選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

蔭山和夫(全盛期)

蔭山和夫(かげやま かずお) 三塁手・二塁手 南海

内野手(三塁手・二塁手・遊撃手) 右投右打 南海
早稲田大 大学 1950年~1959年
南海ホークス:1950年~1959年

1950年(1年目)
.287 9本 66打点 25盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
蔭 山 49 54 55 85 40 15 65 60 50 30

1951年
.315 6本 28打点 42盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
蔭 山 61 66 50 85 55 40 65 50 70 25

1952年
.256 9本 39打点 36盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
蔭 山 41 46 57 80 60 45 65 50 70 30

1953年
.303 8本 38打点 36盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
蔭 山 57 62 56 80 70 65 65 50 65 25

トータル
1951年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
蔭 山 61 66 50 80 60 40 65 55 70 (25)

通算成績

1950年~1959年
.264 53本 302打点 214盗塁 75盗塁死 出塁率.367 1044試合

タイトル

最高出塁率1回

表彰

新人王(1951年)
ベストナイン2回

記録

3打席連続三塁打

総評

俊足好守型内野手。
飯田徳治、岡本伊三美、木塚忠助とともに「百万ドルの内野陣」と呼ばれる守備力の高い選手。
守備位置は1950年は二塁手、1951年からは三塁手。
コンバートは二塁→三塁。

犠打はそこそこあり、最多は13。
盗塁は非常に多く、盗塁成功率は高い。
四球は非常に多く、三振は普通、出塁率はかなり高い。
併殺打は非常に少ない。
死球数は少ない。
通算三振数より、通算四球数が多い。

愛称は特になし。
3年連続30盗塁以上するなど足が速く、守備力の高い選手として活躍。
年間最多三塁打を4度記録するなど、長打が多い選手。
四球が選べて粘れる選手。
元二塁手で、機敏であることから守備範囲が広く、守備指標はやや高い。
エラーは年々減少傾向にあったが、毎年20失策前後ある。

背番号は「12」。

歴代全盛期 チーム別データ
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天 南海

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ