選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

スティーブン・ファイフ(西武新外国人) 投手

スティーブン・ファイフ(スティーブン・J・ファイフ)(Stephen J. Fife) 投手

2017年西武新外国人 右投右打 190センチ102キロ 30歳 背番号- 推定年俸約-万円 国籍:アメリカ合衆国
ロサンゼルス・ドジャース:2012年~2014年 米マイナー(主に3A(PCL)):2015年~2017年 埼玉西武ライオンズ:2017年
あまりスピードがない打たせて取るタイプの技巧派先発投手

2017年(3A(PCL))
3.97 4勝 3敗 0セーブ 12試合
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ファイフ 145 60 50 ストレート
ツーシーム
カットボール3
カーブ3
チェンジアップ2

覚醒能力
選手名 球速 スタ 回復 先発 中継 抑え 変化球
ファイフ 150 70 60 ストレート
ツーシーム
カットボール4
カーブ4
チェンジアップ3

総評

最高球速(最速)は150キロ、平均球速は約144キロ。
変化球・球種はストレート・ツーシーム・カットボール・カーブ・チェンジアップなど。
得意球・決め球は特になし。
制球力・コントロールはそこそこ良い。
奪三振率は普通。
投球フォームはスリークォーター。

メジャー通算18試合に登板の技巧派先発投手。
2012年から2014年までメジャーで登板し、2013年は12試合に登板し防御率3.86で4勝4敗の成績。
2014年にトミー・ジョン手術を受けてからはメジャーでの登板はなく、3A(PCL)で先発を務める。
防御率はそこそこいいというところ。
奪三振率はあまり高くなく、与四球はやや少ない、打たせて取るタイプのピッチングスタイル。
投球はストレートに加えカットボール・カーブを中心とし、ツーシームをたまに投げ、ごくわずかにチェンジアップを投げる。
ただし、サイトによっては変化球はカーブ・チェンジアップがメインと判定され、カットボールが計測されていない。
被打率はどの球種も同じ程度だが、カーブがやや打たれにくい。
ストレート・ツーシームはややボールになることが多く、変化球はストレート系よりはストライクになりやすいが、どの球種もコントロールにあまり差はない。
さまざまな球種を織り交ぜながら打たせて取るという技巧派投手。
外国人投手としては球速がないが、コントロールが悪くないのでボールが通用すれば抑えることができそうだ。

西武の投手は2016年はバンヘッケン・C.C.リー・ポーリーノ・バスケスなど散々な結果に終わり、唯一ウルフだけが活躍する形となった。
2017年は再びウルフが大活躍で、シュリッターがリリーフとして活躍するが、その他の投手が活躍できずにいる。
野手はメヒアのみなので、投手を3枠にできるが1枠空いている状態。
正直今回も当たればラッキー感が強い助っ人だが、わずかな可能性にかけるのもありかもしれない。

10段階評価(1~10)(3:やや劣る 5:普通 8:かなり良い)

速球力:4  あまり速くなく微妙
変化球:4  得意球がない
制球力:7  与四球は少ない
守備力:4  不明
総合力:4  当たればラッキータイプ?
(横幅を合わせる為、項目は「力」を付けて無理やり3文字にしています。)

更新情報
関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ--
年度 2014年 2015年 2016年 2017年
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2016  野手 投手 指名結果
ドラフト2017  野手 投手
ドラフト2018  野手 投手
ドラフト2019  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
査定依頼ページ
査定依頼はこちらから
詳しくは査定依頼状況をご覧ください
投票系記事
最新コメント(ツリー)
カテゴリ