選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

岡嶋博治(全盛期)

岡嶋博治(おかじま ひろじ) 内野手 中日

内野手(三塁手・遊撃手・二塁手) 右投右打 中日→阪急→国鉄→東映
京都市立伏見高→立命館大学(中退) 1954年~1967年
中日ドラゴンズ:1954年~1960年 阪急ブレーブス:1961年~1965年 国鉄スワローズ、サンケイスワローズ、サンケイアトムズ:1965年~1966年 東映フライヤーズ:1967年
俊足強打の内野手

1954年(1年目)
.231 0本 4打点 4盗塁 21試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
岡 嶋 33 38 42 80 30 5 65 35 45

1957年
.242 15本 52打点 15盗塁 129試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
岡 嶋 36 41 66 75 40 30 60 70 60

1958年
.269 16本 40打点 47盗塁 130試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
岡 嶋 45 50 67 75 40 25 60 70 55

1962年(阪急)
.270 9本 53打点 21盗塁 131試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
岡 嶋 49 54 60 70 40 25 60 50 60 55

トータル
1958年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
岡 嶋 45 50 67 75 40 30 60 55 70 60

通算成績

1954年~1967年
.239 89本 365打点 220盗塁 140盗塁死 出塁率.339 1450試合

タイトル

盗塁王2回

表彰

なし

記録

特になし

総評

俊足強打型内野手。
高い打撃力と俊足力で活躍した内野手。
守備位置は1954年から1956年はショート、1957年から1960年はサード、1961年はショート、1962年から1964年はサード、1965年・1966年はセカンド、1967年はサード。
コンバートは遊撃手→三塁手→遊撃手→三塁手→二塁手→三塁手。

犠打はそこそこ多く、最多は21。
盗塁は非常に多く、盗塁成功率は低い。
四球は結構多く、三振はやや少ない、出塁率は結構高い。
併殺打は少ない。
死球数は普通。
1957年から1959年まで3年連続でリーグ最多四球で、選球眼が高い。

愛称は特になし。
俊足強打の内野手として活躍。
3年目の1956年に遊撃手でレギュラーになり、1957年に三塁手に転向。
1957年から3年連続で二桁本塁打を打ち、3年連続でリーグ最多四球、1958年からは2年連続で盗塁王の活躍。
俊足で守備範囲は広いが、1957年・1958年は2年連続で30失策以上するなど守備に粗さがあった。
1961年に河野旭輝との交換トレードで阪急に移籍。
1963年までレギュラーとして活躍するが、1964年に山口富士雄の台頭で出場数が減少。
1965年途中に国鉄に移籍し二塁手を務め、1967年に東映に移籍。
1967年に現役を引退。

引退後はサンケイ・ヤクルトのコーチを務めている。

主に1番打者、2番打者として活躍している。
背番号は12→2→5で、1965年途中までは「12」。

俊足強打で活躍した内野手。
打率は低いが長打力があり、四球数がかなり多い。
盗塁がかなり多いが、リーグ最多の盗塁失敗は5度ある。
守備範囲は非常に広く、失策数は結構多く、守備率は低い。

関連ページ

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
昔は…
昔は左打席に転向とかなかったので、右打者ばかりで引っ張りばかりで草野球と同じで三遊間にしか打球飛びませんでした。
一塁手が打球をさばくことはほとんどありませんでしたし、1940年代とかは二塁手は内野で一番守備が下手な選手が守ったりもしてました。
この時代でも遊撃手の次で同等ぐらいに大事なポジションが三塁手で、今の倍ぐらい守備機会があったようです。

今の三塁手でいえば松田選手、当時の三塁手は今の遊撃手みたいなタイプの選手が務めてたので、エラーが多く遊撃手から外野手に転向になった選手(巨人の陽など)って感じもしますね。
[ 2017/03/07 00:25 ] [ 編集 ]
現在の選手で例えると松田が近いでしょうか。

今と昔では、考え方が違うものなのですね。
[ 2017/03/07 00:01 ] [ 編集 ]
昔はいっぱいいるんじゃないでしょうか
この時代は二塁手より三塁手の方が守備型ポジションで守備機会も多かったみたいですね。
なので三塁に打撃に俊足好守も兼ね備えた今の万能型遊撃手みたいな選手が集まってたみたいです。
昔は外野が狭くて守備が下手な選手が内野からあふれると外野に回るようなこともあったりするので、三塁で動けて盗塁が多い選手が結構いるみたいです。
[ 2017/03/06 21:36 ] [ 編集 ]
三塁手で盗塁王は、珍しいですね。
他に俊足の三塁手は、松永しか出ないですね。
[ 2017/03/06 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ