選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

宇野光雄(全盛期)

宇野光雄(うの みつお) 三塁手 巨人

内野手(三塁手・一塁手・二塁手) 右投右打 巨人→国鉄
慶應義塾大→藤倉電線 社会人 1947年~1948年、1950年~1956年
読売ジャイアンツ:1947年~1948年、1950年~1953年 国鉄スワローズ:1954年~1956年
30台半ばから後半に活躍したベテラン選手

1947年(1年目)
.125 0本 0打点 0盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 野 15 20 42 75 30 5 45 40

1951年
.303 3本 59打点 23盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 野 55 60 42 70 50 20 50 30 35 65

1952年
.290 5本 54打点 11盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 野 52 57 50 65 50 35 50 65

1954年(ヤクルト)
.291 7本 56打点 19盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 野 53 58 54 65 50 35 45 60

トータル
1951年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
宇 野 55 60 42 70 50 25 50 35 35 65

通算成績

1947年~1948年、1950年~1956年
.280 30本 292打点 73盗塁 26盗塁死 出塁率.336 633試合

タイトル

なし

表彰

ベストナイン1回

記録

特になし

総評

俊足巧打好守型内野手。
高い巧打力と守備力で活躍した内野手。
守備位置は1955年までサード、1956年はファーストで、1950年はセカンドでも出場している。
コンバートは三塁手→一塁手。

犠打は少なく、最多は8。
盗塁は結構多く、盗塁成功率はやや高い。
四球はやや少なく、三振は少ない、出塁率はやや低い。
併殺打は結構多い。
死球数は普通。
通算四球数より通算三振数の方が少ない。

愛称は「おとぼけのウーやん」。
俊足巧打好守の三塁手として活躍。
飯島滋弥・宮崎要・大館盈六とともに「100万ドルの内野陣」と呼ばれた。
1947年に29歳と高齢での入団をするが肩を壊し、1948年に退団。
1950年に巨人の二軍監督として復帰し、肩が回復しシーズン後半から選手復帰。
1953年に柏枝文治の活躍で出場機会が減り、1954年に国鉄に移籍。
1956年は選手兼任監督を務め、1956年に引退。

引退後は国鉄や大毎オリオンズの監督を務めている。
その後は中日のヘッドコーチを務めている。

主に5番打者、4番打者として活躍している。
背番号は29→40→10→1→30で、1950年から1953年は「10」、1954年から1955年は「1」。

安定した成績を残す巧打者。
足が速く、守備が巧い。
肩を故障していた為、守備位置は浅い。
失策数は毎年20前後とまずまず。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ジャイアンツ90前 タイガース90前 カープ90前 ドラゴンズ90前 横浜 スワローズ90前
大阪 ロビンス・ホエールズ 国鉄・アトムズ
-パ・リーグ-
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天
ダイエー 阪急 フライヤーズ オリオンズ 西鉄 近鉄
南海

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ