選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

WBC日本代表は準決勝で惜しくも敗退 ~負けたのは○○のせい?~

WBC日本代表は準決勝で敗退

いやぁ~残念でした。
優勝候補だらけのアメリカラウンドはやっぱり厳しかったですね。
今日勝ってたとしても決勝でプエルトリコが待っていたわけで、どちらにせよ優勝は厳しかったかもしれません。

アメリカとの準決勝は2-1で負けてしまいました。
4回に菊池選手のエラー絡みで1失点してしまいました。
3回の二塁ベースから足が離れていたのは仕方ありませんね。
怪我をするわけにはいきませんし、ベースから外れてなければ一塁は到底間に合いませんでしたし。
ゲッツーはそもそも無理で、1アウトランナー二塁か一塁かという違い。
でも、4回のエラーはある意味でなんでもない当たりだったので捕ってほしかったですね。
6回に菊池選手のホームランで同点になり、8回まで1-1の緊迫した試合に。
8回表に松田選手のファンブルでランナーをホームでアウトにできず1点失い、土壇場で2-1になってしまいました。
結局そのまま点は入らず2-1で負けてしまいました。

守備でいろいろあった試合でしたが、菊池選手と松田選手の万全の守備でのミスなので仕方ありません。
守備力・守備率的には何の問題もない選手起用でしたし、全員が守備率10割というのは不可能なので、エラーはどこかで出てしまいます。
それがこの試合だったことと、たまたま1試合に重なってしまっただけの事。
短期決戦はやっぱり難しいですね。
決勝は元々の優勝候補2トップのアメリカとプエルトリコになりました。

2-1と僅差での敗戦となってしまいましたが、敗因は分かりやすかったですね。
1点しか取れなかったこと。
これまでの得点力をもってしても1点しか取れませんでした。
野手が打てなかったことが敗因ですね。
あと1点でも多く取っていれば、途中で少しでも塁に出てチャンスが多ければ、たらればがつきまとってしまいます。

元々アメリカとは大きな戦力差がありましたが、なんで日本は負けてしまったのか。
どういう理由で、なんで負けてしまったのか。
こちらも簡単です。
アメリカのメジャーバリバリの投手陣が凄すぎました。
敗因はアメリカが強すぎたせい。
日本選手の誰のせいでもありません。
やっぱり日本のレベルとメジャートップレベルの平均は差があるということでしょう。
チーム戦でも1試合だけだと勝てませんでした。

明日は決勝戦。
バリバリのメジャーリーガーで固められたガチガチのガチメンバー同士の2チームの対戦です。
これはこれで楽しみですし、両チームを応援したいところです。
WBCは今回の第4回で終わってしまうのか。
アメリカが勝って終わってしまうのか、アメリカが勝てないこともあり終わるのか。
それとも今回のガチメンバーの盛り上がりで第5回に続くのか。
私個人的には今回はアメリカが優勝し、4年後の2021年の第5回WBCでアメリカを倒して日本がリベンジ優勝を飾ることを期待したいです。
その場合、2021年の日本代表メンバーは誰になってるんだろう。
大谷はいるのかいないのか。
まだプロ入りしていない選手が出場するのか。
次のWBCも今回同様思う存分楽しみたいと思います。
まずは明日を全力で楽しみます。

WBC2017の優勝予想 ~日本の人気は何番手?~

2017WBCワールド・ベースボール・クラシック チーム別データ トップページ
A組 韓国 チャイニーズタイペイ オランダ イスラエル
B組 日本 キューバ 中国 オーストラリア
C組 アメリカ合衆国 ドミニカ共和国 カナダ コロンビア
D組 メキシコ プエルトリコ ベネズエラ イタリア

関連記事

コメント一覧
メジャーで通用するかは…
やっぱり日本選手はメジャーで投手は通用するけど野手は厳しいってことなんでしょうね。
メジャーの選手が投げるツーシームとかは日本で見慣れてない分すぐには対応できないんでしょうね。
2021年に誰が出るかは全く想像付きませんが、サードが育ってるか心配ですね。
メジャーのショートを集めてるチームが多いので、日本も強打の二遊間の選手がサードになったりするんでしょうか。
今なら山田や坂本あたりかな。
[ 2017/03/23 00:12 ] [ 編集 ]
米国の面々はそうですが、日本の打者が井の中の蛙、みたいなのを実感しました。

そういえば、地味に四大会連続準決勝進出なのでこれはこれで凄いと思います。
[ 2017/03/23 00:09 ] [ 編集 ]
あのメンバーをもってしても
素晴らしい投球を披露した投手陣と比較すると、日本の打者は動くボールに対応できておらず、MLBで野手が活躍する難しさを改めて感じました。
2021年があるとして、どのようなラインナップになっているかを考えるのも楽しいかもしれませんね
[ 2017/03/22 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ