選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

つぶやき・ぼやきの退避ページ(2016年10月から2016年12月分)

つぶやき・ぼやきの退避です

サイドバーでこっそり?やっている「つぶやき・ぼやきコーナー」ですが、多くなりすぎたので一旦こっちに退避します。
今後も定期的に退避ページに残していきます。
せっかく作った文章なので消すのはもったいないです。
ただ、もったいないほどの内容ではありません。
残しすぎるとトップページを中心として文字数が多くなりすぎてページの読み込みが遅くなるので、定期的にこのように個別ページに退避しています。

ということで、この中身はスルーしていただいて構いません。
というか、スルーして欲しい内容ばかりのような気がします。


2016年10月から2016年12月分の書き込み

12/27 一旦全部終了
仮想ドラフトが全て一旦終了しました。 今年もあと5日というところで年末年始対策として指名できない人がいないように空き時間を作っています。 開始は1月11日のリアルタイムドラフトから。 それまでは少しずつページ更新は続けます。 来年にいろんな仮想ドラフトやイベントを行えるように、この期間にいろいろ準備を進めていこうと思います。

12/19 逃げ恥ロスはもう目の前
明日は逃げ恥の最終回。 ブームに乗っかりたいけどアイディアは全くなし。 恋ダンスにも乗っかりたい。 乗っかりたいけどアイディアは全くなし。 明日の最終回が終わるとロスが待っている。 ロスになったところでアイディアはなし。 なんてこった。 まあそもそも便乗するつもりはありません。 でも便乗したい気持ちは満々です。 今後も何かのブームに乗っかりたい欲望を抑えつつ頑張ります。

12/17 仮想ドラフト反映終了
仮想ドラフトをいろんなところに反映させてきました。 まずはドラフト指名予想ファン会議室。 下の方に1位から6位までの結果を加えました。 第2回から第4回の結果も載せるつもりで、ページの縦伸びを抑えるため最新回以外は折りたたみで隠す予定です。 有力候補も少し更新しました。 候補を増やしたり予想順位を少し変えてみたり。 次に選手の個別ページに指名者コメントを追加しました。 ページの下の方に第1回では何位指名され、その時の指名者のコメントとして短いスクロールボックスに入れてみました。 仮想ドラフトは4回分しかなく、ドラフト年度が違えば指名されないことなどから社会人以外はあまり場所を取らないと思います。 出来る限りいろんなコメントを載せれば個別ページのコンテンツが増え、内容が充実するので助かります。 管理人の中位指名などはアテにならないけど、仮想ドラフトで○位なら実際そのくらいなのかなぁとか思ってもらえたら追加した価値ありですね。 ということで第1回分の反映はこんな感じで完了しました。 こういうイベントはいろんな効果があって面白いですね。 ドラフト選手のだいたいの順位が把握できたり勉強ができたり、仮想ドラフト自体を楽しむことができたり、結果のデータを他の部分に活用できたり、個別ページの文字数・キーワードが増え注目されるようになったり、とにかくいいことづくしです。 今後も面白いイベントを思いついたらどんどんやっていこうと思います。 イベントは常に募集していますので、何か面白そうなことをお考えの方はイベント提案をよろしくお願いします。

12/16 注目選手み~つけた
市川睦、いい選手ですね。 投手としても期待されてるみたいですけど、私は断然野手。 投手側は正直分かりませんが、野手側は抜群。 このままいくのか、小さくまとまってしまうのか。 順調にいけばドラフト1位で欲しいぐらいの選手かもしれない。 まだ分からないことも多いので、追っていくかもしれません。

12/15 今回もやっぱりいつも通り…
担当者ごとのブレが大きい。以上。

12/14 仮想ドラフト2017終盤
現在外れ6位まできました。 ドラフトはまだ約1年先なのでこの時点では誰が指名されるかって分からないものですね。 みなさんの指名が上手くバラける形になるってことは絶対的な選手が少ないということ。 2位ぐらいまではある程度絞れても、その先はチームによってバラバラだったり個人的に好きな選手とかになってきますね。 ちなみに私は作りたいドラフト候補選手のページがあと70人ほどになりました。 そこまである程度速い更新ペースで頑張って、その先は非常にゆったりとした感じにしようと思ってます。 ドラフト2017で大好物の野手というのをまだ見つけられていません。 清宮や安田はもちろんいいのですが、守備など全体像をみるとまだ推せない。 できれば5ツールプレイヤー系の選手ですごい選手を見つけたいですが、1年に一人いるかどうかで見つけるのはやっぱり難しい。 しいて言えば岡田悠希なわけですが、もう一ランク上にいってもらいたい。 大学生だと宮本丈が今はすごいですが、一年後同じ評価をできるかも分からない。 島田海吏は長打以外は抜群だけど、長打がないとやっぱり物足りない。 まだ先は長いのでゆっくりといい選手を探していきたいと思います。

12/7 ちょっとした言い訳を
私も某所という言葉を使わせていただきますが、若手選手のまとめとして取り上げて頂くことがありましたので、その中身についての言い訳を。 吉川尚輝の他、茂木、高山、吉田、京田、重信の10段階評価ついて。 吉川の巧打力などの打撃系はどちらかといえば将来性系。 たぶん最初はプロで相当苦労すると思います。 数年経ってレギュラークラスになった時このぐらいの選手になるんじゃないかと。 将来性が高いのは完全に守備走塁メインで守備範囲の広さで見えにくい貢献度が高いと判断。 即戦力も守備範囲。 茂木は完全にサードでやっていく選手だと思っていたので守備が低め。 年数が経てば他の選手同様守備範囲は落ちます。 高山は主に甲子園のレフトが苦手なのかな。 経験多いセンター・ライトなら違う結果になるはず。 肩は故障が治ればなのかな?という感じ。 吉田は一年目からいけるとは思ってませんでした。 これはただの予想外し。 でも将来的には予想通りに落ち着きそう。 重信の巧打は吉川同様将来性。 非力系は最初は結果が出ず体格が良くなってきてから打ちだす選手が多いので。 という感じに言い訳をしてみました。 ということで吉川は一年目の打撃は厳しいと思います。 二軍で徹底的に経験を積んで3年目あたりからかなという印象です。

12/6 陽も巨人かな
積極的にFA補強している巨人ですが陽岱鋼も獲得しそうです。 今年は投手も野手も大補強に動きました. 層が厚くなるのはいいのですが、岡本とか若手の出番はもうないですね。 戦力よりも育成のため若手を使うか、それともそのまま戦力重視か。 2017年誰が起用されるか面白い感じになってきました。 個人的にはどの球団でも若手の台頭を見たいところですが、巨人は2017年はまだ厳しいかな。

11/28 MVPは新井さんか…
菊池だと思ったらやっぱり新井さんか。 パリーグは今年は大谷ラッシュになりました。 大谷はいつまで日本にいてくれるんだろう。

11/26 ドラフト2017まであと少し
ドラフト2017の仮想ドラフトまで後5日ほどになりました。 なかなか参加者が集まらず苦しい状態です。 約1年後のドラフト本番を楽しむためにも、こういう途中段階で候補者を知ることはいいことだと思うのですが…。 見るのも大事ですが、見るよりやった方が積極的に選手を調べることになると思います。 ドラフト候補が出そろってない今の方が下位指名はポジションとかだけで選らべて指名しやすいと思います。 数人だけで楽しむのはもったいないので、参加を考えてる方は迷わず参加した方がいいと思います。

11/20 仮想ドラフトの準備
2017年の仮想ドラフトのために2017年のドラフト候補を大量放出中です。 今回は5位までということで最低60人必要。 1位は好きな選手を選ぶ。 2位はこの選手も実は欲しい。 3位はもう知ってる選手はいないが強いて選ぶならこのあたり。 今の時点ではこのぐらいまでしか選べないでしょう。 でもそれで終わったら意味がない。 その先を調べなくては勉強にならないので、その先の選手を大量放出中。 チームごとの補強ポイントは個人個人で思ってる場所はあると思います。 将来性の高い左投手が欲しいなら「高校左投手」を指名。 即戦力の捕手が欲しいなら「大学捕手」を指名。 という風にすれば対象選手はかなり絞れるハズ。 なのでその絞った先で選手を選べる程度には準備をしておきたい。 あと10日ほどなので、そこまでにもっと選手数を増やしておこうと思います。 2017年はどんな選手が指名されるのでしょう。 早くも楽しみです。

11/2 ようやくひと段落
ドラフト選手の更新と同姓選抜の更新が終わりました。 あとは年度の切り替え処理みたいなところが残るぐらいなのでシーズンオフ期間にゆっくりやっていこうと思います。 ということで選手査定依頼分やドラフト2017候補の作成に移れそうです。 そろそろ新外国人情報とか出てくると嬉しいなぁ~。

10/29 一部更新完了
全盛期査定と外国人選抜を2016年終了データにアップデート完了しました。 全盛期の方は2016年活躍した選手は入っていなかったりします。 日本から離れる時には新規ページで作成するのでその際にチームに入れようと思っています。 2016年分はこれでようやく2,3割ぐらい終わってきたと思います。 まだまだありますが、少しずつ進めていきます。 ここのコーナーも文字が溜まってきたのでもう少ししたら退避していきます。 年末まで2ヶ月ですがそれまでにいろいろすっきりさせておきたいです。

10/22 ドラフト選手のページ作成終了
ドラフト指名選手の新規ページ作成が終了しました。 ついでにアウディ・シリアコも完了。 このあとはすでに作成済みの選手分の再査定です。 一人ずつじっくり見ていくので結構時間かかります。 その前に、一旦休みま~~す。

10/20 ドラフトは予想外
ドラフトの結果は予想外な部分が多かったです。 投手豊作でしたが、指名選手は少なかったですね。 たぶん明日から本格的に選手を調べなおします。 指名された選手の情報をお持ちの方は情報提供をよろしくお願いします。

10/19 いよいよ明日
明日10月20日はドラフトですね。 どんなドラマがあるのでしょうか。 1位指名に注目が集まりますが、今年は下位でも面白そう。 後は各チーム何人ぐらい指名するのか。 8位ぐらいでも十分いい選手が獲れるので、それより早く切り上げるといい選手を大量に逃すことになるかもしれません。 獲ったらその分戦力外にしないといけませんが、今年ぐらいはそんな年であってもいいような気がします。 明日はいろんな選手をチェックしないといけないので、1年で一番大変な日になりそうです。

10/17 ドラフトまであと3日
準備作業がようやく目途がたつところまできました。 まだまだやることはありますが、ギリギリという感じです。 査定依頼が2ヶ月ほど滞ってしまい、こちらは間に合いませんでした。 すみません。 20日からはドラフト指名選手のページ作成などで追われることになります。 一番楽しい期間ですが、逆にやることが多くてパニック状態になります。 時間がない中でも変な査定などにならないように、選手一人一人をしっかり調べ、数年後をしっかり想像したいと思います。 あと3日、待ち遠しいです。

10/12 やっと進んできた
プロ志望届の締め切りが終わり、あと数人公開で完成になります。 チェックをしてもらって数人見落としが発見され、仮想ドラフトで数人増えで残り10人ぐらいです。 ベストナイン・ゴールデングラブ・MVP・新人王予想のイベントごともなんとか出来ました。 2016年の終了データもようやくチェックが終わってきたので更新できるようになってきました。 19日までにチームごとのキャリアハイの作成と、全盛期選手の2016年版のアップデートを終わらせたいところですが…。 あと1週間で出来るところまで一気に進めたいです。 20日からはドラフトで指名された選手の未作成ページの作成やドラフト結果のページなどを作るので、かなりの日数で集中的に行わなくてはなりません。 年末まではバタバタしそうですが、いろんなものを作っていこうと思います。

10/4 2016新外国人振り返り
2016年の新外国人野手の振り返りが一旦終わりました。 ロッテと楽天を除いてですが、楽天は予想が大きく外れました。 終了チームではなんといっても巨人のギャレットを外したのがショックです。 監督があんなに辛抱強いとは…。 クルーズの離脱や投手がおかしな感じで枠が空いていたのも予想が外れた要因ですね。 他の選手は割と当たっていたり微妙だったり。 今年はあまり予想的中率は高くなかった印象です。 来年はもっと精度を上げられるように過去の成績をしっかり見るようにしたいです。 来年は予想するからにはいい選手が多く入ってくると嬉しいです。

1952年広島カープ 選手一覧・チーム能力データ

1952年広島カープ 選手一覧・チーム能力データ

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

ベストオーダー

選手名







白石勝巳 .220 3 30 11 31 36 44 55 35 5 60 65
山川喜作 .235 5 37 4 34 39 50 55 30 10 55 50 55 40
武智修 .255 6 41 5 41 46 52 65 40 20 60 35 55 45 35 20
大沢伸夫 .279 2 43 4 49 54 42 50 45 45 50 50 35 30
門前真佐人 .250 6 35 4 39 44 53 40 45 20 65 50 25
長持栄吉 .275 2 36 2 47 52 42 50 50 60 60 45 60 60
岩本章 .268 3 33 4 45 50 45 55 40 45 50 55 45 45
磯田憲一 .205 0 15 1 27 32 38 60 40 25 55 55 50 45 45 55 40

選手能力データ

選手名







門前真佐人 .250 6 35 4 39 44 53 40 45 20 65 50 25
藤原鉄之助 .236 0 14 0 35 40 38 50 10 30 55 50 25 20 20
長谷部稔 .000 0 0 0 10 15 35 35 40 25 65 35
大沢伸夫 .279 2 43 4 49 54 42 50 45 45 50 50 35 30
武智修 .255 6 41 5 41 46 52 65 40 20 60 35 55 45 35 20
磯田憲一 .205 0 15 1 27 32 38 60 40 25 55 55 50 45 45 55 40
広岡富夫 .033 0 0 0 5 10 40 60 40 35 60 50
山川喜作 .235 5 37 4 34 39 50 55 30 10 55 50 55 40
白石勝巳 .220 3 30 11 31 36 44 55 35 5 60 65
長持栄吉 .275 2 36 2 47 52 42 50 50 60 60 45 60 60
岩本章 .268 3 33 4 45 50 45 55 40 45 50 55 45 45
塚本博睦 .211 1 17 3 28 33 40 65 45 25 60 30 50 55 45
上野義秋 .233 1 8 3 34 39 42 55 55 30 55 30 50 50 50
紺田周三 .187 0 7 3 22 27 40 60 50 60 65 20 45 45 55
野田誠二 .244 0 3 0 39 34 38 40 30 5 55 30 30 25 45

選手一覧

守備位置 選手名 打率 試合 投打
捕手 門前真佐人 .250 6 35 4 108 右投右打
捕手 藤原鉄之助 .236 0 14 0 83 右投右打 読売ジャイアンツから移籍
捕手 長谷部稔 .000 0 0 0 6 右投右打
一塁手 大沢伸夫 .279 2 43 4 120 右投右打 大洋から移籍
二塁手 武智修 .255 6 41 5 107 右投右打 近鉄パールスへ移籍
二塁手 磯田憲一 .205 0 15 1 103 右投右打
二塁手 広岡富夫 .033 0 0 0 41 右投右打 入団 広岡達朗の兄
三塁手 山川喜作 .235 5 37 4 97 右投右打
遊撃手 白石勝巳 .220 3 30 11 117 右投右打 白石敏男から改名 助監督兼任
外野手 長持栄吉 .275 2 36 2 117 右投右打
外野手 岩本章 .268 3 33 4 87 右投右打
外野手 塚本博睦 .211 1 17 3 87 右投右打 西鉄ライオンズから移籍 引退
外野手 上野義秋 .233 1 8 3 79 右投右打 西鉄ライオンズから移籍 引退
外野手 紺田周三 .187 0 7 3 47 右投右打 引退
外野手 野田誠二 .244 0 3 0 51 大映スターズから移籍 引退
起用法 選手名 防御率 投打 備考
先・中 長谷川良平 3.32 11 24 - - 55 右投右打
先・中 杉浦竜太郎 2.94 9 12 - - 42 右投右打
先・中 渡辺信義 3.62 6 14 - - 43 右投右打
先・中 大田垣喜夫 4.30 7 17 - - 43 右投右打 入団 愛称バンビ
先・中 松山昇 5.24 1 5 - - 19 右投右打 入団
先・中 笠松実 4.67 1 3 - - 15 右投右打 引退
先・中 野崎泰一 5.76 1 3 - - 11 右投右打 東急フライヤーズから移籍
中・先 榊原盛毅 6.00 1 0 - - 15 右投右打 入団
中・先 川本徳三 7.31 0 2 - - 11 入団 愛称ミルキー
中継ぎ 萩本保 4.50 0 0 - - 4 右投右打 引退

更新情報
それぞれの年度で載せている選手は全選手ではなく主力の一部選手のみとなっています。
野手の能力については調べられる範囲内でのものとなっています。

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

1952年大洋ホエールズ 選手一覧・チーム能力データ

1952年大洋ホエールズ 選手一覧・チーム能力データ

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

ベストオーダー

選手名







木村勉 .247 3 31 14 38 43 44 75 60 55 65 30 25 50 65 50
宮崎剛 .265 5 24 23 44 49 49 80 40 20 55 65 50 35
藤井秀郎 .286 14 69 10 53 48 65 50 45 40 50 45 40 35 35
岩本義行 .286 16 81 16 51 56 68 65 50 55 65 35 40 55
安居玉一 .291 9 74 22 53 58 57 60 50 45 60 45 55 40 45
荒川昇治 .241 1 36 32 36 41 40 75 25 35 65 55 35 30
安井亀和 .199 0 15 20 25 30 38 70 30 20 55 55 55 40 40 45 40
引地信之 .230 1 35 5 33 38 39 70 30 5 65 75

選手能力データ

選手名







荒川昇治 .241 1 36 32 36 41 40 75 25 35 65 55 35 30
吉成武雄 .282 0 4 2 52 47 35 50 25 5 55 40
神吉俊和 .067 1 2 0 5 10 50 50 30 25 55 40
岡本三男 .--- - - - 10 15 35 40 20 20 50 40
藤井秀郎 .286 14 69 10 53 48 65 50 45 40 50 45 40 35 35
森雅功 .118 0 1 0 12 17 40 40 30 40 50 30 30 30 30
宮崎剛 .265 5 24 23 44 49 49 80 40 20 55 65 50 35
安井亀和 .199 0 15 20 25 30 38 70 30 20 55 55 55 40 40 45 40
木村保久 .227 2 19 5 32 37 44 55 40 25 60 35 50 35
引地信之 .230 1 35 5 33 38 39 70 30 5 65 75
荒木茂 .218 0 8 5 30 35 40 55 10 5 55 35 40 50
岩本義行 .286 16 81 16 51 56 68 65 50 55 65 35 40 55
安居玉一 .291 9 74 22 53 58 57 60 50 45 60 45 55 40 45
木村勉 .247 3 31 14 38 43 44 75 60 55 65 30 25 50 65 50
平山菊二 .251 1 19 6 39 44 40 60 45 25 60 50 50 35
中津正三 .245 1 5 0 39 34 45 40 40 5 60 30 45 35
村松昭次郎 .--- 0 0 0 10 15 45 40 35 40 55 30 30 30

選手一覧

守備位置 選手名 打率 試合 投打 備考
捕手 荒川昇治 .241 1 36 32 109 右投右打 松竹ロビンスから移籍
捕手 吉成武雄 .282 0 4 2 15 右投 入団
捕手 神吉俊和 .067 1 2 0 11 右投右打
捕手 岡本三男 .--- - - - 0 右投右打 引退
一塁手 藤井秀郎 .286 14 69 10 107 藤井勇から改名
一塁手 森雅功 .118 0 1 0 19 右投右打
二塁手 宮崎剛 .265 5 24 23 114 右投右打
三塁手 安井亀和 .199 0 15 20 102 右投右打
三塁手 木村保久 .227 2 19 5 75 右投右打 引退
遊撃手 引地信之 .230 1 35 5 103 右投右打 入団 守備職人
遊撃手 荒木茂 .218 0 8 5 54 右投右打 引退
外野手 岩本義行 .286 16 81 16 120 右投右打 松竹ロビンスから移籍 40歳
外野手 安居玉一 .291 9 74 22 112 右投右打 国鉄スワローズへ移籍
外野手 木村勉 .247 3 31 14 100 右投右打 松竹から移籍 広島カープへ移籍
外野手 平山菊二 .251 1 19 6 77 右投右打
外野手 中津正三 .245 1 5 0 48 野手転向
外野手 村松昭次郎 .--- 0 0 0 1 右投右打 国鉄スワローズから移籍
起用法 選手名 防御率 投打 備考
先・中 高野裕良 3.22 17 21 - - 47 右投右打
先・中 江田貢一 4.14 10 11 - - 31 右投右打 松竹ロビンスから移籍
先・中 林直明 2.53 11 10 - - 34 右投右打
先・中 清水秀雄 4.86 7 10 - - 28 1950年中日ドラゴンズ退団から復帰
先・中 有村家斉 3.34 9 9 - - 27 入団 38歳
中・先 今西啓介 5.02 2 1 - - 16 右投右打 今西錬太郎から登録名変更 阪急へ移籍
中継ぎ 神田昌男 4.14 2 0 - - 11 右投右打 入団
中継ぎ 小倉薫 4.50 0 0 - - 9 右投右打 入団
中継ぎ 北川久治 4.50 0 0 - - 10 右投右打 入団
先・中 川口芳弘 -.-- - - - - 0 右投右打 引退
先・中 本間鉄和 -.-- - - - - 0 右投右打 引退
先・中 杉川喜久雄 -.-- - - - - 0 右投右打 1950年大映スターズ退団から復帰 杉川喜久男から登録名変更

更新情報
それぞれの年度で載せている選手は全選手ではなく主力の一部選手のみとなっています。
野手の能力については調べられる範囲内でのものとなっています。

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

仲田幸司(元阪神) 投手

仲田幸司(なかだ こうじ) 投手 阪神

投手 左投左打 阪神→ロッテ
興南高 高校 ドラフト6位 1984年~1997年
阪神タイガース:1984年~1995年 千葉ロッテマリーンズ:1996年~1997年

1986年
3.10 7勝 12敗 0セーブ -ホールド 32試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
仲 田 - - - -

1992年
2.53 14勝 12敗 1セーブ -ホールド 35試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
仲 田 - - - -

トータル
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
仲 田 - - - -
※変化球(球種・変化量・球威・コントロール)

通算成績

1984年~1997年
4.06 57勝 99敗 4セーブ -ホールド 335試合

タイトル、表彰、その他記録

最多奪三振1回

総評

最高球速(最速)は147キロ、平均球速は約 - キロ。
球種・変化球はストレート・スライダー・カーブ・スクリューなど。
得意球・決め球はストレート。
制球力・コントロールはやや悪い。
奪三振率はそこそこ高い。

投球フォームはオーバースロー(1996年にサイドスローに転向)。
フィールディングは普通。
背番号は48→34で、1988年からは「34」。
愛称は「マイク仲田」、「マイク」、「ジンタ」。
父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフの選手。

1年目の1984年は一軍登板が無かったが、1985年から10年連続で20試合以上に登板する主力投手になった。
毎年の登板数や登板回数は多かったが、防御率は3点台後半から4点台が多く、1985年から1991年まで7年連続で勝率5割以下だった。
1992年にスライダーを習得し、初の二桁勝利となる14勝を挙げ、それまでは与四球が多かったが、1992年は与四球が少なく最多奪三振のタイトルを獲得。
1993年は前年から大きく成績を落とし、防御率6.54で3勝12敗に終わる。
その後も成績はあまり良くなく、1995年オフにロッテに移籍。
1996年にサイドスローに転向するがあまり活躍できず、1997年に現役を引退。

引退後は解説者やタレント、社会人野球のコーチを務めている。

与四球数は普通だが、暴投が非常に多い投手。

関連ページ

更新情報

チーム別OB投手一覧
ヤクルト 巨人 阪神 広島 中日 DeNA
ソフトバンク 日本ハム ロッテ 西武 オリックス 楽天

査定できる方いらっしゃいましたら、コメントお願いします。 (個人的な評価で全然構いません。数人分のデータが集まりましたら、おおよその平均値をこのブログの査定データにします。)

マイク・パグリアルーロ(全盛期)元西武 内野手

マイク・パグリアルーロ(マイケル・ティモシー・パグリアルーロ)(Michael Timothy "Mike" Pagliarulo) 内野手 西武

内野手(三塁手・二塁手・一塁手・遊撃手)・指名打者(DH) 右投左打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト6巡目 1994年
ニューヨーク・ヤンキース:1984年~1989年 サンディエゴ・パドレス:1989年~1990年 ミネソタ・ツインズ:1991年~1993年 ボルチモア・オリオールズ:1993年 西武ライオンズ:1994年 テキサス・レンジャーズ:1995年
メジャーで活躍するが、日本ではあまり活躍できずに終わる

1986年(ヤンキース)
.238 28本 71打点 4盗塁 149試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.パグリアルーロ 56 39 91 55 50 40 85 60 35

1987年(ヤンキース)
.234 32本 87打点 1盗塁 150試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.パグリアルーロ 48 47 94 55 55 45 85 25 55 30

1993年(ツインズ、オリオールズ)
.303 9本 44打点 6盗塁 116試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.パグリアルーロ 66 69 71 50 55 55 80 30 25 55 20

1994年(西武)
.263 7本 47打点 3盗塁 80試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
パグリアルーロ 48 43 60 50 55 45 75 50 50

トータル
1994年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
パグリアルーロ 48 43 60 50 55 45 75 50 50

通算成績

1994年(日本のみ)
.263 7本 47打点 3盗塁 2盗塁死 出塁率.362 80試合

タイトル、表彰、その他記録

特になし

総評

強肩強打型内野手。
高い長打力で活躍した内野手。
守備位置はサードで、ファースト・セカンド・ショートでの出場経験もある。
コンバートは特になし。

犠打は0。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は結構多く、三振はそこそこ多い、出塁率は結構高い。
併殺打は非常に多い。
死球数は普通。
待球傾向の打法で、四球・三振が多い。

愛称は特になし。
強肩強打の三塁手として活躍。
1981年にプロ入りし、1984年にメジャー初出場。
メジャーでは1985年から1993年までレギュラーを務め、130本塁打打つ強打の三塁手として活躍。
1993年は長打力は衰えていたが、打率3割以上を打つなどバリバリのメジャーリーガーとして活躍。
1994年に西武に入団し、三塁手の他ほとんど経験のない二塁手として出場するがあまり活躍できず故障もあり1年で退団。
1995年にメジャーに復帰するがあまり活躍できず、現役を引退。

引退後は2017年からマイアミ・マーリンズの打撃コーチを務めている。

主に5番打者、3番打者として活躍している。
背番号は「13」。

強肩強打で活躍した助っ人外国人。
打撃成績は微妙だったが、四球が多く出塁率が高い。
盗塁は少ないが、三塁打は多い。
守備範囲は普通で、失策数・守備率は普通。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

つぶやき・ぼやきの退避ページ(2016年7月から2016年9月分)

つぶやき・ぼやきの退避です

サイドバーでこっそり?やっている「つぶやき・ぼやきコーナー」ですが、多くなりすぎたので一旦こっちに退避します。
今後も定期的に退避ページに残していきます。
せっかく作った文章なので消すのはもったいないです。
ただ、もったいないほどの内容ではありません。
残しすぎるとトップページを中心として文字数が多くなりすぎてページの読み込みが遅くなるので、定期的にこのように個別ページに退避しています。

ということで、この中身はスルーしていただいて構いません。
というか、スルーして欲しい内容ばかりのような気がします。


2016年7月から2016年9月分の書き込み

9/30 大変だと思ったら
すでに去年を上回る人数がプロ志望届を提出していたんですね。 事前に結構な人数を準備していましたが、未作成の選手が多くページ作成が全く追いつきません。 でも後1週間。新たな選手も減りつつあるような感じもありますし、そろそろ終了かな。

9/25 大ピンチ
FC2の画像エラー(画像障害?)によって管理が非常に大変な状態になっています。 なにかしらのミスをしそうな感じです。 ちょうど忙しいタイミングと重なって嫌な感じですが、進められるところを進めます。

9/24 ようやく前前準備が終了
ドラフトやシーズン終了勝利の前準備の前準備である前前準備が終了しました。 ここから前準備(事前準備)を開始します。 シーズン終了後の作業で必要になってくるページの作成や、ドリームチームの仮想ドラフトの2016年版を作成します。 現在、ドラフト2016の仮想ドラフトなど、仮想ドラフトが3つ同時並行中、そしてプロ志望届期間中による提出者のページ作成・査定、9月25日頃から二軍試合終了に伴うチェック、9月28日頃からはシーズン終了後の作業、ととんでもないペースでいろんなことが同時に行われます。 いろいろありすぎて全体像が見えず逆に余裕ぶるという謎の現象が発生してしまうほどスケジュールパンパンです。 一つ一つやっていくしかないのですが、楽しい部分でもあるのでこっちに専念していろいろやっていこうと思います。 OB査定などはこの期間はやっぱり無理ですね。やりたいところではありますが。 ベストナイン予想とかは諦めになるのかどうか分かりません。 出来るもの出来ないものの精査が必要ですね。 まずは仮想ドラフト関係を頑張ります。

9/16 ドラフト候補続々と
チェックが間に合わないほどにドラフト候補が続々とプロ志望届を提出しています。 高校生では今井達也(作新学院)、高橋昂也(花咲徳栄)、藤嶋健人(東邦)、高田萌生(創志学園)、九鬼隆平(秀岳館)など。 大学生では京田陽太(日本大)、佐々木千隼(桜美林大)、吉川尚輝(中京学院大)など。 高校生・大学生ともにこれからもどんどん候補が上がってくるでしょうし、ドラフトまでかなり盛り上がりそうですね。 今年は1,2位は投手中心になりそうで、野手は下位あたりで欲しい選手が結構多い印象です。 一体誰が指名され、誰が1位なのでしょうか。 まだ1ヶ月以上ありますが、ドラフトが気になります。

9/10 広島優勝
広島優勝おめでとう。 以上。

9/8 もしかして明日?
明日広島の優勝が決まったらどうなるのだろう。 ホテルの近くとかどこかに会場を借りて盛り上がるのかな。 やっぱり今日決まるのがベストだったのかな。 明後日の試合で自力で決めるもいいけど。 一応みんな集まって準備はするのかな。 広島ではやっぱり速報がでるのかな。 変な疑問がいっぱい溢れてきます。

9/6 プロ志望届提出者発表開始
ようやくこの季節がやってきました。 10月6日の締め切りまで土日を除いて毎日更新されるはずなので、ほぼ毎日新しい選手を調べることになりそうです。 去年は準備している選手が少なかったこともあり、かなり苦労したのを覚えています。 今年は準備はしてありますが、予期せぬ選手や調べても情報が出てこない選手が多いので、やっぱり苦労しそうです。 今年はいろんな作業との並行になるので、ゆっくり着実に選手を調べていこうと思います。 この一ヶ月は他の作業はほぼ無理かな。

8/29 シーズン終了作業多すぎ
シーズン終了後の作業があまりにも多いため、一ヶ月ほど前からいろんなものに手を付けています。 シーズンが終わらないと手がつけられないものが多いですが、事前に出来る準備も少しあります。 その一つとしてチームごとの全選手のキャリアハイのまとめを作っていますが、かなり大変です。 今後の仮想ドラフトでも使えますし、毎年アップデートしたときのバックアップや過去のデータが引っ張りだせるようになるので、今後何かで使えるかもしれません。 ドラフトは10月20日で決定、プロ志望届の開始はそろそろ、ということでもうすぐドラフトに専念し、10月終わりぐらいまでは膨大な作業に追われることになります。 プロ志望届の開始前に片づけられるのは片付けたいですが、なぜか最近はより忙しくなってしまっています。 ドラフトやシーズン終了後のデータ更新に影響が出ないように出来るところから頑張ろうと思います。

8/6 2020年っていつ?
野球がオリンピックに復活するらしい。 2020年といえば4年後。 1年先さえ読めない野球。 4年後には誰が活躍していて誰がオリンピックに出場するのだろう。 アマ中心なのかプロ中心なのかさえ分からない。 まあどうなるかは4年後のお楽しみですね。

7/14 俳句?
ドラフトを やって初めて 知るむずさ

7/7 ドリームチーム早めにスタート
結局人数があまり増えないので、15日にスタート決定にします。 こちらはやり直しはしない分、いつ途中参加をしても問題ありませんのでスタートしちゃいます。 やっている中で興味を持ってもらって参加してもらうという方が伝わりが速いような気がします。 メインは2016年ドラフト以降の選手とかなので、初期選手が思い通りじゃなくても何の問題もないハズです。 アナウンスは一応してきたので、初期参加をするか途中参加をするかはみなさん次第というところです。 新規球団を作ろうの方は結構好評なのでこっちもスタート前から盛り上がると思ってましたが、結構予想外でした。 まあでも長い目でみたら今はどんな状態でも大丈夫でしょう。 ポジティブに突き進みます。

7/7 エリアン1号
エリアン1体目という意味ではありません。 ついに1号本塁打を打ちました。 しかもそれが満塁本塁打。 打撃は上向き傾向のようです。 ただし守備では2エラー。 2015年は三塁手、2016年は来日前は遊撃手ですが元々守備率が低い選手。 なんか二塁がメインっぽい感じで思ってる方も多いようですが、二塁メインは2013年・2014年頃に少しだけで基本的にはルーキー時代の約10年前。 ここ数年は三塁手中心で慣れてないわけでは全く無い。 いいプレーもあるが凡ミスは予定通り多い。 いい選手なのか悪い選手なのか。 いろいろ面白い選手っぽい。

7/6 りょうたトリオ
2005年にりょうたトリオがいたなんて。ある方のコメントで初めて知りました。 目の付けどころの良さにもビックリです。 トリオの存在は準備している時には全く気付きませんでした。 普通に阪神でWりょうたまでは知ってましたが、実はトリプルだったなんて。 2015年のトリプル健太といい、揃う時は揃うんですね。
7/4 月初作業終了
6月末のデータ更新や目利き王の更新が終了。 これから選手の査定ページ公開に戻ります。 いろんな作業が増えてきて面白くなってきました。 ドリームチームは待ち遠しいですし、新規球団作成は私も含めみなさんが苦しんでいるのが良く分かって楽しいです。 調べている方とは方針が丸かぶりですが、私は第1候補が獲れない分指名結果はだいぶ違います。 やっぱドラフトは難しくて楽しいんですね。 10月末のドラフトが待ち遠しい、そして11月中旬頃予定のドリームチーム内でのドラフト2016の仮想ドラフトが待ち遠しい。

7/2 ドラフトは難しい
欲しかった選手がどんどん消えていく…。 外れ1位候補も外れ外れ1位候補も。 さてどうしよう。 早くも今後の流れを一から練り直し。

1952年名古屋ドラゴンズ 選手一覧・チーム能力データ

1952年名古屋ドラゴンズ 選手一覧・チーム能力データ

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

ベストオーダー

選手名







牧野茂 .244 2 21 27 37 42 42 70 30 5 65 55 40 65
国枝利通 .303 1 23 35 57 62 39 75 30 10 50 55 35 25 25
原田徳光 .272 4 58 19 48 43 47 70 80 65 70 40 60 70
西沢道夫 .353 20 98 8 82 83 74 45 45 45 45 50
児玉利一 .265 5 54 8 44 49 49 55 45 40 60 35 60
杉山悟 .306 27 84 11 59 64 81 60 40 40 55 55 30 30
野口明 .269 8 63 1 45 50 56 45 30 45 60 55 25
山崎善平 .232 1 22 19 34 39 40 75 40 60 50 50 55 40

選手能力データ

選手名







野口明 .269 8 63 1 45 50 56 45 30 45 60 55 25
河合保彦 .000 0 0 0 15 20 42 50 30 30 65 35 30 30 30
一柳忠尚 .--- - - - 10 15 35 35 20 15 55 30
西沢道夫 .353 20 98 8 82 83 74 45 45 45 45 50
服部受弘 .276 4 31 7 48 53 54 55 35 35 65 35 35 40 30 30
高木公男 .182 1 1 0 23 18 48 55 35 40 55 35 35 25 25
加藤一昭 .200 0 0 0 20 25 40 50 30 25 65 25
国枝利通 .303 1 23 35 57 62 39 75 30 10 50 55 35 25 25
藤野光久 .324 0 6 0 49 54 40 45 40 10 65 30
小沢重光 .000 0 0 0 10 15 40 50 10 5 60 40 40
児玉利一 .265 5 54 8 44 49 49 55 45 40 60 35 60
牧野茂 .244 2 21 27 37 42 42 70 30 5 65 55 40 65
松本和雄 .134 1 9 3 14 19 42 60 30 5 55 45 35 60
土屋亨 .--- - - - 20 25 40 55 10 5 55 35 40 45
原田徳光 .272 4 58 19 48 43 47 70 80 65 70 40 60 70
杉山悟 .306 27 84 11 59 64 81 60 40 40 55 55 30 30
山崎善平 .232 1 22 19 34 39 40 75 40 60 50 50 55 40
鈴木隆 .225 0 11 5 34 29 35 60 40 60 55 30 35 50 35
加藤進 .218 0 19 4 30 35 38 50 45 20 65 45 25 40 50 40
本多逸郎 .111 0 0 3 15 10 40 80 40 25 60 35 45 35
小島禎二 .000 0 0 0 20 15 35 40 30 40 60 20 25 20 30

選手一覧

守備位置 選手名 打率 試合 投打 備考
捕手 野口明 .269 8 63 1 114 右投右打 ベストナイン
捕手 河合保彦 .000 0 0 0 6 右投右打 入団
捕手 一柳忠尚 .--- - - - 0 右投右打
一塁手 西沢道夫 .353 20 98 8 113 右投右打 ベストナイン
一塁手 服部受弘 .276 4 31 7 77 右投右打 二刀流
一塁手 高木公男 .182 1 1 0 17 退団し1954年に東映フライヤーズで復帰
一塁手 加藤一昭 .200 0 0 0 5 右投右打 野手転向
二塁手 国枝利通 .303 1 23 35 116 右投右打
二塁手 藤野光久 .324 0 6 0 27 右投右打 入団 二刀流
二塁手 小沢重光 .000 0 0 0 7 右投右打 入団
三塁手 児玉利一 .265 5 54 8 119 右投右打
遊撃手 牧野茂 .244 2 21 27 117 右投右打 入団
遊撃手 松本和雄 .134 1 9 3 58 右投右打 引退
遊撃手 土屋亨 .--- - - - 0 右投右打
外野手 原田徳光 .272 4 58 19 120
外野手 杉山悟 .306 27 84 11 99 右投右打 ベストナイン
外野手 山崎善平 .232 1 22 19 98 右投右打
外野手 鈴木隆 .225 0 11 5 75 引退
外野手 加藤進 .218 0 19 4 73 右投右打
外野手 本多逸郎 .111 0 0 3 19 野手転向
外野手 小島禎二 .000 0 0 0 3 引退
起用法 選手名 防御率 投打 備考
先・中 杉下茂 2.33 32 14 - - 61 右投右打 沢村賞
先・中 大島信雄 2.82 12 11 - - 35 松竹ロビンスから移籍
先発 服部受弘 2.57 13 1 - - 23 右投右打 二刀流
先・中 三富恒雄 3.14 5 3 - - 24
先・中 星田次郎 2.80 3 4 - - 15 右投右打 引退
先・中 近藤貞雄 12.00 0 1 - - 2 右投右打
中・先 藤野光久 2.80 4 3 - - 20 右投右打 入団 二刀流
中・先 石川克彦 6.50 0 2 - - 8 右投右打 入団
中・先 宮下信明 2.76 5 4 - - 37 右投右打
中・先 徳永喜久夫 5.68 0 0 - - 10 右投右打
中継ぎ 中西由行 4.50 0 0 - - 3
中継ぎ 伊藤四郎 0.00 0 0 - - 1 右投右打

更新情報
それぞれの年度で載せている選手は全選手ではなく主力の一部選手のみとなっています。
野手の能力については調べられる範囲内でのものとなっています。

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

中川拓紀 内野手(遊撃手) 宇治山田商業高→中央大

中川拓紀(なかがわ ひろき) 内野手

2021年ドラフト候補 宇治山田商業高→中央大 大学 出身:三重県
50m走 - 秒 遠投 - m 高校通算 - 本塁打 一塁到達 - 秒 二塁送球 - 秒 最速 - キロ
内野手(遊撃手・二塁手)・投手 右投左打 180センチ76キロ
将来性に期待の強肩遊撃手

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 川 30 25 40 63 50 40 65 45 50

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 川 30 25 40 63 50 40 65 45 50

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 川 31 26 40 63 51 41 64 45 40 50

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
中 川 55 50 60 60 70 60 60 55 65 60 65

総評

バランス型内野手。
打撃は巧打・中距離型。
ミート力はあまりなく、パワーはあまりない。
高校時代は強打者として注目されるが、大学では本塁打0など打撃成績はあまり良くない。
2,7,8番打者タイプ。

足は普通、肩はやや良い。
スローイングはそこそこ良い、グラブ捌きは普通。
守備範囲は普通。
遊撃手や二塁手のほか高校時代はリリーフで登板することもあった強肩内野手。

プロ入りしたことを想定すると、バランス型の内野手という感じ。
小技や堅実な守備など渋い活躍に期待というタイプ。
攻守に魅力のある選手で、将来性が期待される。

ドラフトでは現時点では指名漏れとなりそうな選手。
まだあまり評価が聞こえてこない。
将来性の高さを期待され、育成指名はあるかもしれない。

プロ選手で例える

大当たり 不明

○○で似た選手 

覚醒時の打撃成績予想

.--- -本 -盗塁

10段階評価

管理人の評価
レーダーチャート
巧打力:3  打撃成績はあまり良くない
長打力:3  大学では本塁打が無い
走塁力:5  まずまず
守備力:6  強肩でスローイングが魅力
即戦力:2  あまり即戦力タイプではない素材型
将来性:4  今後の成長に期待

みなさんの評価
レーダーチャート
巧打力:- 
長打力:- 
走塁力:- 
守備力:- 
即戦力:- 
将来性:- 
評価はそれぞれ1~10
『巧打、長打、走塁、守備』 2:プロのチームワースト級、5:プロ標準、9:将来的にタイトル級
『即戦力』 1:高校標準、2:大学標準、5:一年目からまずまず使える、9:新人王候補
『将来性』 5:ドラフト候補標準、8:レギュラー級、10:球界の顔
※全て0、全て10などの評価は除外対象とします

当ブログの仮想ドラフト順位
ドラフト2021仮想ドラフト第2回(2021年4月開催)では6位指名
指名者コメント
去年は不調気味だったが、今年は打ちまくり、盗塁しまくり。ただアヘ単なので長打力さえつけば。(第2回西武)

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

1952年大阪タイガース 選手一覧・チーム能力データ

1952年大阪タイガース 選手一覧・チーム能力データ

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

ベストオーダー

選手名







後藤次男 .300 3 34 19 56 61 43 55 40 55 60 30 45 40 30 45 30
白坂長栄 .271 6 43 22 46 51 53 70 50 40 65 70 40 80
金田正泰 .274 5 67 13 49 44 49 80 50 60 60 65 40 40
藤村富美男 .314 20 95 5 63 68 72 55 60 35 60 30 50 70 30 30 35
渡辺博之 .260 5 61 2 42 47 51 70 45 55 65 30 30 35 45 55
小島勝治 .281 5 58 8 51 46 52 65 45 25 60 40 60 55
徳網茂 .251 2 34 6 39 44 43 55 20 20 60 55
河西俊雄 .275 0 18 10 47 52 38 70 40 30 50 55 40 45 40

選手能力データ

選手名







徳網茂 .251 2 34 6 39 44 43 55 20 20 60 55
谷田比呂美 .216 2 22 0 30 35 45 45 30 45 65 50 25
後藤次男 .300 3 34 19 56 61 43 55 40 55 60 30 45 40 30 45 30
櫟信平 .--- - - - 20 15 45 50 40 45 45 30
河西俊雄 .275 0 18 10 47 52 38 70 40 30 50 55 40 45 40
西江一郎 .179 2 16 3 20 25 43 55 30 20 55 60 40 50
内山清 .000 0 0 0 10 15 35 50 40 40 60 45 30
阪田正芳 .000 0 0 0 10 15 35 40 40 20 50 25 40 35 40
藤村富美男 .314 20 95 5 63 68 72 55 60 35 60 30 50 70 30 30 35
白坂長栄 .271 6 43 22 46 51 53 70 50 40 65 70 40 80
金田正泰 .274 5 67 13 49 44 49 80 50 60 60 65 40 40
渡辺博之 .260 5 61 2 42 47 51 70 45 55 65 30 30 35 45 55
小島勝治 .281 5 58 8 51 46 52 65 45 25 60 40 60 55
田宮謙次郎 .247 7 34 6 40 35 59 80 45 50 65 25 35 50 45
日下章 .275 0 6 5 49 44 40 70 50 60 60 45 55 50
丸岡武 .167 0 0 2 20 15 35 60 30 10 55 45 45 45
岡田功 .000 0 0 0 10 15 35 65 35 30 60 35 35 35
横山光次 .--- - - - 10 15 35 65 30 30 60 35 35 35

選手一覧

守備位置 選手名 打率 試合 投打 備考
捕手 徳網茂 .251 2 34 6 112 右投右打
捕手 谷田比呂美 .216 2 22 0 90 右投右打
一塁手 後藤次男 .300 3 34 19 120 右投右打
一塁手 櫟信平 .--- - - - 0
二塁手 河西俊雄 .275 0 18 10 98 右投右打
二塁手 西江一郎 .179 2 16 3 98 右投右打
二塁手 内山清 .000 0 0 0 35 右投右打 二刀流(野手再挑戦)
二塁手 阪田正芳 .000 0 0 0 4 右投右打 引退
三塁手 藤村富美男 .314 20 95 5 120 右投右打 ベストナイン
遊撃手 白坂長栄 .271 6 43 22 120 右投右打
外野手 金田正泰 .274 5 67 13 120
外野手 渡辺博之 .260 5 61 2 116 右投右打
外野手 小島勝治 .281 5 58 8 92 入団 ハワイ出身
外野手 田宮謙次郎 .247 7 34 6 94 二刀流
外野手 日下章 .275 0 6 5 57
外野手 丸岡武 .167 0 0 2 24 引退
外野手 岡田功 .000 0 0 0 4 右投右打
外野手 横山光次 .--- - - - 0 右投右打 入団
起用法 選手名 防御率 投打 備考
先・中 藤村隆男 2.63 25 6 - - 46 右投右打
先・中 梶岡忠義 1.71 21 8 - - 38 右投右打
先・中 真田重男 1.97 16 9 - - 38 右投右打 松竹ロビンスから移籍
先・中 三船正俊 4.34 7 3 - - 27 右投右打 入団
先・中 岩村吉博 5.14 1 1 - - 6 右投右打 入団
中・先 駒田桂二 4.04 8 8 - - 43 右投右打
中・先 田宮謙次郎 4.85 0 2 - - 5 二刀流
中・先 干場一夫 3.07 0 0 - - 17 右投右打 引退
中・先 西村修 5.25 0 2 - - 10
中継ぎ 内山清 3.71 1 1 - - 20 右投右打 二刀流(野手再挑戦)
先・中 内司正弘 -.-- - - - - 0 右投右打 入団
先・中 渡辺省三 -.-- - - - - 0 右投右打 入団 通算134勝

更新情報
それぞれの年度で載せている選手は全選手ではなく主力の一部選手のみとなっています。
野手の能力については調べられる範囲内でのものとなっています。

プロ野球年度別選手一覧・チーム能力データ

ブレット・ハーパー(全盛期)元横浜 一塁手

ブレット・ハーパー(ブレット・デイヴィッド・ハーパー)(Brett David Harper) 一塁手 横浜

内野手(一塁手・三塁手)・外野手(左翼手) 右投左打
国籍:アメリカ合衆国 MLBドラフト45巡目 2010年~2012年
ランカスター・バーンストーマーズ:2010年 横浜ベイスターズ:2010年~2011年 モンクローバ・スティーラーズ:2012年 東北楽天ゴールデンイーグルス:2012年 モンクローバ・スティーラーズ:2013年、2015年 メキシコシティ・レッドデビルズ:2016年 オアハカ・ウォーリアーズ:2016年~
打撃特化の一塁手

2008年(3A(PCL))
.315 20本 59打点 0盗塁 123試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
B.ハーパー 69 29 72 30 45 30 65 30 20 25

2010年(横浜)
.316 19本 56打点 0盗塁 64試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ハーパー 64 47 81 25 40 50 65 35

2011年(横浜)
.278 9本 39打点 0盗塁 103試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ハーパー 59 32 62 25 40 60 65 40

2012年(楽天)
.174 0本 1打点 0盗塁 19試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ハーパー 27 16 50 25 40 40 60 30

トータル
2010年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ハーパー 64 47 81 25 40 50 65 35

通算成績

2010年~2012年(日本のみ)
.284 28本 96打点 0盗塁 0盗塁死 出塁率.350 186試合

タイトル、表彰、その他記録

特になし

総評

打撃型内野手。
高い打撃力で活躍した内野手。
守備位置はファーストで、サード・レフトでの出場経験もある。
コンバートは特になし。

犠打は0。
盗塁は0。
四球は普通、三振は結構多い、出塁率は普通。
併殺打は極端に多い。
死球数は普通。
三振が多い打者。

愛称は特になし。
打撃型の一塁手として活躍。
2000年にプロ入りし、メジャー出場は無かった。
2005年にA+や2Aなどのマイナーで36本塁打打ち、2016年までに通算200本塁打以上打つ強打者として活躍。
2010年6月に横浜に入団し、64試合で打率.316、19本塁打と大活躍。
2011年は103試合に出場するが、成績を大きく落としオフに退団。
2012年7月に楽天に入団するが、19試合に出場し本塁打0に終わりオフに退団。
2013年からはメキシカンリーグでプレーしている。

主に3番打者、5番打者として活躍している。
背番号は42→68で、2010年途中から2011年は「42」。

強打で活躍した助っ人外国人。
打撃力は高いが、三振が多い打者。
三塁打や盗塁は0で足が非常に遅く、スイングが大きく一塁到達は極端に遅く併殺打が多い。
守備範囲はやや狭く、失策数・守備率は普通。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 結果
ドラフト2018  野手 投手 結果
ドラフト2019  野手 投手 結果
ドラフト2020  野手 投手 結果
ドラフト2021  野手 投手 結果
ドラフト2022  野手 投手 結果
ドラフト2023  野手 投手 結果
ドラフト2024  野手 投手
ドラフト2025  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフト    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ