選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

スティーブン・モヤ(中日新外国人) 外野手

スティーブン・モヤ(スティーブン・モーヤ)(Steven Moya) 外野手

2018年中日新外国人 26歳 右投左打 201センチ 117キロ 出身地:プエルトリコ
外野手(右翼手・左翼手・中堅手)・指名打者(DH) 背番号44 推定年俸-万円
米マイナー:2009年~ デトロイト・タイガース:2014年~2016年 中日ドラゴンズ:2018年~
大当たりか大外れかというような危険なタイプ

2016年
.255 5本 11打点 0盗塁 31試合(タイガース)
.284 20本 66打点 3盗塁 106試合(3A(IL))
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
S.モーヤ 50 68 81 60 50 20 90 50 30 55

2017年
.213 18本 50打点 5盗塁 105試合(2A,3A(IL))
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
S.モーヤ 34 20 74 60 30 45 85 40 30 55

入団前(予測打撃成績 打率.210 20本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
モ ヤ 35 30 75 60 30 40 85 40 50

ハズレ(予測打撃成績 打率.150 5本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
モ ヤ 20 15 55 55 30 30 75 40 40

標準(予測打撃成績 打率.230 20本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
モ ヤ 40 35 75 60 30 40 85 50 45

大当たり(予測打撃成績 打率.290 50本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
モ ヤ 55 55 95 65 50 55 95 45 60 45 60

総評

強肩強打型外野手。
打撃は長距離型。
ミート力はあまりなく、パワーは非常にある。
マイナーで本塁打を量産する一発狙いのスラッガー。
積極的に振り回すフリースインガーで大型扇風機タイプでもある。

足は普通、肩は結構強い。
スローイングは粗く、キャッチングはやや粗い。
守備範囲は普通。
2014年にマイナーで16盗塁をしていたが、近年はあまり走らず。
ライト中心でセンター経験は1試合のみで、ライトなら最低限守れるという感じ。
守備にやや不安はあるが、強打者としてなら我慢できる範囲ではある。

一発狙いのスラッガーの外野手。
メジャー経験は2014年・2016年の計51試合のみで、2016年は5本塁打を打つも、2017年はメジャー出場なし。
マイナーでは2014年に2Aで35本塁打打ち、毎年20本塁打前後打つスラッガー。
2016年まではまずまずの打率を残すが、2017年は3A(IL)で打率.166の大不振で再び2Aメインでの出場となる。
四球は極端に少なく三振は少ない、極端な早打ち傾向の積極打法で、追い込まれると簡単に三振になるというフリースインガータイプ。
対左投手の打率は毎年バラつきがあるが平均すると同程度で、どちらも特に苦にしている感じはない。

足に関しては積極性は薄れたものの、まずまず走れる選手。
2014年は2Aで16盗塁するがその後は盗塁数が減少し、盗塁成功率はそこそこ高い水準をキープ。
あまり積極的ではないかもしれないが、足が遅いわけではない。
2009年はレフトだったが2010年以降はライト中心で、センター経験は1試合、レフト出場もあまり多くなく、基本はライト専門に近い。
守備範囲はまずまずで、日本ではレギュラーの平均よりやや下程度になるかもしれないが、強打者としては十分守れるという程度。
強肩ではあるが補殺はかなり少なく、送球面での貢献は期待できない。
失策数はやや多く守備率はやや低いが、特別マイナスという感じではない。
経験的にはライトが望ましいが、レフトでも問題なく守備が出来そうなほどの守備力はありそう。

ゲレーロが退団濃厚という状況で、外国人野手はビシエドに新外国人が加わる形となる。
ソイロ・アルモンテ、ペドロ・アルバレスなどとともに新外国人候補としてリストアップされる。
ライトには平田がいるためモーヤは起用されるのであればレフトということになりそう。
アルモンテも大まかに見れば同じようなタイプの選手なので、どちらか片方だけか全く別の選手になるか分からないが、レフトの強打者が助っ人の候補になっている。
モーヤは本塁打こそ期待できるが圧倒的な粗さがあるため、短期的には全く打てない可能性があり、1年間見てもさっぱりという可能性もあるが、逆にハマれば楽々本塁打王に慣れてしまうだけのパワーを秘めている。
スペア的な金額で獲得できれば美味しいかもしれないが、メイン級としての獲得であればかなりリスキーな補強になりそう。

2018年4月に二軍で一塁を守る。

過去の似たタイプの外国人助っ人

ペゲーロ(楽天)、パラデス(元ロッテ)、ロマック(元DeNA)

中日OBで似たタイプの外国人助っ人

ライアル

打撃成績予想

.230 20本(標準)
.150 5本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.290 50本 10盗塁

2018年シーズン予想

.250 25本 3盗塁 500打席

モーヤが2018年のメインとなって一年使われるならそこそこの成績を残しそう。
スペアであるのなら泣かず飛ばずの成績もあり得る。

来日当初はほとんどが三振になってしまうぐらいの成績になってしまうかもしれないが、徐々に本塁打を量産していくゲレーロのようなパターンだと思われる。
1年間起用されれば良いが途中で見切ればそれまでという感じ。
かなりリスクのあるタイプなのでいい方に転ぶか悪い方に転ぶかかなり危険なタイプです。

2018年シーズン結果

.301 3本 0盗塁 101打席

こちらも大きく予想を外してしまい申し訳ありませんでした。
打率は打数が少ないことや2016年に高打率を残していることから予想外というほどではないですが、本塁打が少なかったことは予想外。
あとはアルモンテの活躍でモヤが控えだったことも予想外。
モヤがライトである以上平田との勝負になり平田が活躍したこともモヤにとって苦しい結果となってしまいました。
中日コンビは二人とも予想を外してしまい、結構ショックです。

10段階評価

巧打:3  低打率で四球を選べないタイプ
長打:9  パワー自体はかなりありそう
走塁:5  悪くはなさそう
守備:4  動けるが下手かも

更新情報

2018年チーム別選手能力
広島 阪神 DeNA 巨人 中日 ヤクルト メジャー日本人
ソフトバンク 西武 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ