選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

浅原直人(全盛期)

浅原直人(あさはら なおと) 外野手・一塁手 フライヤーズ

外野手(右翼手・左翼手・中堅手)・内野手(一塁手・三塁手)・捕手 右投右打 名古屋→ライオン・朝日→東急・東映
愛知県第一中→大連実業団 1936年~1955年
名古屋軍:1936年 大東京軍、ライオン軍、朝日軍:1936年~1937年、1941年~1943年 熊谷組 東急フライヤーズ、東映フライヤーズ:1952年~1955年
俊足強打の内外野手

1936年春(1年目)
.125 0本 1打点 2盗塁 6試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
浅 原 15 20 45 70 30 15 60 35

1937年春(大東京軍)
.229 2本 24打点 9盗塁 51試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
浅 原 36 41 47 70 30 5 60 40 45 40

1952年(東急)
.260 7本 54打点 14盗塁 106試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
浅 原 42 47 55 60 30 5 50 50 50

1954年(東映)
.229 12本 63打点 11盗塁 129試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
浅 原 33 38 62 60 40 40 50 50 45 35 50

トータル
1954年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
浅 原 33 38 62 60 40 40 50 30 50 30 45 35 50

通算成績

1936年~1955年
.228 44本 293打点 81盗塁 30盗塁死 出塁率.301 673試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

サイクルヒット1回(史上5人目)

総評

俊足強打型内外野手。
高い打撃力で活躍した内外野手。
守備位置は1936年から1941年はファースト、1942年・1943年はライト、1952年はファースト、1953年から1955年はファースト兼レフト兼ライトで、キャッチャーやサードでの出場経験もある。
コンバートは一塁手→右翼手→一塁手→一塁手・左翼手・右翼手。

犠打は少なく、最多は3。
盗塁はそこそこ多く、盗塁成功率は普通。
四球は普通、三振は少ない、出塁率は普通。
併殺打はやや多い。
死球数は少ない。

愛称は特になし。
俊足強打の内外野手として活躍。
1936年にプロ入りし、一塁手や外野手で出場。
その後一時プロから離れ、1952年に35歳でプロに復帰し、1952年にサイクルヒットを達成。
1953年に初の二桁本塁打を打ち、1954年は5年連続で二桁盗塁を記録。
1955年に現役を引退。

主に5番打者、4番打者として活躍している。
背番号は8→17→3→2→28→36で、1952年から1954年は「28」。

俊足強打で活躍した内外野手。
打率は低いが、まずまずの長打力がある。
三塁打や盗塁がまずまずあり、そこそこ俊足。
守備範囲は普通で、失策数は多く、守備率は低い。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
詳しいご説明ありがとうございます。
[ 2017/02/19 00:48 ] [ 編集 ]
急に上がったというよりは…
年度ごとの守備率で判断してますので、52年が悪く54年が良かったということです。
1930年代は3試合に1つ程度エラーがあり、1952年と1954年だと52年の方が一塁手として倍近くエラーがあります。
外野手としては54年の方がエラーが多いですが許容範囲という感じです。
一塁手としては54年のみ良いので、基本的には捕球もしくは送球が良くないようです。
この時代は三塁方向ばかりに打球が飛び、一塁手が打球を直接つかんでアウトにすることが少ないので、内野手からの単純な送球を落とすか逸らすかが多いのだと思われます。

全盛期に54年を選んだのは52の守備が致命的なので54年にしました。
トータルに捕手と三塁の守備を入れ忘れてたので入れなおし、他のページにも反映させます。
[ 2017/02/19 00:13 ] [ 編集 ]
浅原選手の捕球が52年までG5でしたのに54年にEに急に上がっているのは、グラウンド状況が良くなったとかあるのでしょうか?
[ 2017/02/18 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
それぞれのランキングへの
投票をお待ちしております。
新企画も募集中です。
最新コメント(ツリー)
カテゴリ