選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

相川亮二(全盛期)

相川亮二(あいかわ りょうじ) 捕手 ヤクルト

捕手 右投右打 横浜→ヤクルト→巨人
東京学館高 高校 ドラフト5位 1995年~
横浜:1995年~2008年 ヤクルト:2009年~2014年 巨人:2015年~

1995年(1年目)
.--- -本 -打点 -盗塁 0試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
相 川 25 30 42 60 35 35 75 35 30 30 30

2005年
.259 8本 46打点 0盗塁 144試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
相 川 46 46 59 50 55 50 70 70

2007年
.302 2本 33打点 0盗塁 123試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
相 川 58 69 45 50 45 60 65 65

2010年(ヤクルト)
.293 11本 65打点 2盗塁 120試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
相 川 57 59 64 45 60 30 65 65

トータル
2010年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
相 川 57 59 64 45 60 45 65 65 (20) (20) (20) (20)

通算成績

1995年~2017年
.260 69本 475打点 12盗塁 10盗塁死 出塁率.309 1508試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

巧打堅守型捕手。
捕手としては打撃力が高く、堅実な守備が持ち味。
守備位置は高校2年までは外野手、のちに捕手にコンバートし、若手の頃は二軍で外野手としても出場していた。

犠打はそこそこあり、最多は16。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球はやや少なく、三振はそこそこ多い、出塁率は低い。
併殺打は普通。
死球数はやや少ない。

愛称は特になし。
プロ入り時には捕手経験が浅く、ヤクルトに移籍する頃からリードなどの捕手としての評価が高くなってきた選手。
盗塁阻止は横浜時代にいい年もあるが、ヤクルト移籍後にリーグ最高の盗塁阻止率を記録するなど、スローイングが良くなっている。
2014年オフにFAで巨人へ移籍、人的補償は奥村展征内野手。
2004年にアテネオリンピック野球日本代表に選出されて銅メダルを獲得。
2006年は第1回WBC日本代表に選出される。
2013年は第3回WBC日本代表に選出される。
代表経験の多い選手。

歴代全盛期 チーム別データ
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ