選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

吉本博(全盛期)

吉本博(よしもと ひろし)(宋才博(ソン・ジェバク)) 捕手 西武

捕手・外野手(左翼手・右翼手)・内野手(一塁手・三塁手) 右投右打 太平洋・西武→大洋
山口県立南陽工業高 高校 ドラフト3位 1975年~1987年
太平洋クラブライオンズ、クラウンライターライオンズ、西武ライオンズ:1975年~1982年 横浜大洋ホエールズ:1983年~1987年 OBベアーズ:1988年~1990年 太平洋ドルフィンズ:1991年
強打弱肩の捕手

1975年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 0試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吉 本 20 25 48 55 30 25 55 30

1980年
.266 8本 22打点 1盗塁 76試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吉 本 47 52 64 50 25 20 50 50 25 20 25 30

1981年
.230 5本 11打点 1盗塁 74試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吉 本 36 41 59 50 20 30 50 50 20 25 25

1984年(大洋)
.197 5本 15打点 0盗塁 35試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吉 本 28 33 64 50 55 5 50 45 40

トータル
1980年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
吉 本 47 52 64 50 25 20 50 50 30 (20) 35 30

通算成績

1975年~1987年
.229 21本 58打点 2盗塁 4盗塁死 出塁率.268 278試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強打型捕手。
高い長打力で活躍した捕手。
守備位置は1978年はレフト、1979年から1981年はキャッチャー、1982年から1987年は外野手で、ファースト・サード・ライトでの出場経験もある。
コンバートは捕手→外野手。

犠打は少なく、通算4。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は少なく、三振はやや少ない、出塁率は低い。
併殺打は普通。
死球数はやや少ない。
やや早打ち傾向の積極打法で、四球が少ない。

愛称は特になし。
強打の捕手として活躍。
4年目の1978年に初出場し、1980年から大石友好との併用になる。
1980年は前半戦で6本塁打打ち田淵二世として期待される。
1981年は打撃成績がやや下降し、32連続盗塁阻止失敗のワースト記録を作ってしまうなど弱肩という欠点があった。
1983年の開幕前に清水宏悦と交換トレードで大洋に移籍し、代打・外野手・一塁手としてプレー。
1988年からは韓国リーグでプレーし、1991年に現役を引退。

引退後は韓国でコーチや二軍監督を務めている。

主に8番打者、7番打者として活躍している。
背番号は49→32→41→4で、1980年までは「49」。

強打で活躍した捕手。
長打力は高いが、四球が少なく出塁率が低い。
肩が弱く、盗塁阻止率が低い。
失策数は捕手としても外野手としても多く、守備率はかなり低い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
レアものをお持ちで
その年代の選手名鑑を持っているとはすごいですね。
wikiの参考資料はページまで載ってますね。
すみませんが、情報をお借りいたしました。

今は韓国の方でコーチとして活躍されているみたいですね。
面白いタイプの選手を調べられて楽しかったです。
[ 2016/05/18 23:13 ] [ 編集 ]
作成いただきどうもありがとうございます。時間がある時に某野球ゲームで再現を試みてみようと思います。(実はキャリアハイ翌年の選手名鑑が手元にありまして、田淵二世云々とwikiに書いたのは私だったりします)

ちなみに同捕手は「タブチくん」のアニメ映画にも出ておりまして、野村克也捕手や大石友好捕手共々当時盗塁記録絶賛更新中だった阪急の福本外野手にプロ野球ニュースのインタビューで馬鹿にされたあげく「ヤクルトの鈴木投手みたいになりたくない」とビビって試合をサボる(野村捕手は逃亡、吉本・大石両捕手は仮病を使う)、というかなり損な役回りでした。しかし今思いますと三人とも三者三様に指導者としては成功している(野村捕手は今更多くの説明を要さないでしょうし、大石捕手もコンスタントにコーチの口があるようですし)のが興味深いところですね。
[ 2016/05/18 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ