選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

徳武定之(全盛期)

徳武定之(徳武定祐)(とくたけ さだゆき) 三塁手 国鉄

内野手(三塁手・一塁手) 右投右打 国鉄・サンケイ→中日
早稲田実業学校高等部→早稲田大 大学 1961年~1970年
国鉄スワローズ、サンケイスワローズ、 サンケイアトムズ:1961年~1967年 中日ドラゴンズ:1968年~1970年
守備はいいのか悪いのか、数字上では抜群の実績

1961年(1年目)
.255 9本 62打点 7盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
徳 武 44 49 60 55 60 65 65 70

1962年
.244 14本 54打点 7盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
徳 武 40 45 67 55 60 60 65 65

1963年
.300 14本 64打点 10盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
徳 武 59 64 67 55 60 60 65 70

1964年
.263 15本 65打点 5盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
徳 武 46 51 68 50 60 65 65 65

1968年(中日)
.238 11本 31打点 1盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
徳 武 38 43 66 45 70 90 60 35 55

トータル
1963年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
徳 武 59 64 67 55 60 65 65 (25) 70

通算成績

1961年~1970年
.259 91本 396打点 35盗塁 36盗塁死 出塁率.331 1063試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打好守型内野手。
高い打撃力と守備力で活躍した内野手。
守備位置はサードで、ファーストとしての出場経験がわずかにある。
コンバートはなし。

犠打は少なく、最多は6。
盗塁はそこそこあり、盗塁成功率は低い。
四球はやや多く、三振は少ない、出塁率は普通。
併殺打は非常に多い。
死球数は少ない。
三振が少ない打者。

愛称は特になし。
強打好守の三塁手として活躍。
大学で大活躍した選手で、プロ入り時には巨人から「長嶋茂雄をショートに回すから」という誘いもあったほどの選手。
国鉄に入団し、1年目の1961年から三塁手の不動のレギュラーとして活躍。
高い打撃力に加え、守備でも活躍。
1961年から1967年まで821試合連続出場する。
1968年に河村保彦との交換トレードで中日に移籍。
中日では堅守を見せ、1968年は三塁手としての守備率が.993と当時では異例ともいえるほどの高い数値を残す。
1970年に現役を引退。

引退後は中日・ロッテでコーチや監督代行を務めている。
選手時代の名前は「徳武定之」。
次女は元タレントの徳武利奈で、2012年に郷ひろみと入籍・結婚。

主に4番打者、3番打者として活躍している。
背番号は3→11で、1967年までは「3」。

6年連続全試合出場した国鉄不動の三塁手。
1963年だけ打率が高いが、安定した長打力がある。
守備範囲が狭いと言われていたようだが、足があまり速くないからだと思われる。
失策数は二桁になることが多いが、守備機会が非常に多く守備率は高い。

--守備について--
豊田泰光との三遊間は極端に守備範囲が狭い二人だったという話もあるようだが、守備指標では全く別の結果が表れる。
守備範囲が抜群に広かった長嶋茂雄並の数値となっていて、全盛期の守備機会は非常に多い。
守備範囲が狭かったが、ただボールが極端に多く飛んできたのか。
それとも、実際にはいい動きをしていたが、足が速くないことなどから守備範囲が狭いというイメージが付いてしまったのか。

過去の映像が無い為、実際は分からない。
三塁に打球が集まりやすい時代なので、チームによって大きく差が出ることがあった時代だと思うが、守備機会があまりにも多いので、守備範囲は狭いというほどのものではなかったのだと推測しました。
だからといって指標通りの広さがあったのかも分かりませんが。

当時の守備の中心が三遊間で、今でいう二遊間を守る選手が当時では三塁手につくような時代だったので、足が速くない選手はある程度珍しかったのではないかと思います。
今でいえば打撃型三塁手が二塁手を一年間守るような。
そしてその打撃型選手が以外といい動きはするものの、重々しい雰囲気がありイメージが良くなかった、データ的に見ればこんな感じ。

一つだけ気になっているのは、当時の国鉄は非常に弱く、守備力の高い選手があまりいません。
その結果、どのポジションでもアウトになりにくく、結果的に三塁でのアウトが多かった、という可能性はあります。
守備指標は時代によって全く違った意味合いを持ってしまったりするので、判断が非常に難しいです。

結局答えは分かりませんので、昔の人のイメージよりはデータを信頼したいと思い、「指標8」:「イメージ2」ぐらいの査定をしています。
この時代の査定は非常に難しい…。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人47~60 大阪46~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海33~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ