選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

ヤクルト渡邉大樹ライトを守る ~適正ポジはDeNA桑原と一緒?~

ヤクルト渡邉大樹ライトを守る ~適正ポジはDeNA桑原と一緒?~

ヤクルトの渡邉大樹が二軍でライトを守ったようです。
渡邉は2015年のドラフト6位で廣岡大志と同期の内野手。
強打が売りの廣岡に対し、俊足の大型内野手という渡邉。
高校時代は廣岡と同じ遊撃手。
プロでの1年目の2016年は廣岡がショートでほぼ固定だったこともあり、渡邉はセカンドほぼ固定。
ウィンターリーグでファーストを経験し、2017年はサードやショートを含む内野全般を守り、ついに右翼手デビュー。
今後どういう育成方針になっていくのでしょうか。

理想のタイプはDeNAの桑原将志?

ヤクルトの二軍の二遊間は廣岡だけでなく奥村もいます。
廣岡と奥村が二遊間を守ると途中出場でしか出番がなくなってしまうので、いろんなポジションを守らせるのはいいことだと思います。
そもそも渡邉大樹とはどんな選手なのか。
180センチを超える大型内野手で、俊足が売りの選手。
巧打・長打ともにまずまずで打撃力はそれなりにある。
足が速いので守備範囲もある程度期待できる。
走攻守3拍子まとまりのある選手で、いい中距離打者になれる可能性を秘めた選手。
山田ほどとはいかないが、タイプ的には割と近い選手だと思います。
肩があまり強くないので、守備だけを考えると二塁か外野手タイプ。

このあたりまでを眺めていくと誰かに似ていることに気づきます。
DeNAの桑原将志選手。
桑原選手も高校時代は遊撃手で二軍では二塁手、一軍では中堅手に定着しました。
桑原選手も俊足で肩はあまり強くはありませんが、パンチ力のある打撃も魅力の選手。
選手タイプだけで言えばそっくりです。
渡邉大樹の理想形は桑原将志なのかもしれません。

渡邉大樹選手は二軍で5月10日時点で打率.270、1本塁打13打点3盗塁。
本塁打はまだまだですが、打率はそこそこ。
外野手経験はほぼ皆無ですが、ここから外野もできるようになってくれば面白い存在かもしれません。
一軍の二塁は山田選手がいる以上空かないため、サード・ショート・外野を狙っていかなくてはなりません。
そう考えるとやっぱり外野で出られれば面白い。
今後どんな起用法になっていくのか分かりませんが、まずは二軍での活躍を期待したいと思います。
関連記事

コメント一覧
スワローズの外野はレギュラー3人とも30代で次世代ではポールポジションにいるべき上田や比屋根はポカが目立つ印象をぬぐい去ることが出来てない。
これを考えると山田がメジャーに行った後(いずれは行くと思ってるので行く前提で)のセカンドに収まるのかなと思ってましたが、山田がメジャーに行かない、もしくは山田のメジャー挑戦より先に外野でレギュラーを掴んでるかもしれませんね。なかなか面白いと思います。
[ 2017/05/12 03:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ