選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

長池徳士(長池徳二)(全盛期)

長池徳士(ながいけ あつし)、旧名・本名:長池徳二(ながいけ とくじ) 外野手・DH 阪急

外野手(右翼手・中堅手)・DH(指名打者) 右投右打 阪急
徳島県立撫養高→法政大 大学 ドラフト1位 1966年~1979年
阪急ブレーブス:1966年~1979年

1966年(1年目)
.263 7本 22打点 1盗塁 68試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
長 池 46 51 62 65 50 25 65 45 60 45

1969年
.316 41本 101打点 21盗塁 129試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
長 池 67 72 92 65 75 45 65 40 60 65

1971年
.317 40本 114打点 8盗塁 130試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
長 池 67 72 92 60 45 60 60 30 35 50

1973年
.313 43本 109打点 5盗塁 128試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
長 池 65 70 93 55 45 60 60 30 40 60

トータル
1969年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
長 池 67 72 92 65 75 45 65 (20) 40 60 65

通算成績

1966年~1979年
.285 338本 969打点 98盗塁 61盗塁死 出塁率.361 1449試合

タイトル

本塁打王3回
打点王3回

表彰

MVP2回
ベストナイン7回

記録

特になし

総評

打撃型外野手。
捕手としての守備に難があり外野手に転向し、打撃で活躍した選手。
守備位置は1968年まで中堅手、1969年からは右翼手、1975年からは指名打者。
コンバートは中堅→右翼→指名打者。

犠打は少なく、通算7。
盗塁はそこそこ多く、盗塁成功率は低い(1969年は盗塁阻止率は普通)。
四球はやや多く、三振は少ない、出塁率は普通。
併殺打はそこそこ多い。
死球数はやや少ない。
強打者の割に三振が少なく、通算四球数より通算三振数が少ない。

愛称は「ミスターブレーブス」。
強打の外野手として長年4番打者として活躍。
2年目の1967年にレギュラーに定着すると、1969年は40本塁打以上を打ちタイトルを獲得。
以降も4番打者として長年活躍し、3割以上4回、40本塁打以上4回、100打点以上4回という素晴らしい成績を残す。
1979年に打撃コーチ兼任となり、この年で引退。

引退後は解説者や阪急・西武・南海・横浜・ロッテなどでコーチを務めている。
コーチとして秋山幸二、佐々木誠、鈴木尚典、福浦和也などを育てた。

長年阪急の4番打者を務めるなど打撃力は非常に高い。
1971年には32試合連続安打、1972年には53試合連続出塁を記録していて、連続安打記録1位の高橋慶彦は33試合。
西武の秋山翔吾があと一歩の31試合で止まってしまった為、現在もパ・リーグ記録となっている。
守備はエラー数は特別多くないものの、あまり上手くはなく、1975年から指名打者となる。

主に4番打者として活躍している。
背番号は「3」。
独特の打撃フォーム。
1979年に長池徳二(ながいけ とくじ)から長池徳士(ながいけ あつし)に改名している。

更新情報
2015/7/15 査定完了。
2015/7/14 仮作成。(未査定)

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

関連記事

コメント一覧
安定感がすごいですね
抜群の打撃力があり、年度ごとの波が小さく、毎年40本前後の本塁打を打つ安定感はすごいですね。
こんな強打者に固め打ちされたら投手は大変だったでしょうね。

守備能力に関してはだいぶ参考にさせていただきました。
ほとんどレフトを守っていないようなので、トータルの左翼守備はやや低めに。
1969年と1973年は能力が近くどちらを取るか迷いましたが、足を考え1969年を選びました。
[ 2015/07/15 22:38 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
長池徳二
右ミート 左ミート パワー 走力 スロー 捕球 肩 左翼 中堅 右翼
1969
B70 B70 A89 C68 E48 F39 D58 F30 E40 F39

1971
B70 B70 S90 C63 E48 E44 D55 F30 F39 E41

1973
B70 B70 S91 C60 D48 D48 D55 F30 F38 E41

トータル
B70 B70 S91 C60 D48 D48 D55 F30 E40 E41

愛称はミスターブレーブス
本塁打量産時は一気に固めて打つ傾向。一試合複数本塁打は得意技。脚力もなかなか。守備はお世辞にもうまいとは言えない。
1975年以降は指名打者として、起用されることが多いものの、かえって寿命を短くしてしまった。元々、体が硬いためストレッチや守備の動きで体を柔らかくしていたが故に順応できなかった。
もっとも、大熊、福本、ウィリアムスの外野陣では守る幕がないのも要因である。

最大15本差を逆転して本塁打王に輝いている。
70代以上の方にミスターブレーブスというと、長池と答える方も多い。

コーチとしては、強く球を叩く打撃指導で多くの中長距離打者を育てた。その影響もあって、指導を仰いだ選手は比較的長く活躍する傾向にある。
[ 2015/07/14 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ