、外国人打者のハラデスやダフィーが不振ということもあり調査に乗り出している。
このタイプの外国人を獲るなら日本人選手を育てた方が無難だと思われるので、獲得見送りになった方がいいのかもしれない。

2017年5月に入団が決定する。
2017年オフに退団。

過去の似たタイプの外国人助っ人

モーガン(元DeNA)

過去の似たタイプの外国人助っ人(ロッテ)

不明

打撃成績予想

.250 4本(標準)
.100 0本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.300 12本 40盗塁

2017年シーズン予想

.250 2本 200打席

守備走塁は面白いが、打撃はかなり厳しいものになりそう。
そもそも起用するメリットがあるのか良く分からない。

打撃はあまりいい選手ではなく、内野安打で打率を稼ぐタイプ。
俊足を生かして守備走塁ではある程度活躍できそう。
外国人枠を使ってまで起用するタイプではないので、外国人枠が余ったら起用してもいいのかもしれない。

2017年シーズン結果

.250 3本 193打席

予想通りの成績でした。
走り打ちとプルヒッターを使い分ける選手で、結構面白い選手でした。
思ってたほど守備成績は良くなく、ロッテの他の外野手とあまり変わらない印象でした。
ロッテに欲しいのはやはり強打者でペーニャタイプの選手がもっと必要なのかと。
一・三塁手の強打者の誕生が待ち遠しいです。

10段階評価

巧打:3  ミート技術は厳しそう
長打:3  本塁打は少ない
走塁:8  俊足だが技術は微妙
守備:7  守備範囲は広いがエラーが多い

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日 メジャー日本人
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

リバン・モイネロ(ソフトバンク新外国人) 投手

リバン・モイネロ(Livan Moinelo) 投手

2017年ソフトバンク新外国人 左投左打 178センチ69キロ 21歳 背番号143 推定年俸:約1000万円 国籍:キューバ
キューバリーグ:2013年~ 福岡ソフトバンクホークス:2016年~
WBCで代表に選ばれたキューバの若手リリーフ左腕

2016年(キューバリーグ)
3.19 9勝 7敗 3セーブ 20試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
モイネロ 148 55 50 ストレート
カットボール2
ドロップカーブ5
チェンジアップ3
縦スライダー2

2017年(ソフトバンク)
2.52 4勝 3敗 1セーブ 15ホールド 34試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
モイネロ 152 50 65 ストレート
高速スライダー2
ドロップカーブ2
チェンジアップ5

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
モイネロ 155 60 70 ストレート
カットボール3
ドロップカーブ6
チェンジアップ4
縦スライダー3

総評

最高球速(最速)は156キロ(2019年6月)、平均球速は140キロ台。
変化球・球種はストレート・カットボール・カーブ・チェンジアップ・縦のスライダーなど。
得意球・決め球はカーブ。
制球力・コントロールはやや悪い。
奪三振率はそこそこ高い。
投球フォームはスリークォーター。

キューバリーグでプレーする若手左腕。
2014年に1試合先発した以外はリリーフで登板。
防御率は通算で3点台中盤でキューバリーグの中でまずまずの成績。
与四球はやや多く、奪三振率はそこそこ高いという投手。
キューバリーグでプレーし、マイナーでの経験がないため球種ごとの情報は不明。

2017年第4回WBCキューバ代表に選ばれた投手。
若手のリリーフ左腕で、即戦力というよりは将来性に期待の素材型。
育成契約もアリの数年育てて戦力になればというタイプで、数年後活躍できればという選手。

2017年5月に練習試合で自己最速の151キロを投げる。
2017年6月に支配下登録される。
2019年6月に自己最速の156キロを投げる。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:5  スピードはまずまず
変化球:7  カーブ系の変化が大きい
制球力:3  与四球がやや多い
守備力:4  不明
総合力:4  実績的にはまだまだ
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報

オスカー・コラス(ソフトバンク新外国人) 一塁手・投手

オスカー・コラス(オスカル・コラス)(Oscar Luis Colas Leon) 一塁手・投手

2017年 ソフトバンク新外国人 18歳 左投左打 186センチ95キロ 推定年俸約1000万円 背番号144
内野手(一塁手)・指名打者(DH)・投手 出身地:キューバ
キューバリーグ:2016年~ 福岡ソフトバンクホークス:2017年~
ホントにキューバの大谷?

2016-2017年(キューバリーグ)
.278 4本 11打点 -盗塁 23試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
O.コラス 33 28 60 50 30 15 80 30

入団前(予測打撃成績 打率.180 5本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
コラス 25 20 65 50 30 15 80 30 10 10

ハズレ(予測打撃成績 打率.100 1本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
コラス 15 10 55 40 20 10 75 25

標準(予測打撃成績 打率.200 10本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
コラス 30 25 65 50 30 25 80 30 10 10

大当たり(予測打撃成績 打率.300 30本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
コラス 60 55 85 55 55 45 85 45 45 35 45

ソフトバンク入団前
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
コラス 148 40 30 ストレート

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
コラス 155 60 70 ストレート
スライダー2
チェンジアップ2

総評

強肩強打型内野手。
打撃は中・長距離型。
ミート力はあまりなく、パワーは結構ある。
キューバリーグとしては打率が低く、本塁打はそこそこ。
パワーが魅力というタイプの強打者。

足は不明、肩は非常に強い。
スローイングは不明、グラブ捌きは粗い。
守備範囲は不明。
盗塁数が良く分からず、足が速いかは不明。
左投げで、指名打者や一塁手で出場する。
守備率は低く、守備に難がありそう。
守備走塁面は期待できない選手。

パワーが魅力の素材型の強打者。
2016-2017年シーズンは23試合に出場し打率.278、4本塁打11打点とまずまずの成績。
約20打数で1本塁打なのでパワーはありそうだが、キューバリーグとしては打率が低い。
四球はやや多く、三振は普通というタイプではあるが、キューバでの成績ということを考えると選球眼はやや怪しい。
パワーが魅力の素材型という感じの打者。

足に関しては不明。
キューバリーグの成績の表示形式では盗塁や盗塁成功率が判断できない。
ポジションは一塁手専門らしく、出場数は少ないがエラーが多く守備率が低いので、やや守備難のタイプ。
左投げということで一塁と外野しかできず、指名打者兼一塁手というタイプ。
守備走塁はあまり期待できず、打撃に期待というタイプ。

投手としては常時140キロ後半を投げ、最速150キロ近い速球を投げる投手。
2015年U-18W杯で投手登録ながら4番打者として指名打者で出場している。

将来性に期待して育成しながら戦力として育て上げようというタイプの選手。
外国人野手が不調の際などのスペアとして自前で育てたいということなんだと思われる。
まだかなり若い選手で実績が少ない選手なので、一から作り上げていく選手になりそう。
打者としては一発に期待の選手だが、守備走塁を考えると打撃専門のやや使いづらい選手。
肩がいいようなので野手としてダメなら投手としての育成も考えられるので、そこも含めるといい補強なのかもしれない。
個人的には野手としてはあまり魅力を感じないので、速球派左腕として育ててほしい選手。
ソフトバンクも投手として将来性を評価しているらしい。
「キューバの大谷」という表現が使われるが、野手と投手をやっているというだけであって大谷選手とはタイプが全く違う選手のようでした。

2018年から野手に専念している。
2019年6月に支配下登録される。

過去の似たタイプの外国人助っ人

打撃専門の一塁手

打撃成績予想

.200 10本(標準)
.100 1本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.300 30本 5盗塁

2017年シーズン予想

.--- -本 -盗塁 0打席

キューバでは4番打者も務めるが、日本ではやはり投手。
投手として育成していくことになるだろう。

パワーはある程度あるが守備走塁を考えると、野手としての育成はあまり考えられない。
まずまずの球速が出るので、速球派左腕として成長していくことになるだろう。

10段階評価

巧打:3  打率は低い
長打:6  パワーはある
走塁:3  不明
守備:2  一塁手専門タイプ

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日 メジャー日本人
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

城之内邦雄(元巨人) 投手

城之内邦雄(じょうのうち くにお) 投手 巨人

投手 右投右打 巨人→ロッテ
千葉県立佐原第一高→社会人 社会人 1962年~1971年、1974年
読売ジャイアンツ:1962年~1971年 ロッテオリオンズ:1974年

1962年
2.21 24勝 12敗 -セーブ -ホールド 56試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
城之内 - - - -

1966年
2.01 21勝 8敗 -セーブ -ホールド 40試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
城之内 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
城之内 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

1962年~1971年、1974年
2.57 141勝 88敗 0セーブ -ホールド 359試合

タイトル、表彰、その他記録

新人王(1962年)
ノーヒットノーラン1回

総評

最高球速(最速)は - キロ、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・シュートなど。
得意球・決め球はシュート。
制球力・コントロールは普通。
奪三振率は普通。

投球フォームはトルネードからのサイドスロー。
フィールディングはやや悪い。
背番号は15→12で、1971年までは「15」。
愛称は「エースのジョー」。

1年目の1962年はオープン戦で活躍し新人で開幕投手を務め、24勝を挙げる。
1965年・1966年は2年連続で20勝以上を挙げ、入団から1968年まで7年連続で二桁勝利を挙げる。
1969年から成績が落ち、1971年に戦力外通告を受け現役を引退。
1972年・1973年は解説者を務める。
1974年にロッテでプロに復帰し5試合に登板し、現役を引退。

引退後はロッテのコーチやスカウト、巨人のスカウトを務めている。
ロッテのスカウトとして落合博満を担当。

与四球は少ないが、与死球が多い投手という荒れ球タイプ。
歌手の城之内早苗の大叔父で、俳優の地井武男とは親戚。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)
選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ