選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

田中浩康(全盛期)

田中浩康(たなか ひろやす) 内野手(二塁手) ヤクルト

内野手(二塁手・遊撃手・一塁手・三塁手)・外野手(左翼手・右翼手) 右投右打 ヤクルト
尽誠学園高→早稲田大 大学 自由獲得枠 2005年~

2005年(1年目)
.500 0本 0打点 1盗塁 6試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 35 20 45 70 40 45 60 50 40

2007年
.295 5本 51打点 8盗塁 132試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 53 78 53 70 50 65 55 65 25 45

2008年
.290 5本 50打点 4盗塁 144試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 47 81 51 65 60 95 55 85 40

2010年
.300 4本 54打点 4盗塁 140試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 52 85 49 65 50 70 55 80

2012年
.274 2本 40打点 1盗塁 139試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 52 47 43 65 70 95 55 65

トータル
2008年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
田中浩 47 81 51 65 60 95 55 35 85 30 45 30 35

通算成績

2005年~2014年まで
.274 29本 316打点 28盗塁 20盗塁死 出塁率.339 1082試合

タイトル

なし

表彰

ベストナイン2回
ゴールデングラブ賞1回

記録

特になし

総評

巧打好守型内野手。
高い巧打力と小技・粘りなど打撃力もあり、抜群の守備力を持つ選手。
守備位置はプロ入り前は二塁手→遊撃手、プロ入り後は二塁手一本だったが、2013年の打撃不振により山田にレギュラーを奪われた為、それ以降は内野・外野の複数ポジションを守る。

犠打は非常に多く、最多は61で、年間最多犠打を4回記録。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球はやや多く、三振はやや少ない、出塁率は普通。
併殺打はやや多い。
死球数はやや多い。
四球数と三振数が近く、粘る技術がある。

2007年から2012年まで130試合以上出場するなど、怪我に強く安定感がある。
2013年に極度の打撃不振によりレギュラーはく奪となるが、2014年はやや回復傾向にある。
守備が抜群に巧く、4度刺殺数・補殺数がトップになるなど守備範囲が広く、エラーが非常に少なく、守備率が高い。
2013年には山田が二塁手のレギュラーに定着、2014年オフには日本ハムから大引を獲得するなど、二遊間のレギュラー奪還の壁が非常に厚くなる。
抜群の守備を活かす為にも二塁手田中浩、遊撃手山田の形が作れれば良かったのだが。
打撃や守備はまだ衰えてはいないので、今後のさらなる活躍が期待される。

歴代全盛期 チーム別データ
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ