選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ロバート・ローズ(元横浜) 二塁手

ロバート・ローズ 内野手(二塁手・三塁手・一塁手)

横浜 右投右打 1993年~2000年,2003年

1993年(1年目)
.325 19本 94打点 2盗塁 130試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ローズ 71 76 74 50 60 70 80 55

1996年
.304 16本 86打点 1盗塁 126試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ローズ 61 65 70 50 60 30 75 55 45

1999年
.369 37本 153打点 3盗塁 134試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ローズ 98 80 89 45 60 70 75 30 55

2000年
.332 21本 97打点 1盗塁 135試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ローズ 75 80 75 45 60 65 75 30 70

トータル
1999年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ローズ 98 80 89 45 60 70 75 30 55 35


<通算成績>
1993年~2000年
.325 167本 808打点 16盗塁 12盗塁死 出塁率.402

<総評>
打撃型・バランス型内野手。
守備位置は二塁手で、1996年シーズン当初は三塁手、その他一塁・右翼を守る。
メジャーでは三塁手兼遊撃手。

首位打者1回。
打点王2回。
最高出塁率1回。
最多安打2回。

ベストナイン6回。
ゴールデングラブ賞1回。

犠打は通算1。
四球はやや多く、三振はやや少なく、敬遠も多い為、出塁率は非常に高い。
盗塁数は少なく、盗塁成功率は低い。
怪我に強い。
併殺打が非常に多い。

サイクル安打を3回というプロ野球史上唯一の記録を持っている。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
来日以後、どんどん体格が良くなり、最終年の00年は結構大きかったです
走塁は脚力の割に上手かった
守備範囲は広くないが、バックトスなどが上手かった

契約交渉がこじれて退団(別説では心労が酷かったとも)
他球団に売り込みも、当時の紳士協定でどこもオファー出さず
(この協定は02年オフのペタジーニの件で消滅。以後、流動の時代へ)
[ 2018/04/20 20:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ