選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

マット・ドミンゲス(ロッテ新外国人) 三塁手

マット・ドミンゲス(Matt Dominguez) 内野手

2018年ロッテ新外国人 28歳 右投右打 188センチ 99キロ 出身地:アメリカ合衆国
内野手(三塁手・一塁手)・指名打者(DH) 背番号- 推定年俸約9000万円
米マイナー:2007年~ フロリダ・マーリンズ:2011年 ヒューストン・アストロズ:2012年~2014年 トロント・ブルージェイズ:2016年 千葉ロッテマリーンズ:2018年~
2013年・2014年にメジャーでレギュラーだった強打好守の三塁手

2013年(アストロズ)
.241 21本 77打点 0盗塁 152試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.ドミンゲス 51 48 85 50 60 50 80 20 60

2017年(3A(IL))
.264 16本 67打点 3盗塁 116試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
M.ドミンゲス 48 48 75 50 60 65 75 40 55

入団前(予測打撃成績 打率.230 15本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ドミンゲス 35 40 70 50 60 60 75 40 55

ハズレ(予測打撃成績 打率.150 3本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ドミンゲス 15 20 55 40 50 50 70 30 50

標準(予測打撃成績 打率.250 20本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ドミンゲス 40 45 75 50 60 60 75 40 55

大当たり(予測打撃成績 打率.290 30本塁打)
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ドミンゲス 55 60 85 55 70 70 80 50 60

総評

強打好守型内野手。
打撃は中・長距離型。
ミート力はあまりなく、パワーは結構ある。
メジャー通算42本塁打、マイナー通算111本塁打の右の強打者。
メジャー通算打率は.231と低く、マイナーでも.260前後が多く、一発狙いタイプ。

足はやや遅く、肩はそこそこ強い。
スローイングはそこそこ良く、グラブ捌きは普通。
守備範囲はそこそこ広い。
盗塁は通算で一桁でほとんど走らない。
ほぼサード専門で、ファースト経験も少ないながらあるが、その他のポジションでの出場はない。
守備の評価が高く守備範囲はまずまずあり、守備率は標準程度でサードをしっかりこなせる選手。
日本でもサード守備は十分通用しそう。

中・長距離打者の内野手。
2013年にメジャーで21本塁打、2014年は16本塁打打つ強打の三塁手のレギュラーだったが、2015年からはマイナーでプレー。
メジャー通算打率は.231で低く、マイナーでも年間打率が.270を超えたことがないほど低打率が続く。
2017年は3A(IL)で打率.264、16本塁打で安定した成績ではあるがやはり打率は微妙なところで、日本に来る外国人助っ人としてはかなり物足りない数字。
四球が少なく三振は普通で、やや早打ち傾向の積極打法で選球眼はあまり良くない。
メジャー・マイナーともに対右投手より対左投手の打率の方がやや高く、右打者の標準的な感じで左右の得意不得意はない。

足に関しては期待できない。
メジャー通算0盗塁、マイナーは5盗塁で、盗塁成功率は5割を下回る。
三塁打は少なく併殺打は結構多く、若手時代から走れなかった選手。
2007年からほぼ三塁手専門で、2015年からマイナーでプレーするようになり一塁手としても出場しはじめる。
失策数は普通程度で守備率は標準レベル。
2013年は守備機会が多かったが2014年はやや減り、その後もまずまずの守備力をキープ。
一塁手経験はあるもののほぼ三塁手専門で、日本でも三塁手のレギュラー候補で、一塁手・指名打者という感じではない。

パラデス・ダフィーが不振に終わり退団したことから、強打者候補として獲得報道が出る。
鈴木大地が三塁手転向とのことなのでポジションは丸かぶりで、おそらくドミンゲスが三塁、鈴木や中村などが二塁・遊撃手という形になると思われる。
メジャーでレギュラー経験がありまだ若い選手ということ夢はあるが、選球眼がなく低打率というのはかなり危険なにおいがする。
強打者が少ないチーム事情から使われはするだろうから、徐々に成績をあげていってほしいタイプという感じ。
というかそもそもポジションのかぶり問題から獲らないような気もするが…。

過去の似たタイプの外国人助っ人

レアード(日本ハム)

ロッテOBで似たタイプの外国人助っ人

ダフィー

打撃成績予想

.230 15本(標準)
.150 3本(ハズレ)

大当たりの打撃成績予想

.290 35本 3盗塁

2018年シーズン予想

.220 10本 3盗塁 300打席

メジャーでの実績はあるものの、打撃の粗さは結構厳しそう。
サードはしっかりこなせそうなので、起用していく分には我慢という感じではなそうだが。

ロッテでは強打者が少なく、長打力は外国人頼みという感じなので、ドミンゲスには本塁打量産を期待したいところだと思われる。
ただ、サードは鈴木大地と被るため、鈴木が二塁、中村ショートと2017年と変わらない布陣になりそう。
メジャー・マイナーで低打率でも日本で活躍できる選手は少なからずいるので、期待せずに活躍できればラッキーという感じで構えていた方が良さそう。

2018年シーズン結果

.190 7本 0盗塁 93打席

やや予想を外してしまいました。
思ったよりも低打率で本塁打は多く、あまり起用されませんでした。
そもそも三塁守備が魅力の選手が三塁手が埋まってるチームに獲得され指名打者で起用される違和感。
打撃だけで貢献できるタイプではないので、やっぱりかという印象。
ロッテの現場と編成の意見の不一致は結構深刻なようです。

10段階評価

巧打:3  打率は諦めた方がいいかも
長打:8  安定して本塁打は打てる
走塁:2  かなりの消極的
守備:5  三塁守備力は十分にある

更新情報

2018年チーム別選手能力
広島 阪神 DeNA 巨人 中日 ヤクルト メジャー日本人
ソフトバンク 西武 楽天 オリックス 日本ハム ロッテ

関連記事

コメント一覧
これも監督と編成の補強ポイントの違いでしょうか
監督から編成へ新外国人のポジションがちゃんと伝わってるのかも気になるところですね。
編成独断でやってるのか、見つけたのがたまたまサードになってしまったのか。
ドラフト後で外国人を考えなければ二塁中村、三塁鈴木、遊撃三木・藤岡、あたりの予定だったと思うのですが、編成はそれを知らずに2017年の穴で、ある程度獲りやすいサードに走ってしまったのか。
もちろん全員が成功するとは限らないので候補が多いに越したことはないですが、完全にそこじゃない感満載ですね。

サードが数年同じ外国人選手で固定できれば残りの候補で二遊間を争えばいいだけなのでかなり楽になりそうですが、今回の補強?はまだ謎ばかりです。
[ 2017/12/25 00:50 ] [ 編集 ]
そうですね。わたしもドミンゲスのファーストは反対です。それならいっそのこと大地を回してくれた方がまだ納得はできます。
大地のコンバートはそれありきではなく、あくまで可能性を広げる、または保険という位置付けであってほしいと思います。そうするには井口監督がちょっと褒めすぎたかなと感じてしまいます…
レアードくらいやってくれれば言うことなしなんですけどね。上手くいってくれるかどうか不安な粗さですね。パラデス以下なら守備がどんなに上手くてもさすがに使っていられないので…
[ 2017/12/25 00:17 ] [ 編集 ]
守備はホントにいいようで
キャリアトータルでの守備率もそこそこなので、守備での好プレーはたまたまではなく常時いいようですね。
一塁はここ3年ぐらいでやり始めたばかりで三塁守備があってのメジャー出場のような感じがするので、一塁に回すと台なし感ハンパないです。
村田修一を一塁手限定として見込んでるみたいな状態でしょうか。
鈴木大地も三塁の練習をすること自体は悪いことではないはずなので、大地二塁、ドミンゲス三塁の方がしっくりくる印象です。
ドミンゲスが打てなかったら大地三塁もアリかなというぐらいで。

打撃は打ってくれたらラッキーですが、数年新外国人を見てる印象からするとパラデス以上に粗そうな印象です。
レアードになるかダフィーになるか、ポジションも含め攻守ともに楽しみです。
[ 2017/12/24 22:47 ] [ 編集 ]
この人の三塁守備特にライン際の強さと送球には惚れ惚れしますね。ただ大地もセカンドでGG賞とはいえ守備に本人も不満を感じてるような振る舞いが見られたので、恐らくはサードで行くのかなと。ファーストもほんの少しながら経験があるのでファーストでってことになると思いますが、昨シーズンまでに少なくとも大地のコンバートを公言する前にいてくれたら…と思うと凄く勿体無い印象です。
打撃がダメでも適応のチャンスは与えられるはずなのでゲレーロみたいに適応してくれることをこのダルビッシュキラーには期待したいです。
[ 2017/12/24 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ