選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ダグ・オルト(元阪神) 外野手

ダグ・オルト(Doug Ault) 外野手・一塁手 阪神

外野手(右翼手・左翼手)・内野手(一塁手) 左投右打
国籍:アメリカ合衆国 1981年
テキサス・レンジャーズ:1976年 トロント・ブルージェイズ:1977年~1978年、1980年 阪神タイガース:1981年
打撃力が高い内外野手

1977年(ブルージェイズ)
.245 11本 64打点 4盗塁 129試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
D.オルト 44 65 74 50 35 20 65 50 25 25

1980年(ブルージェイズ)
.194 3本 15打点 0盗塁 64試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
D.オルト 28 48 62 45 40 45 60 45 30 30

1981年(阪神)
.307 18本 59打点 2盗塁 102試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
オルト 59 59 75 40 45 35 60 35 35

トータル
1981年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
オルト 59 59 75 40 45 35 60 35 35

通算成績

1981年(日本のみ)
.307 18本 59打点 2盗塁 1盗塁死 出塁率.343 102試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

打撃型内外野手。
高い打撃力で活躍した内外野手。
守備位置はメジャー・マイナーではファーストで、日本での1981年はライト兼ファースト。
コンバートは一塁手→右翼手。

犠打は少なく、通算2。
盗塁は少なく、盗塁成功率はやや低い。
四球は非常に少なく、三振は普通、出塁率は低い。
併殺打は結構多い。
死球数は普通。
早打ち傾向の積極打法で、四球が少ない。

愛称は特になし。
打撃型の内外野手として活躍。
1973年にプロ入りし、1976年にメジャー初出場。
1977年にメジャーでレギュラーとして活躍。
1981年に阪神に入団し、ほとんど経験のない右翼手として起用され、まずまずの成績を残すが骨折し1年で退団。

引退後は3Aの監督を務めている。

主に4番打者、7番打者、5番打者として活躍している。
背番号は「44」。

打撃で活躍した助っ人外国人。
打率は高いが、四球が少なく出塁率が低い。
来日前は外野手経験がほとんどなかったが、阪神では右翼手として起用されている。
守備範囲はやや狭く、一塁手としては失策数が多く守備率が低い、外野手としては失策数・守備率は普通。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
オルト選手は査定をお願いさせていただいたアレン選手とほぼ同じ時期の選手で、成績もそれなりに良好ながら早期解雇されたことをファンには惜しまれていた様子でした。野村監督就任と同じ頃に出た阪神本(図書館で読んだだけなのでタイトルは失念)に載っていた外国人列伝でも「良い外国人」「かわいそうな外国人」「困った外国人」と分けられる中両選手とも「かわいそう」にカテゴライズされていましたし。
(余談ですが時期が時期なだけに「困った外国人」にはもちろん「あの選手」も紹介されていましたね。ええ、似顔絵のスキンヘッドの頭に罵倒する言葉が描かれた上で…)

解雇されたすぐあとくらいに出た「ニッポン野球は永久に不滅です」という本では
「タイガースのガイジン選手の採用とクビの繰り返しの典型的な例を挙げれば、強打者オルトの解雇(「打つだけ」の選手という理由だそうだ)→後釜には「俊足巧打」のキム・アレン(今度はパワー不足とかでこれもダメ)→そしてまた「打つだけ」のランディ・バースを獲得…。ずいぶんメチャクチャな理由ではないか」
と、当時の阪神の外国人補強戦略の一貫性の無さが批判されていましたが、結果だけ言えばバース選手一人でそれまでの失敗は全て帳消しになったとは言えると思います。
[ 2016/06/24 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ