選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

野口寿浩(全盛期)

野口寿浩(のぐち としひろ) 捕手 日本ハム

捕手・内野手(一塁手)・外野手(左翼手・右翼手) 右投右打 ヤクルト→日本ハム→阪神→横浜
習志野高 高校 ドラフト外 1990年~2010年

1990年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 0試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
野 口 25 30 42 70 40 30 80 35

1998年(日本ハム)
.235 10本 34打点 6盗塁 109試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
野 口 40 28 65 65 75 25 75 60 20 25 25

2000年
.298 9本 76打点 5盗塁 134試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
野 口 59 62 60 60 75 35 75 70

2003年(阪神)
.271 1本 5打点 1盗塁 59試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
野 口 59 21 45 60 25 55 70 50 30 30 35

トータル
2000年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
野 口 59 62 60 60 75 35 75 70 25 30 35

通算成績

1990年~2010年
.250 42本 272打点 30盗塁 21盗塁死 出塁率.294 911試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

パ・リーグ最多三塁打1回(2000年)
パ・リーグ得点圏打率1位1回(2000年)

総評

俊足好守型捕手。
抜群のリードと肩・スローイングを持つ選手。
名捕手であったが、ヤクルト時代は古田に次ぐ2番手捕手、阪神時代は矢野に次ぐ2番手捕手になったことから「二番手の天才」と評される。

犠打はそこそこ多い。
盗塁はあまり多くなく、盗塁成功率は低い。
四球は少なく、三振はやや多い、出塁率は低い。
三振数の割に四球が少なく、追い込まれると三振になるケースが多い。

日本ハムの正捕手時代は2度盗塁阻止率でリーグトップになるなど、強肩で送球精度も良かった。
盗塁は得意ではなかったが、2000年に11三塁打を打つなど捕手としてはかなりの俊足であった。
2000年の打率.298は日本ハムの捕手として規定打席到達者の中で歴代最高。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ