選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ボビー・ミッチェル(元日本ハム) 外野手

ボビー・ミッチェル(Rovert Vance "Bobby" Mitchell) 外野手 日本ハム

外野手(左翼手・中堅手・右翼手)・内野手(一塁手・二塁手)・指名打者(DH) 右投右打
国籍:アメリカ合衆国 1976年~1979年
ニューヨーク・ヤンキース:1970年 ミルウォーキー・ブルワーズ:1971年、1973年~1975年 日本ハムファイターズ:1976年~1979年
一発か三振かのパイオニア?

1975年(ブルワーズ)
.249 9本 41打点 3盗塁 93試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
B.ミッチェル 55 51 74 65 40 65 65 30 30 55 45 50

1976年(日本ハム1年目)
.244 23本 66打点 8盗塁 107試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ミッチェル 40 45 79 65 55 60 65 30 65 60 40

1977年(日本ハム)
.243 32本 75打点 9盗塁 128試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ミッチェル 40 45 85 60 45 60 65 25 55 65 40

1978年(日本ハム)
.274 36本 93打点 3盗塁 128試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ミッチェル 50 55 90 60 60 55 65 60 60 40

トータル
1978年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ミッチェル 50 55 90 60 60 55 65 25 60 60 50

通算成績

1976年~1979年(日本のみ)
.250 113本 294打点 22盗塁 17盗塁死 出塁率.308 474試合

タイトル

本塁打王1回

表彰

なし

記録

4年連続リーグ最多三振

総評

強打型外野手。
高い打撃力で活躍した外野手。
守備位置はメジャーでは主にレフト、日本では1976年はレフト、1977年はセンター、1978年はレフト、1979年はライトで、マイナーではファースト・セカンド、日本ではファーストでの出場経験もある。
コンバートは左翼手→中堅手→左翼手→右翼手。

犠打は0。
盗塁はそこそこあり、盗塁成功率は低い。
四球はやや少なく、三振は非常に多い、出塁率は低い。
併殺打は普通。
死球数は普通。
三振が非常に多く、4年連続リーグ最多で、1977年の158三振はラルフ・ブライアントに更新されるまでの日本記録。

愛称は特になし。
強打の外野手として活躍。
1965年にプロ入りし、1970年にメジャー初出場。
1973年から1975年まではメジャーでまずまずの成績を残す。
1976年に日本ハムに入団し、4年連続で20本塁打以上を打つ。
1978年には36本塁打で本塁打王となり、守備では4年間で外野3ポジションをそれぞれ守り中堅手としても出場している。
1979年に打撃成績が落ち、退団。

主に4番打者として活躍している。
背番号は「39」。

一発狙いの助っ人外国人。
長打力は高いが、三振が非常に多く、打率が低く四球が少ないため出塁率が低い。
1977年は中堅手を務めるが、足は遅く守備はあまり上手くない。
守備範囲はやや狭く、失策数はやや少ない。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人47~60 大阪46~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海33~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
現在日ハムの球団代表を務める島田利正氏が通訳として入社した際に最初期に担当した選手だったそうで、同選手が「いいチャンネエのいる店を教えてくれよ」くらいの意で「どこに行けばgood beefにありつけるのかな?」と聞いてきた際にそんなことなど知る由もない島田氏に普通にステーキハウスに連れて行かれたそうですが…まさかその若い通訳が最終的には今自分がいる球団の代表にまで上り詰めることになるとは当時のミッチェル選手は想像もしなかったことでしょう。
[ 2016/06/26 11:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ