選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

斉藤彰吾(西武) 外野手

斉藤彰吾(さいとう しょうご) 外野手・一塁手 西武

2007年 高校生ドラフト7位 春日部共栄高 高校生 2008年~
50m走6.2秒 遠投115m 高校通算52本 一塁到達 - 秒 二塁送球 - 秒 最速 - キロ
外野手(左翼手・右翼手)・内野手(一塁手) 左投左打
埼玉西武ライオンズ:2008年~

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
斉 藤 30 25 48 75 40 35 70 40 40 40

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
斉 藤 30 25 48 75 40 35 70 40 40 40

2014年終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
斉 藤 38 36 48 73 45 50 63 35 54 50 55

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
斉 藤 65 60 75 70 55 60 60 40 65 65 65

通算成績

2008年~2014年まで
.215 2本 11打点 19盗塁 7盗塁死 出塁率.291 172試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

バランス型外野手。
高い打撃力と俊足で好守に活躍が期待される。
打撃は中距離型。
ミート力はそこそこあり、パワーは結構ある。
高校時代は長距離砲として活躍した高い打撃力を持つ。
1,3,6番打者タイプ。

足は結構速く、肩はそこそこ強肩。
スローイングは普通、キャッチングは普通。
守備範囲は普通。
外野手としては一定の能力があり、守備力は高い。

愛称は特になし。
背番号は「65」。
走攻守でバランスのとれた万能選手。

高校時代は本塁打を量産するスラッガーとして活躍。
プロ入り当初は二軍でも大不振となるが、フォーム改造により打撃力が向上。
2011年に一軍初出場を果たし、代走・守備要員としての起用が増える。
2014年は出場数を大きく増やし、初本塁打をサヨナラ本塁打で飾るなど勝負強い面も見せる。
2015年は空いている右翼手のレギュラーを狙うべく、好守に活躍中。

打撃は元スラッガーということもあり、2014年から一軍でも通用し始めている。
2015年は高打率を維持し、木村や脇谷と右翼手のレギュラー争いを繰り広げている。

足は結構速く、代走要員としても起用される。
2014年は12盗塁を決めるなど盗塁成功率も高く、走塁技術も高い。
守備範囲にも活かせていて、足は武器となっている。

守備では外野全般をこなす。
俊足強肩で、技術的にも悪くはない。
守備要員として起用されることもあり、高い評価を得ている。
中堅手としてはやや物足りないが、右翼手あたりなら上手い部類になるだろう。

走攻守全てで魅力がある万能選手。
2014年は木村が右翼手として起用されるも打率が伸びず、斉藤にある程度出番が回ってきた。
2015年はレギュラー不在が続き、今までより打率が上がっていることでレギュラー獲りが近づいてきている。
ライバルは多いが若さという武器もあるので、今後の西武の外野陣を支える選手に成長してもらいたい。

プロ選手で例える

大当たり 秋山(西武)、丸(広島)

西武で似た選手 熊代、石川、田代

覚醒時の打撃成績予想

.310 20本 30盗塁

更新情報
関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ