選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

市川睦 外野手・投手 二松学舎大附高

市川睦(いちかわ あつし) 外野手

2017年ドラフト候補 二松学舎大附高 高校 出身:東京都
50m走 - 秒 遠投 - m 高校通算 - 本塁打 一塁到達 - 秒 二塁送球 - 秒 最速143キロ
外野手(中堅手・右翼手)・投手 左投左打 182センチ83キロ
野手投手両面で期待される二刀流

ドラフト前
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
市 川 30 25 48 70 45 35 65 35 40 40

ドラフト後
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
市 川 30 25 48 70 45 35 65 35 40 40

1年目終了時
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
市 川 31 26 48 70 46 36 65 40 41 40

覚醒能力
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
市 川 70 65 70 65 70 65 60 65 70 65

総評

万能型外野手。
打撃は中距離型。
ミート力は結構あり、パワーはそこそこある。
打撃センスが高く、本塁打を量産するパワーもある3番打者。
1,3,5番打者タイプ。

足は結構速く、肩はそこそこ強い。
スローイングはそこそこ良く、グラブ捌きは不明。
守備範囲は不明。
俊足強肩で身体能力が高い。

先輩に広島の鈴木誠也外野手、1学年上に巨人の大江竜聖投手、同期に永井敦士外野手。

投手としての将来性も高く、コントロールがいい投手。

プロ入りしたことを想定すると、万能型の外野手という感じ。
走攻守3拍子高い水準にあり、高い巧打力で打率・本塁打ともに期待できる。
俊足強肩で投手としてコントロールが良く、守備走塁も期待できる。
鈴木誠也のような神ってると言われるほどの活躍が期待される。

ドラフトでは現時点では中位指名または下位指名あたりとなりそうな選手。
能力面としては抜群のものを持ち上位指名クラスの能力を持つが、評価は特に聞こえてこない。
将来性抜群で、ドラフト時には注目されるかもしれない。

プロ選手で例える

大当たり 丸佳浩(広島)、長谷川勇也(ソフトバンク)

○○で似た選手 

覚醒時の打撃成績予想

.320 15本 15盗塁

10段階評価

管理人の評価
レーダーチャート
巧打力:8  打撃センス高い
長打力:7  パンチ力もある
走塁力:7  そこそこ俊足
守備力:7  まずまずの俊足強肩
即戦力:2  走攻守3拍子揃いバランス良い
将来性:9  攻守に期待できる選手

みなさんの評価
レーダーチャート
巧打力:- 
長打力:- 
走塁力:- 
守備力:- 
即戦力:- 
将来性:- 
評価はそれぞれ1~10
『巧打、長打、走塁、守備』 2:プロのチームワースト級、5:プロ標準、9:将来的にタイトル級
『即戦力』 1:高校標準、2:大学標準、5:一年目からまずまず使える、9:新人王候補
『将来性』 5:ドラフト候補標準、8:レギュラー級、10:球界の顔
※全て0、全て10などの評価は除外対象とします

当ブログの仮想ドラフト順位
ドラフト2017仮想ドラフト第2回(2017年4月開催)では4位指名
指名者コメント

更新情報

2017年チーム別選手能力
広島 巨人 DeNA 阪神 ヤクルト 中日
日本ハム ソフトバンク ロッテ 西武 楽天 オリックス

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ