選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

東京ヤクルトスワローズ2017年ドラフト結果 ~補強は成功?失敗?を分析~

東京ヤクルトスワローズ2017年ドラフト結果 ~補強は成功?失敗?を分析~


東京ヤクルトスワローズ
1位 村上宗隆  捕手  右投左打 九州学院高
2位 大下佑馬  投手  右投左打 三菱重工広島
3位 蔵本治孝  投手  右投右打 岡山商科大
4位 塩見泰隆  外野手 右投右打 JX-ENEOS
5位 金久保優斗 投手  右投右打 東海大市原望洋高
6位 宮本丈    遊撃手 右投左打 奈良学園大
7位 松本直樹  捕手  右投右打 西濃運輸
8位 沼田拓巳  投手  右投右打 石川ミリオンスターズ

育成 指名なし

支配下 投手:4 捕手:2 内野手:1 外野手:1
育成   投手:0 捕手:0 内野手:0 外野手:0

1位指名 村上宗隆 捕手 高校 強打型

抽選で外れたものの競合した村上宗隆選手の交渉権をゲット。
約1年前から注目されていた選手で、強打の捕手として中村選手より先に目玉選手の一人になっていた。
割と俊足でもあるが、守備は不安視され、ヤクルトとしても内外野のどこかにコンバートという情報が出る。
打てる選手ではあるが、正直強打の捕手として魅力なのであって一塁手や三塁手、左翼手としてはどうなのだろうとやや疑問。
三塁手として守備に問題がなく、そのうえで30本塁打とか売っていけるようになればもちろんいいのですが、ちょっと時間がかかりそうですし、そこまで我慢できるのかどうか。
面白いタイプの選手ではありますが、不安も結構大きいです。

2位指名 大下佑馬 投手 社会人

社会人で活躍する本格派右腕。
4年ほどやってきた中でドラフト候補として取り上げることがなかった選手。
正直言えば隠れ球。
社会人だから目立ちにくいということもあるのでしょうが、高校時代は黒田2世としてやや注目されたようですが、その後は良く分からず。
リリーフとしてはスピードがまずまずで総合力で勝負という感じだが、チームコメントとしては先発予定だとか。
正直なぜ2位なのか良く分かりませんし、超独自路線のヤクルトではありますが、今年も「大下佑馬2位」で存分に発揮できているような気がします。

3位指名 蔵本治孝 投手 大学

速球派の大型右腕。
大学での実績少なく、楽天1位指名の近藤弘樹に隠れた存在だった投手で、個人的には育成あたりかなと思っていた投手。
広島薮田のように実績なくともプロで大化けを期待というタイプなのでしょうか。
制球難でもあり、即戦力よりかなりの将来性タイプのような気がします。

4位指名 塩見泰隆 外野手 社会人 俊足強打型

走塁が一番良さそうな走攻守3拍子タイプという評価の外野手。
こちらも4年度やっていて完全にノーマークだった隠れ球タイプ。
打撃がかなり疑問のタイプで、そこそこの守備走塁だけが残ってしまうような選手のように思ってしまいます。
年齢的にはおそらく即戦力として期待なんだと思いますが、どうなんでしょう。
他に即戦力外野手が少ないから無理に選んでしまったような気がします。

5位指名 金久保優斗 投手 高校

長身細身のスタミナ豊富な右腕。
急に路線変更というかファンの中でも評価があった選手が指名されました。
数年後の活躍に期待の将来性タイプ。

6位指名 宮本丈 遊撃手 大学 俊足巧打型

まさかの6位指名になった即戦力内野手。
ネット評価では外れ1位や2位あたりではないかと噂されるもまさかの6位フィニッシュ。
ドラフト前の腰痛による不調や、肩や守備が遊撃手としてどうなんだろうとか、ノーステップ打法がどうなんだろうとかいろいろ言われていた選手。
ただし大学のリーグを考えても圧倒的な成績で、走攻守3拍子揃ったなかなかいないタイプ。
今回のドラフトで納得がいくことになったが、遊撃手は強肩は上位、弱肩は下位、という肩中心の順位があるのではないでしょうか。
強肩選手は2位、3位で指名され、宮本選手のようにプロでは二塁手タイプになりそうな選手は軒並み下位指名という結果でした。
ヤクルトの場合山田選手が二塁手として盤石な状態なので、宮本選手は遊撃手一本で勝負することになりそうです。
現在は大引選手がレギュラーですが、個人的には1年目の開幕から宮本選手がレギュラーでいいと思っているぐらい期待度が高いです。
1ヶ月ほど起用してダメだった場合は大引選手がレギュラー復帰という形でいいのではないでしょうか。
宮本選手は個人的には首位打者級の打撃に本塁打も10本程度、守備走塁もそれなりにいいというぐらいの選手に慣れると思っています。
今回は6位であったものの、5年後10年後に2017年のドラフトで一番活躍した選手は宮本丈だった、というぐらいに活躍してほしいです。

7位指名 松本直樹 捕手 社会人 強肩型

強肩が武器の守備型捕手。
近年高校生捕手をどんどん獲ってきた中で、社会人捕手を指名することになりました。
二軍での枠はほとんど埋まっているため、一軍の2番手捕手・3番手捕手なのだろうか。
ヤクルトの現状においてこの指名は良く分からず、数合わせであれば戦力外を出さなければいいわけで、育成で若手選手を獲れば良かったように思います。
活躍すれば結果オーライかもしれませんが、ちょっと疑問の指名でした。

8位指名 沼田拓巳 投手 独立リーグ

マイナー経験ある速球派投手。
経歴的にかなりいわくつきではあるものの、最速155キロの速球など魅力ある投手。
即戦力候補で先発ではあるもののリリーフとしても面白いかも。

まさかの育成なし

何度もスタッフを育成選手として契約しているチーム事情にありながらのまさかの育成なし。
2017年はケガ人続出で捕手候補としてスタッフを育成にするが、結果的には途中出場などが数試合あっただけで必要なかった。
バタバタ感がハンパなく、できればこういうやり方はあまりやらないでほしいと思ってます。
二軍といえども一応公式試合。
勝ち負けではなく育成目的ではあっても、最低限元スタッフではない現役選手で試合を組んでほしいなと思います。

総評

毎年独自路線ですが、史上最大級の独自路線だったような気がします。
2位、4位がノーマークで3位は育成あたりかと思っていた選手。
選手にもドラフト当事者にも申し訳ないですが、今年も全くの理解不能でした。
個人的には村上・金久保・宮本の3選手はかなり期待しています。
選手の選び方やチーム状況に合う選手かどうか、全てが良く分からないのですが、一応即戦力寄りの結果だったのかなと思ってます。
2017年は最下位だったので、2018年は少しでも結果を良くということなのかもしれませんが、個人的にはほとんどを高校生にして数年後に期待する形でも良かったのかなと思います。
スカウトやネットなどの評価はかなり低かったように思いますが、個人的には低いというよりさっぱり分からなかったという印象です。
チームごとに補強ポイントは違いますので、点数や順位はつけない方針です。
個人的には「良い悪いではなく毎年恒例の理解不能の独自路線」と判定します。
関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ