選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

アレックス・ロドリゲス

アレクサンダー・エマニュエル・"アレックス"・ロドリゲス 三塁手・遊撃手 メジャー(ヤンキースなど)

内野手(三塁手・遊撃手) 右投右打 1994年~ 国籍:アメリカ合衆国、ドミニカ共和国(二重国籍)
シアトル・マリナーズ→テキサス・レンジャーズ→ニューヨーク・ヤンキース

1994年
.204 0本 2打点 3盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.ロドリゲス 40 45 60 95 40 35 100 50

1996年(マリナーズ)
.358 36本 123打点 15盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.ロドリゲス 95 100 94 95 55 45 99 80

2001年(レンジャーズ)
.318 52本 135打点 18盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.ロドリゲス 78 83 102 88 70 55 95 85

2007年(ヤンキース)
.314 54本 156打点 24盗塁
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.ロドリゲス 77 82 103 75 65 50 80 60 55

トータル
2001年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
A.ロドリゲス 78 83 102 88 70 55 95 (30) 50 85

通算成績

2001年~2013年まで
.299 654本 1969打点 322盗塁 76盗塁死 出塁率.384 2568試合

タイトル

首位打者1回
本塁打王5回
打点王2回

表彰

MVP3回
シルバースラッガー賞10回
ハンク・アーロン賞4回
ゴールドグラブ賞2回
ベーブ・ルース賞1回

記録

遊撃手の年間記録(得点・長打・長打率・塁打数・本塁打数)
通算満塁本塁打24

総評

万能型内野手。
守備位置はヤンキースに入る前の2003年までは遊撃手、ヤンキースに移籍後の2004年からは三塁手。
コンバートは遊撃→三塁→指名打者(DH)。

犠打は少なく、通算16。
盗塁は結構多く、盗塁成功率は非常に高い。
四球は結構多く、三振はそこそこ多い、出塁率は非常に高い。
やや待球傾向にあるのか、四球・三振ともに多い。

愛称は「A-Rod(エイロッド、エーロッド)。」。
MLBを代表する選手の一人。
走攻守全てにおいて高い能力を持つ5ツールプレイヤー。
打撃は圧倒的なパワーで本塁打を量産するスラッガー。
弾道の高い本塁打が多いのが特徴。
3割以上を記録することも多く、出塁率が非常に高い。
近年は高齢や別の問題から出場機会を減らしたり、成績を落としてきているが、今もなお本塁打を増やしていて、通算本塁打数は歴代4位の記録。

走塁技術も高く、1998年には46盗塁を記録し、通算盗塁成功率が高いなど無理をしない為、貢献度は非常に高い。
守備では守備範囲が広く、圧倒的な強肩で遊撃守備の評価は非常に高い。
三塁手にコンバートするが、三塁守備はあまり上手くなくミスが多い。

激しいゲッツー崩しなども果敢に行い、ヘッドスライディングを多用する。
背番号は2003年まで「3」、ヤンキース移籍後の2004年からは「13」。

歴代全盛期 チーム別データ
巨人 阪神 広島 中日 DeNA ヤクルト
ソフトバンク オリックス 日本ハム ロッテ 西武 楽天

関連記事

コメント一覧
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 15 16 17 18 19
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ