選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

RSSで盗用・コピペされることを防ぐ方法 ~簡単に設定できました~

RSSで盗用・コピペされることを防ぐ方法

まず、RSSは初期状態で設定されていますが、この状態だとコピペされ放題で、記事を転用され放題でした。
RSSの設定を無効化することで自動的に転用される被害を解消することができました。
ということでRSSの設定方法をご紹介します。
FC2ブログをご利用の方は要チェックです。

管理画面の上段にある「ブログ」と「コミュニケーション」の「ブログ」を選択します(お知らせ画面など初期値がブログの方です)。
次にそのすぐ下の一番右「環境設定」を選択します。
次に左から3番目の「ブログの設定」を選択します。
一番上の「記事の設定」の中にいくつかの項目がありますが、「RSSの設定」の表示件数を「0件」にします。
これで完了です。

RSSが0件でない状態だと、左のRSSのリンクをクリックすると分かりますが、最新数件の記事の情報が表示されます。
おそらくこれが悪用されています。
この情報を自動的に取得して、自動的にサイトに出力されることで転用されています。
0件にすることでここに何も表示されないようになります。
これで私の場合は記事の転用がストップしました。

ただ、この方法にはデメリットもあります。
RSSをちゃんと利用して、RSSの通知でサイトに来てくれる方へのサービスが停止されます。
アクセス数の減少につながるかもしれません。
ただ、この記事転用への対策をしないといくら記事を作っても複製記事の影響で検索エンジンで記事が下位にはじき出されて、検索エンジンからのアクセスが減少します。
なので、どちらでも結局損なわけですが、対策をしていた方がマシという感じです。

ここまでで、今後の記事転用の被害は免れました。
次にやるべきことは転用サイトの利用元(当ブログではFC2)に連絡して、転用ブログをストップまたはアカウントを抹消してもらうこと。
ちょっと面倒ですが、まともな所なら対応してもらえると思います。
これがダメな場合は、Googleに転用サイトのインデックスを削除してもらうこと。
これも面倒ですが、あなたがオリジナルで相手がコピーサイトだということをちゃんと証明できれば数時間で対応してもらえるようです。

ということでやることは多いのですが、まずはRSSの設定変更だけでもやっておきましょう。
有名なサイトや記事公開のペースが速いほど狙われると思います。
アクセス数がおかしいなぁとかアクセス解析の検索エンジンからの流入に違和感がある方は試してみることをお勧めします。

ということで私は一旦被害から免れることができましたので、記事公開を少しずつ再開していこうと思います。
こういう事情ですので、RSSをご利用されていた方は申し訳ありませんが、RSS機能を停止します。
関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
それぞれのランキングへの
投票をお待ちしております。
新企画も募集中です。
最新コメント(ツリー)
カテゴリ