選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ドラフト2017候補プロ注目選手の予想指名順位

ドラフト2017候補プロ注目選手の予想指名順位

高校生投手

右投手では金久保優斗(東海大市原望洋高)、古屋敷匠真(八戸工大一高)、山口翔(熊本工業高)、三浦銀二(福岡大大濠高)などがいるが、上位指名が一通り終わった後に中位から下位あたりで指名されそうな選手。
左投手では櫻井周斗(日大三高)に加え、強打の野手としても注目される二刀流の寺西建(星稜高)などがいるが、こちらも下位指名あたりになりそう。

高校生投手は3年生になってからの注目や成長が大事になってくるので2017年での活躍で順位が大きく変わりそう。

大学生投手

右投手では草場亮太(九州産業大)、馬場皐輔(仙台大)あたりが注目されるが、上位候補という感じではない。
左投手では宮台康平(東京大)、大竹耕太郎(早稲田大)、高橋遥人(亜細亜大)、齊藤大将(明治大)などが有力候補で、関東にいい左腕が集中している。

大学生投手は去年に比べると注目される選手が少ないが、左投手が多いため各球団が即戦力左腕を狙うことになりそう。

社会人投手

右投手では西村天裕(NTT東日本)、鈴木博志(ヤマハ)、田中空良(東邦ガス)、善武士(東芝)、柏原史陽(JX-ENEOS)などが候補で、例年に比べると上位寄りの候補が多い。
左投手では田嶋大樹(JR東日本)、若林篤志(JR東海)などがいて、候補はあまり多くないが、高校時代から注目される田嶋大樹がドラフト1位で複数球団が競合する可能性がある。

2017年は社会人投手が豊作で、高校生・大学生にあまり候補がいないため、社会人投手に注目が集まりそう。
最速150キロを超える速球派、本格派投手が多く、各チームがエース候補や抑え候補として獲得を考えることになりそう。

捕手

高校生では古賀悠斗(福岡大大濠高)、猪田和希(神戸国際大学附属高)、村上宗隆(九州学院高)あたりが候補で、中でも左の強打者として活躍する村上宗隆が注目される。
大学生ではこれといった選手がいなく、社会人では岸田行倫(大阪ガス)が注目となる。

2017年は捕手候補が非常に少なく、ドラフト1位候補として期待される村上宗隆は肩があまり強くなさそうなので、将来的には一塁手・三塁手・左翼手あたりにコンバートされる可能性がある。
プロでレギュラー捕手としてやっていけそうな選手が少ないため、下位指名で第2捕手候補や若手捕手が指名されていくことになりそう。

一塁手・三塁手

高校生一塁手では清宮幸太郎(早稲田実業高)、金成麗生(日大三高)、砂川リチャード(沖縄尚学高)、三塁手では安田尚憲(履正社高)が候補で、大型スラッガーが豊作。
大学生一塁手は目立った選手がいなく、三塁手は笠松悠哉(立教大)がいるが、大学生の強打者はあまり多くない。
社会人一塁手では丸子達也(JR東日本)、三塁手では藤岡裕大(トヨタ自動車)が注目される。

高校生に大型スラッガーが多いが、大学・社会人の即戦力は少ない。
清宮幸太郎と安田尚憲がドラフト1位で複数球団が競合することが予想される。
清宮幸太郎は打撃の完成度は高いが、一塁手以外は外野手経験が少しある程度ですでに一塁手に戻っている。
二軍で外野を守ることはあるかもしれないが、基本的には一塁手専門のためチームによっては1位指名を敬遠するところが出てくる。
安田尚憲は三塁手だがプロを見据えてのものという感じで、守備はあまり良くなくプロでは一塁手タイプ。
それでも鍛えれば三塁手として見込めるという球団にとっては非常に良い素材なため1位で指名したいと思わせる選手。

二塁手・遊撃手

高校生遊撃手では西巻賢二(仙台育英高)、太田英毅(智弁学園高)、嶋谷将平(宇部鴻城高)、峯村貴希(木更津総合高)が候補。
大学生二塁手では原田拓夢(九州産業大)、遊撃手では宮本丈(奈良学園大)、楠本泰史(東北福祉大)が候補。
社会人二塁手では田中俊太(日立製作所)、遊撃手では山足達也(Honda鈴鹿)が候補。

全体的に二塁手・遊撃手の候補が少なく、下位指名で数名が指名される形になりそう。
この中ではなんといっても宮本丈が上位候補として期待。
安打を量産し抜群の打撃成績を残し、俊足でもある大型遊撃手。
走攻守3拍子揃う圧倒的なポテンシャルがある。
高校生では嶋谷将平が注目されそうで、今後評価をあげてくるかもしれない。
まだまだ候補が少ないため、2017年での活躍によってこれからドラフト候補が増えてくるかもしれない。

外野手

高校生では右打者は増田珠(横浜高)、山本ダンテ武蔵(大阪桐蔭高)、福元悠真(智弁学園高)、永井敦士(二松学舎大附高)、若林将平(履正社高)、正木智也(慶應義塾高)、植田拓(盛岡大付属高)など強打者や身体能力が高い選手が多い。
左打者では岡田悠希(龍谷大平安高)、西川愛也(花咲徳栄高)、西浦颯大(明徳義塾高)、市川睦(二松学舎大附高)が候補。
大学生では岩見雅紀(慶應義塾大)、島田海吏(上武大)が候補。
社会人では谷田成吾(JX-ENEOS)が候補。

外野手も高校生スラッガーが多く、高校生野手が豊作。
半分近くは大学・社会人に進みそうだが、それでもいい選手が多い。
増田珠は高い打撃力で、岡田悠希は左のスラッガーとしてともに上位候補。
走攻守3拍子揃い投手としても注目される市川睦が個人的には野手として大注目。
大学生では島田海吏が数少ない中堅手候補として期待。

高校生野手・社会人投手が豊作、他は不作

2017年は高校生野手と社会人投手が多く、上位指名もここに集中しそう。
高校生のスラッガーと社会人の速球投手。
現時点では清宮幸太郎、安田尚憲、田嶋大樹が注目されるが、あえて違う選手を推したい。
走攻守3拍子揃い将来性抜群の市川睦。
巨人の坂本勇人のような総合力高い宮本丈。
この二人がどれだけ評価を上げていき、ドラフトではどのチームが何位で指名するのか。
市川睦にいたってはまだあまり情報がなく、スカウトが存在に気付くことができるのか。

現時点での予想順位

1位競合クラス:田嶋大樹、清宮幸太郎、安田尚憲
1位候補:西村天裕、村上宗隆、宮本丈
上位候補:宮台康平、増田珠、岡田悠希
中位候補:金久保優斗、古屋敷匠真、草場亮太、大竹耕太郎、高橋遥人、齊藤大将、鈴木博志、嶋谷将平、山本ダンテ武蔵、福元悠真、永井敦士、若林将平、正木智也、市川睦、島田海吏、谷田成吾

1位候補や上位候補にまだ余裕があるので、2017年に活躍した選手が数名この枠に入ってくると思います。
現時点ではあまり知られていなくても、春の選抜・夏の甲子園優勝投手、大学4年で活躍した選手などが上位に入ってくるかもしれません。

2017年は見どころ満載のドラフトになるかもしれません。
関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
それぞれのランキングへの
投票をお待ちしております。
新企画も募集中です。
最新コメント(ツリー)
カテゴリ