選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

広岡達朗(全盛期)

広岡達朗(廣岡達朗)(ひろおか たつろう) 遊撃手 巨人

内野手(遊撃手・三塁手・二塁手) 右投右打 巨人
広島県立呉三津田高→早稲田大 大学 1954年~1966年
読売ジャイアンツ:1954年~1966年
監督としての活躍が偉大

1954年(1年目)
.314 15本 67打点 9盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
広 岡 63 68 68 70 40 10 65 50 50 70

1955年
.257 11本 43打点 17盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
広 岡 41 46 61 70 50 30 65 50 65 60

1957年
.244 18本 33打点 5盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
広 岡 37 42 72 70 50 20 65 45 50 70

1958年
.277 12本 41打点 22盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
広 岡 48 53 62 70 50 5 65 40 45 65

1963年
.241 5本 41打点 7盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
広 岡 39 44 54 60 70 40 60 40 60

トータル
1954年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
広 岡 63 68 68 70 50 25 65 50 55 70

通算成績

1954年~1966年
.240 117本 465打点 115盗塁 57盗塁死 出塁率.307 1327試合

タイトル

なし

表彰

新人王(1954年)
ベストナイン1回

記録

特になし

総評

強打好守型内野手。
高い打撃力と広い守備範囲を持つ守備力で活躍した内野手。
守備位置は1954年はショート、1955年はサード、1956年からはショートで、セカンドとしても出場経験がある。
コンバートは遊撃手→三塁手→遊撃手。

犠打はそこそこあり、最多は11。
盗塁はそこそこ多く、盗塁成功率はやや低い。
四球はやや少なく、三振は普通、出塁率はやや低い。
併殺打は普通。
死球数は普通。
1954年は四球54・三振49と四球に対して三振が少ない。

愛称は「ヒロさん」「ヒロ」「狐」。
強打好守の内野手として活躍。
大学時代は東京六大学リーグのスタープレーヤーで「六大学の貴公子」と呼ばれた。
1年目から遊撃手のレギュラーとして活躍し、新人王を獲得。
その後は打率はあまり高くならなかったが、二桁本塁打を通算7度記録するなど強打で打撃でも活躍。
守備では吉田義男とともにセ・リーグを代表する遊撃手として活躍。
1966年に引退。

引退後は広島・ヤクルトでコーチを務め、ヤクルト・西武で監督を務めている。
その後はロッテで日本球界初のゼネラルマネージャー(GM)に就任。
そのほかでは解説者や評論家として活動している。
監督としては「管理野球」で有名。

主に2番打者、6番打者、7番打者として活躍している。
背番号は「2」。

川上哲治とぶつかることが多かった選手。
三塁打が多く、盗塁が多いなど足が速い選手。
守備職人として知られ、堅実かつ華麗な守備と評価されている。
失策数は20失策以上が6回、リーグ最多失策が1回とかなり多く、川上引退後も失策数はあまり変わらず、晩年に短い期間一桁になっている。
失策数が30・40といく選手がいる中では堅実なのかもしれないが…。
遊撃手としての通算守備率は.962。
守備成績は1950年代はややプラス、1960年代は結構マイナスという形で、華麗な守備や魅せるプレーが多い選手だと思われる

捕球などはデータより高めに設定。
これ以上は下げづらいですし、イメージとかけ離れすぎますので。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
でもそれは打撃や他の要素も一緒です
当時の球場でプレーしたいた選手が同じ年齢や能力で今の球場でプレーした時にエラーが何個ぐらいに変化するかも分かりませんし、逆も誰も試せないので分かりません。
なので、エラー数通りになるような数値にしています。

逆に当時はグラウンドが小さすぎるので、ほぼ全選手の長打力がG、変化球がほとんどない当時の選手が現代に来たら誰もうつことが出来ないので巧打力もほぼ全選手Gとすると訳が分からないことになってしまいます。

なので、打撃も守備も過去の数字も現在の数字もそのままとして数値化しています。
[ 2023/08/29 19:14 ] [ 編集 ]
後楽園球場は東京ドームと違って天然芝の球場なので、当時はイレギュラーバウンドが多くても不思議じゃありません。
単純なエラー数だけで守備力を比較するとなると、球場ごとの違いを考慮する必要がある気がします。
[ 2023/08/29 12:32 ] [ 編集 ]
まぁ後楽園球場は東京ドームと違って天然芝の球場なので、当時はイレギュラーバウンドが多くても不思議じゃありません。
単純なエラー数だけで守備力を比較するとなると、球場ごとの違いを考慮する必要がある気がします。
[ 2023/08/29 12:31 ] [ 編集 ]
ご意見ありがとうございます
試合単位も1選手あたり年間10試合ほど欲しいところですね。
そんなデータがどこかに眠ってたら嬉しい限りですが、たぶんないですよね。

外野はフライの捕球ミスとかありますし、あと追加情報として三塁手の守備率は今とあまり変わりません。
三塁手は昔ホットコーナーで守備重視の選手が多かったことや、はじいてもアウトにできればエラーにならないなどありますが、それでも差がなさすぎますのでグラブの影響が小さく感じます。
なのでグラブの影響が皆無とは言いませんが、主要因ではなく多少の影響程度なのかと思ってます。

過去と現代とで守備率に大きな差があるのは捕手・二塁手・遊撃手の3ポジションです。
私もまだ完全な確信というほど掴んではいませんが、それでも大きな要因は間違ってないのかなと。
あと当ブログでの査定は過去どうだったかをほぼ抜きにしてデータのみで判断して反映させてます。
打撃でも球場がとか、体格がとか、選手層がとかいろんな違いが発生してしまいますので。
[ 2017/11/04 18:39 ] [ 編集 ]
お返事ありがとうございます
もちろん動画というのは「ハイライト」ではなく「試合映像」のつもりでした。
そんなもの残ってないと思いますので「動画で確かめるしかない(でもそれは不可能ですね)」という感じでしょうか。
言葉足らずにも程がありますねw
評価が不可能(は言い過ぎですが)なものを無理やり評価しようとするのはどうなのかな?という思いで書かせていただきました。

グラブに関してですが「外野のエラーが増えてないから同じ」とは判断できないような……。
エラーの大半というのはゴロ捕球→送球の過程で生じるわけですが、例えば外野手はシングルヒットの打球を綺麗に捕球できず前に弾いてもセカンドに進塁さえされなければエラーと記録されないわけで、ポジションの性質上グラブの影響が記録に出ないだけという考え方もできるのでは。
内野手だと前に弾いてしまうとエラーになる可能性が高いですよね。
当時のグラブはボールを捕りやすいようにはできていないので(ポケットが無いんですよね)そこはやはり影響があるように思います。
[ 2017/11/04 18:10 ] [ 編集 ]
動画はあまり…
動画はその選手の10段階で1の状態なのか10の状態なのか分からず、大抵いい方が動画に残ります。
三振のシーンが少ない、バント失敗がない、エラーが少ないなど。
守備であれば実績的に100ぐらいのサンプルがないと信頼度の低いものになりあてになりません。
守備で言えば50~80ぐらいのあてを付けるぐらいにはなりますが、その先を詰めるのは不可能ですね。

エラーに関しては外野の失策数が現代と変わらないため、ボール・グラブの影響はほぼ皆無だと判断できます。
今と比べるとグラウンドの整備不良、根本的な技術の向上がまず大きいと思います。
それに加え、昔はアマ時代に実績ある選手は1年目からレギュラーが当たり前で、今だと1年目は二軍でエラー連発だけど数年後一軍で使えるようになる、みたいな前段階をショートカットしているため、エラー数が多くなってるのもあると思います。

守備成績(主に守備範囲)は今も昔も変わらず若いほど守備範囲が広く、年齢を重ねるほど守備範囲は狭くなるため、通常通りその結果となっているものだと思います。
[ 2017/11/03 19:33 ] [ 編集 ]
最終的には動画で確かめるしかない
この時代の選手のエラー数に関しては色々と考慮しなくちゃいけない気がしますね。
今とはボール、グラブ、グラウンド等の条件が違いすぎますし、同時代の他の選手との比較までで我慢すべきなのかもしれません。
例えば他の選手が30・40個エラーするような状況の中で20個「しか」してないなら、皮肉でなく抜きん出て堅実だという評価をしてしまって良いように思います。
個人的には、同時代の選手同士であってもホーム球場が土の選手と人工芝の選手のエラー数を単純比較することにはあまり意味が無いとすら考えていますが。

広岡については「現役前半はプラス、後半はマイナス」という評価は無難で妥当な感じがします。
ちなみに当時の語られ方としては「魅せる吉田と実戦的な広岡」という感じのものが多かったみたいですね。
「派手好みの大阪とスマートな東京」というステロタイプなイメージを2人に投影させていた気配もあって面白いです。
[ 2017/11/03 03:33 ] [ 編集 ]
そうですね
言われてみれば・・・

広岡さん査定もそうですが、このサイトは勉強になります。

ちなみに私はパワプロ派なんですけどね。
[ 2016/04/19 21:56 ] [ 編集 ]
それ以上に…
長嶋茂雄のこともありますけど、それ以上に年齢を重ねたからですね。
30代でショートの守備範囲を維持するのは無理がありますし。
ちなみに守備率はだいぶ上がってます。
[ 2016/04/19 19:30 ] [ 編集 ]
一概に守備が悪くなったわけではないような
「・・・守備成績は1950年代はややプラス、1960年代は結構マイナス」

・・・これは長嶋茂雄の守備範囲の広さが影響しているのでしょうね。その分長嶋さんの守備成績が怪物級ですから。
[ 2016/04/19 16:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤク 中日
日ハ ソフ ロッ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 結果
ドラフト2018  野手 投手 結果
ドラフト2019  野手 投手 結果
ドラフト2020  野手 投手 結果
ドラフト2021  野手 投手 結果
ドラフト2022  野手 投手 結果
ドラフト2023  野手 投手 結果
ドラフト2024  野手 投手
ドラフト2025  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフト    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ