選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

フィル・クライン(フィル・クレイン)(DeNA新外国人) 投手

フィル・クライン(フィル・クレイン)(Phil William Klein) 投手

2017DeNA新外国人 右投右打 201センチ118キロ 27歳 背番号- 推定年俸:- 国籍:アメリカ合衆国
テキサス・レンジャーズ:2014年~2016年 フィラデルフィア・フィリーズ:2016年 横浜DeNAベイスターズ:2017年
スライダーが武器の長身右腕

2016年
6.98 0勝 1敗 0セーブ 12試合(レンジャーズ、フィリーズ)
1.52 5勝 1敗 0セーブ 14試合(3A(IL))
4.26 0勝 0敗 0セーブ 8試合(3A(PCL))
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
クライン 150 60 55 ストレート
ツーシーム
カットボール1
カーブ3
縦スライダー3
チェンジアップ3

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
クライン 153 75 65 ストレート
ツーシーム
カットボール2
カーブ3
縦スライダー4
チェンジアップ3

総評

最高球速(最速)は153キロ、平均球速は約146キロ。
変化球・球種はストレート・ツーシーム・カットボール・カーブ・縦のスライダー・チェンジアップなど。
得意球・決め球は縦のスライダー。
制球力・コントロールはやや悪い。
奪三振率は非常に高い。
投球フォームはスリークォーター。

リリーフから先発に転向した長身右腕。
2011年から2014年までリリーフで、2015年に先発に転向しメジャー通算40試合に登板。
メジャー通算防御率は5.50だが、マイナーではリリーフ時代に防御率0点台なるなど、マイナーでは抜群の成績を残す。
2016年はメジャーでは通用しなかったが、マイナー(IL)では14試合で防御率1点台になるなど好成績を残す。
奪三振率は非常に高いが、与四球率はやや高く、荒れ球ながら三振で抑えるというパターン。
投球はフォーシームやスライダーを中心に、ツーシーム・チェンジアップをまずまず交え、まれにカーブやカットボールを投げる。
スライダーの被打率が非常に低く武器としていて、ストレートはまずまず、その他の球種は打たれることが多い。
スライダーのコントロールは良いが、その他の球種はボールになることが多くコントロールできていない。
ストレートやスライダーでカウントを取りながら、スライダーで打たせて取るかストレートで三振に抑えるかという投手。
長身でスピードはまずまずあるので、日本でもある程度通用する可能性はある。

ウィーランド、パットンに続く助っ人外国人投手第3弾。
先発のモスコーソやペトリックが防御率5点台に終わり、リリーフではザガースキーが4点台だった為、去年までの選手から一新する形になる。
外国人先発候補が他にいないため、ヤン・ヒョンジョンの獲得を目指していたが、年俸が高すぎるためフィル・クラインに切り替えたとみられる。
あまりコントロールが良くないのが不安だが、長身から投げる角度あるストレートは脅威となるかもしれない。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:7  角度あるボールは驚異的
変化球:7  スライダーが良い
制球力:3  四球はやや多い
守備力:3  大柄で動きは鈍い
総合力:7  結構活躍できそう
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報
関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ