選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

吹石徳一(全盛期)

吹石徳一(ふきいし とくいち) 内野手 近鉄

内野手(遊撃手・三塁手・一塁手・二塁手)・外野手(左翼手・中堅手・右翼手) 右投右打 近鉄
和歌山県立南部高→日本新薬 社会人 ドラフト4位 1975年~1988年
近鉄バファローズ:1975年~1988年
強打型内野手のユーティリティープレイヤー

1975年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 0試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吹 石 20 25 45 70 40 40 70 45

1980年
.249 12本 36打点 6盗塁 109試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吹 石 42 47 69 65 40 35 65 35 40 50 65

1981年
.245 10本 48打点 13盗塁 126試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吹 石 40 45 63 65 60 55 65 50 35 55 65

1985年
.243 12本 29打点 8盗塁 103試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吹 石 40 45 69 60 60 70 60 45 65 55 60 30 30

トータル
1981年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吹 石 40 45 63 65 60 55 65 50 45 55 65 30 30 30

通算成績

1975年~1988年
.229 52本 200打点 57盗塁 29盗塁死 出塁率.267 1020試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打好守型内野手。
長打力と堅実な守備力で活躍した内野手。
守備位置は1976年はサード、1977年から1984年はショート、1985年はセカンド、1986年はショート、1987年はファースト、1988年はサードで、外野でもわずかに出場している。
コンバートは三塁手→遊撃手→二塁手→遊撃手→一塁手→三塁手。

犠打はそこそこ多く、最多は17。
盗塁はそこそこあり、盗塁成功率はやや低い。
四球は非常に少なく、三振は少ない、出塁率はかなり低い。
併殺打は普通。
死球数は普通。
極端な早打ち傾向の積極打法なのか、四球・三振が少ない。
1981年は四球23・三振25と、四球は少ないが、三振がかなり少ない。

愛称は特になし。
強打堅守の内野手として活躍。
2年目の1976年に一軍初出場し、1979年までは控えとして出場する。
1980年に初めて100試合以上に出場し、1981年に遊撃手のレギュラーとなる。
その後は準レギュラー・控えとして出場し、1985年は再び100試合以上に出場し、3度目の二桁本塁打を打つ。
1988年まで内野の守備要員などで活躍。
1988年に引退。

引退後は近鉄・楽天のコーチやスカウトを務めている。

主に9番打者、2番打者、7番打者として活躍している。
背番号は「25」。
長女は女優・タレントの吹石一恵、娘婿は福山雅治。

三振の少ない強打者。
規定打席到達は1度だけだが、250打数前後でも二桁本塁打を打てる長打力がある。
四球が少ない為、出塁率が3割を超えたことはない。
まずまずの俊足で盗塁はそこそこあるが、三塁打は通算3と少ない。
内野はどこでも守れ、毎年さまざまなポジションについている。
失策数はやや少なく、堅守が特徴。

--年度選択について--
能力的には1980年・1985年もいい感じになりましたが、規定打席到達は1981年のみなので、1981年を全盛期としました。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人47~60 大阪46~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海33~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
すっかり忘れてました
1981年以外で3割や20本塁打ぐらい打っていればそちらの方がいいですが、成績が近いならやっぱり出場数が多い方が全盛期っぽいですね。

福山雅治を認識してから初めて存在を忘れてしまいました。
記事作りでのめり込みすぎると周りが完全に見えなくなってしまいますね。
加筆しました。
[ 2015/10/20 19:42 ] [ 編集 ]
感謝御礼
リクエストした選手の査定ありがとうございます。
これで阪急と近鉄の抜け分ができたかなと思いました。
年度選びは規定打席クリアでいいと思います。
他の年度もいいですけど、規定打席はひとつの目安と私も思います

娘婿が福山雅治。これも付け加えてほしいです。
[ 2015/10/20 01:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ