能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)




ショートカットページ

2020年チーム別選手能力  2022年チーム別選手能力  2022年新外国人選手
ドラフト2021指名結果  全盛期チーム別  年度別チームデータ

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
興津立雄(全盛期)
2016年02月24日00:59

興津立雄(興津達雄)(おきつ たつお) 内野手 広島

内野手(三塁手・一塁手・二塁手) 右投右打 広島
静岡県立静岡商業高→専修大 大学 1959年~1971年
広島カープ、広島東洋カープ:1959年~1971年
1960年代のチームの主力選手

1959年(1年目)
.220 5本 20打点 3盗塁 96試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
興 津 31 36 52 55 45 40 60 30 45

1960年
.268 21本 64打点 3盗塁 129試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
興 津 48 53 76 55 20 30 60 45 35 40

1963年
.303 19本 93打点 5盗塁 140試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
興 津 60 65 73 50 55 65 55 35 50

1964年
.269 17本 55打点 7盗塁 131試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
興 津 48 53 71 50 50 55 55 35 55

トータル
1963年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
興 津 60 65 73 50 55 65 55 40 (25) 50

通算成績

1959年~1971年
.258 145本 495打点 29盗塁 18盗塁死 出塁率.320 1227試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

打撃型内野手。
高い打撃力で活躍した内野手。
守備位置は1959年はサード、1960年はファースト、1961年から1969年はサード、1970年・1971年はファーストで、セカンドでの出場経験もわずかにある。
コンバートは三塁手→一塁手→三塁手→一塁手。

犠打はそこそこあり、最多は13。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は普通、三振はやや多い、出塁率は普通。
併殺打は結構多い。
死球数はそこそこ多い。
この時代の選手としては三振が多い。

愛称は特になし。
打撃型の内野手として活躍。
大学では強打者として活躍し、「東都の長嶋」と呼ばれるなどした。
1年目の1959年からレギュラーになり、1960年はリーグ2位の21本塁打を打つ。
1963年は4番打者を務め、初の3割を打つ。
1966年からは出場数が徐々に減り、三塁手や一塁手や代打などで活躍。
1971年に現役を引退。

引退後は水道工事業を経営している。

主に4番打者、3番打者、5番打者として活躍している。
背番号は「10」。
登録名は1959年から1962年は「興津達雄」、1963年からは「興津立雄」。

打撃面で活躍した三塁手。
8度の二桁本塁打を打つなど長打力が高い。
足は遅く、守備範囲は狭い。
失策数はやや多い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事



コメント : 0 / トラックバック : 0  カテゴリ : 全盛期 広島 50~67年

トラックバックURL http://playersnote.blog.fc2.com/tb.php/2297-33602832
< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >
コメントを見る
コメントを書く
トラックバック