選手査定ノート

能力査定対象選手:プロ(NPB)・新外国人・OB・ドラフト選手・ドラフト候補選手(高校生・大学生・社会人・独立リーグなど)
最新記事&更新情報

国松彰(全盛期)

国松彰(くにまつ あきら) 外野手 巨人

外野手(右翼手・中堅手・左翼手)・内野手(一塁手)・投手 左投左打 巨人
京都市立西京高→同志社大(中退) 大学 1955年~1970年
読売ジャイアンツ:1955年~1970年
俊足強肩の外野手

1955年(1年目)
1.000 0本 0打点 0盗塁 8試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
国 松 25 20 42 75 30 30 75

1963年
.268 9本 43打点 36盗塁 108試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
国 松 50 45 61 70 55 65 70 25 60 60 55

1965年
.259 11本 39打点 15盗塁 136試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
国 松 47 42 63 65 50 55 65 30 55 50 50

1966年
.272 6本 44打点 12盗塁 116試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
国 松 51 46 55 65 55 50 65 30 50 45 50

トータル
1963年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
国 松 50 45 61 70 55 65 70 30 60 60 55

通算成績

1955年~1970年
.243 93本 427打点 125盗塁 52盗塁死 出塁率.310 1378試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

俊足強肩型外野手。
高い身体能力で活躍した外野手。
守備位置は1956年まではピッチャー、1959年・1960年はライト、1961年・1962年はセンター、1963年はレフト、1964年はセンター、1965年はレフト、1966年はライト兼レフト、1967年からはライトで、ファーストでの出場経験もある。
コンバートは投手→右翼手→中堅手→左翼手→中堅手→左翼手→右翼手。

犠打はそこそこ多く、最多は16(1963年はリーグ最多犠打)。
盗塁は結構多く、盗塁成功率はやや高い(1963年は非常に高い)。
四球は普通、三振は少ない、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数はやや少ない。
三振が少ない打者。

愛称は特になし。
俊足強肩の外野手として活躍。
2年間は投手を務め、のちに外野手に転向し、1960年にレギュラーに定着。
俊足や高い守備力、バントや盗塁などでV9時代の前半まで活躍した。
1960年から1969年は10年連続で100試合以上に出場する。
1970年に現役を引退。

引退後は巨人のコーチや二軍監督を務めている。
その後は亀屋万年堂の社長や会長を務め、日本レフティゴルフ協会の会長や最高顧問を務めている。

主に2番打者、1番打者として活躍している。
背番号は「36」。

小技や守備などで活躍した選手。
三振が少なく、バントや盗塁などで活躍。
俊足強肩で守備でも活躍。
失策数が少ない堅実な守備が特徴。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人47~60 大阪46~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海33~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

井上真二(全盛期)

井上真二(いのうえ しんじ) 外野手 巨人

外野手(右翼手・左翼手・中堅手)・内野手(三塁手) 右投右打 巨人
熊本県立熊本工業高 高校 ドラフト5位 1985年~1998年
読売ジャイアンツ:1985年~1998年
1989年前半は大活躍

1985年(1年目)
.273 0本 0打点 0盗塁 7試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
井 上 34 39 50 55 40 40 65 40 40 40

1989年
.298 12本 38打点 4盗塁 81試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
井 上 58 59 70 55 45 70 60 40 40 50

1990年
.271 3本 12打点 0盗塁 53試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
井 上 49 54 55 50 45 65 60 20 40 35 50

1995年
.269 0本 5打点 0盗塁 28試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
井 上 48 49 48 50 45 65 55 40 50 40

トータル
1989年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
井 上 58 59 70 55 45 70 60 (20) 40 40 50

通算成績

1985年~1998年
.253 16本 60打点 5盗塁 2盗塁死 出塁率.319 289試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

打撃型外野手。
高い打撃力で活躍した外野手。
守備位置は1989年・1990年はライト、1996年はレフトで、センター・サードでの出場経験もわずかにある。
コンバートは右翼手→左翼手。

犠打は少なく、最多は5。
盗塁は少なく、盗塁成功率は普通。
四球は普通、三振はやや多い、出塁率は普通。
併殺打は結構多い。
死球数はそこそこ多い。

愛称は特になし。
打撃型の外野手として活躍。
2年目の1986年と3年目の1987年は2年連続でイースタン・リーグの本塁打王になる。
1989年に5月6月と大活躍し緒方耕一と共に「熊工コンビ」と呼ばれ注目され新人王候補となるが、徐々に成績は落ち、デッドボールもあり81試合の出場に終わるが、.298 12本の活躍。
外野手層が厚くなり1990年からは出場数が減少。
二軍では打ち続け、二軍通算125本塁打はイースタン・リーグ記録となっている。
1998年に現役を引退。

引退後は巨人のコーチやスカウトを務めている。
2016年からは巨人の二軍打撃コーチを務める。

主に6番打者、1番打者として活躍している。
背番号は「52」。

強打で活躍した外野手。
少ない打数ながら、かなり多くの本塁打を打っている。
守備・走塁はまずまずで、強肩として知名度が上がる。
外野手としての出場数は200試合近いが、失策数は通算0。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人34~60 大阪35~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海38~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

ゲーリー・トマソン(元巨人) 外野手

ゲーリー・トマソン(Gary Thomasson) 外野手 巨人

外野手(右翼手・中堅手・左翼手)・一塁手 左投左打 ジャイアンツ→アスレチックス→ヤンキース→ドジャース→巨人
国籍:アメリカ合衆国 1981年~1982年
サンフランシスコ・ジャイアンツ:1972年~1977年 オークランド・アスレチックス:1978年 ニューヨーク・ヤンキース:1978年 ロサンゼルス・ドジャース:1979年~1980年 読売ジャイアンツ:1981年~1982年
強肩強打の扇風機

1977年(ジャイアンツ)
.256 17本 71打点 16盗塁 145試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
G.トマソン 60 38 72 65 40 30 70 50 55 55 50

1979年(ドジャース)
.248 14本 45打点 4盗塁 115試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
G.トマソン 58 28 80 55 45 45 65 40 45 50 45

1981年(巨人)
.261 20本 50打点 5盗塁 120試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
トマソン 48 43 76 50 45 35 60 35 35 55

1982年(巨人)
.187 0本 5打点 0盗塁 47試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
トマソン 27 22 50 45 40 30 55 30 30 30 45

トータル
1981年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
トマソン 48 43 76 50 45 35 60 25 35 35 55

通算成績

1981年~1982年
.249 20本 55打点 5盗塁 7盗塁死 出塁率.312 167試合

タイトル

なし

表彰

なし

記録

特になし

総評

強肩強打型外野手。
高い打撃力で活躍した外野手。
守備位置はメジャー・マイナーでは外野手兼ファースト、日本ではライト。
コンバートは特になし(外野手・一塁手でグルグルと)。

犠打0。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球はやや少なく、三振は非常に多い、出塁率はやや低い。
併殺打は普通。
死球数は少ない。
三振の割合が非常に高い打者。

愛称は特になし。
強打の外野手として活躍。
メジャーでは中距離打者として長年にわたりレギュラーとして活躍。
1981年に巨人に入団し王貞治の穴を埋める存在として期待される。
1961年は打撃成績はまずまずながら、132三振で当時の球団記録となり、「舶来扇風機」、「三振王」、「トマ損」、「害人」などと呼ばれてしまう。
さらに失策数が多く、日本シリーズでも拙守が目立った。
1982年は活躍できず、藤田元司監督とトラブルを起こした事もあり退団。

主に7番打者、4番打者として活躍している。
背番号は「12」。

長打力のある扇風機型助っ人外国人。
長打力は高いがかなり粗く、一発狙いの選手。
メジャーで16盗塁した年もあるが、足はあまり速くない。
守備範囲はやや狭く、失策数はやや多い。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人47~60 大阪46~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海33~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

レジー・スミス(元巨人) 外野手

カール・レジナルド・スミス(Carl Reginald "Reggie" Smith) 外野手 巨人

外野手(右翼手・中堅手・左翼手)・内野手(一塁手・三塁手・遊撃手・二塁手) 右投両打 レッドソックス→カージナルス→ドジャース→ジャイアンツ→巨人
国籍;アメリカ合衆国 1983年~1984年
ボストン・レッドソックス:1966年~1973年 セントルイス・カージナルス:1974年~1976年 ロサンゼルス・ドジャース:1976年~1981年 サンフランシスコ・ジャイアンツ:1982年 読売ジャイアンツ:1983年~1984年
メジャー通算314本塁打の強打者

1970年(レッドソックス)
.303 22本 74打点 10盗塁 147試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.スミス 72 71 85 75 70 45 85 65 85 60

1977年(ドジャース)
.307 32本 87打点 7盗塁 148試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
R.スミス 78 64 95 65 60 50 70 45 45 40 50 60

1983年(巨人)
.285 28本 72打点 2盗塁 102試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
スミス 55 55 90 50 55 60 60 50 30 55

1984年(巨人)
.255 17本 50打点 1盗塁 84試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
スミス 45 45 77 45 40 45 55 30 25 45

トータル
1983年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
スミス 55 55 90 50 55 60 60 50 30 55

通算成績

1983年~1984年
.271 45本 122打点 3盗塁 0盗塁死 出塁率.379 186試合

タイトル

なし

表彰

ゴールドグラブ賞1回(MLB、1968年)

記録

特になし

総評

強打型外野手。
高い打撃力で活躍した外野手。
守備位置はマイナーではサード兼セカンド権ショートで、1966年は外野手、メジャーでは1967年から1970年はセンター、1971年はセンター兼ライト、1972年はライト、1973年はセンター、1974年はライト、1975年はライト兼ファースト、1976年から1980年はライト、1981年・1982年はファースト、日本ではライト。
コンバートは内野手→中堅手→右翼手→一塁手→右翼手。

犠打は0。
盗塁は少なく、盗塁成功率は100%。
四球は結構多く、三振は結構多い、出塁率は結構高い。
併殺打は普通。
死球数は多い。
待球傾向の打法で、四球数・三振数が多い。

愛称は特になし。
強打の外野手として活躍。
メジャーでは314本塁打打ち、スイッチヒッターでは史上5位。
メジャーでは7度の3割以上を記録し、巧打力も高い選手であった。
さらに中堅手としてゴールドグラブ賞を獲得するなど、走塁・守備も抜群のスター選手であった。
1983年に巨人に入団するが、肩や膝の故障歴があり、102試合の出場にとどまるが、長打力は発揮する。
1984年はウォーレン・クロマティの加入や吉村禎章が右翼手に定着したことにより、出場数は減少。
1984年に引退。

引退後はドジャースの打撃コーチやオリンピックのアメリカ代表の打撃コーチや第1回・第2回WBCアメリカ代表の打撃コーチを務めている。

主に5番打者、4番打者として活躍している。
背番号は「7」。

メジャー通算314本塁打のスラッガー。
巨人でも長打力を発揮し、四球を選び高い出塁率を誇る。
守備・走塁はメジャー時代は高い能力を持っていたが、来日時にはかなり衰えていた。
失策数は少なく、堅実な守備が特徴。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人47~60 大阪46~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海33~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

デービー・ジョンソン(元巨人) 二塁手・三塁手

デービー・ジョンソン(デーブ・ジョンソン)(David Allen "Dave" Johnson) 二塁手・三塁手 巨人

内野手(二塁手・三塁手・一塁手・遊撃手) 右投右打 オリオールズ→ブレーブス→巨人→フィリーズ→カブス
国籍:アメリカ合衆国 1975年~1976年
ボルチモア・オリオールズ:1965年~1972年 アトランタ・ブレーブス:1973年~1975年 読売ジャイアンツ:1975年~1976年 フィラデルフィア・フィリーズ:1977年~1978年 シカゴ・カブス:1978年
メジャーで40本塁打以上を打ったスラッガー

1970年(オリオールズ)
.281 10本 53打点 2盗塁 149試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
D.ジョンソン 57 84 71 55 80 75 70 70 45 55

1973年(ブレーブス)
.270 43本 99打点 5盗塁 157試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
D.ジョンソン 63 55 102 55 60 25 65 60 40 45

1975年(巨人)
.197 13本 38打点 1盗塁 91試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ジョンソン 28 33 69 50 50 45 65 55 40

1976年(巨人)
.275 26本 74打点 1盗塁 108試合
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ジョンソン 50 55 83 50 40 35 65 35 60 45 30

トータル
1976年ベース
選手名 右巧 左巧 長打 走力 送球 捕球 肩力
ジョンソン 50 55 83 50 50 40 65 35 60 50 35

通算成績

1975年~1976年(日本のみ)
.241 39本 112打点 2盗塁 1盗塁死 出塁率.326 199試合

タイトル

首位打者1回

表彰

ゴールドグラブ賞3回(MLB、1969年~1971年)
カムバック賞(MLB、1973年)
最優秀監督賞2回(MLB、1997年、2012年)
ダイヤモンドグラブ賞1回(NPB、1976年)
ベストナイン1回(NPB、1976年)

記録

特になし

総評

強打好守型外野手。
高い打撃力と守備力で活躍した内野手。
守備位置はマイナーではショート兼セカンド、メジャーでは1966年から1973年はセカンド、1974年はファースト兼セカンド、日本では1975年はサード、1976年はセカンド、メジャー復帰後1977年はファースト、1978年はサード。
コンバートは遊撃手→二塁手→三塁手→二塁手→一塁手→三塁手。

犠打は少なく、通算1。
盗塁は少なく、盗塁成功率は低い。
四球は普通、三振は結構多い、出塁率は普通。
併殺打は普通。
死球数は非常に多い。

愛称は特になし。
強打好守の内野手として活躍。
メジャーでは3年連続でゴールドグラブ賞を獲得、1973年には43本塁打を打つ守備力の高い選手として活躍。
1974年までメジャーで活躍し、1975年に巨人に入団し長嶋茂雄の後継者として期待される。
1975年は不慣れな三塁手として出場し、2割に満たない打率や故障などいいところなく、ファンから「虚人のジョン損」と呼ばれてしまう。
1976年は二塁手に戻ったことや日本の野球になれたことで、打撃成績は向上し、好守を見せるなど攻守に活躍。
1976年に巨人を退団し、メジャーに復帰するがあまり活躍できず1978年に引退。

引退後はメジャーの監督、オリンピックでオランダやアメリカの監督、第1回・第2回WBCでアメリカの監督を務めている。
2012年はナショナルズの監督として地区優勝している。

主に6番打者として活躍している。
背番号は「5」。

メジャーで活躍した強打好守の助っ人外国人。
1975年は三振が目立ったが、1976年は強打を発揮。
足は二塁手としてはあまり速くなく、巨人時代はやや遅い。
守備範囲は普通で、失策数はやや多い。
メジャー時代に名手だったことや、巧いプレーが多い選手。

更新情報

歴代全盛期 チーム別データ
-セ・リーグ-
巨人1991~ 阪神1991~ 広島1991~ 中日1991~ DeNA2012~ ヤクルト1991~
巨人61~90 阪神61~90 広島68~90 中日61~90 横浜93~11 ヤクルト74~90
巨人47~60 大阪46~60 広島50~67 中日36~60 大洋50~92 国鉄50~73
巨人(全) 阪神(全) 広島(全) 中日(全) DeNA(全) ヤクルト(全)
-パ・リーグ-
ソフトバンク2005~ オリックス2005~ 日本ハム2004~ ロッテ2005~ 西武2008~ 楽天2005~
ダイエー89~04 オリックス89~04 日本ハム74~03 ロッテ92~04 西武79~07 近鉄91~04
南海33~88 阪急36~88 フライヤーズ~73 オリオンズ~91 西鉄50~78 近鉄49~90
ソフトバンク(全) オリックス(全) 日本ハム(全) ロッテ(全) 西武(全) 楽天(全)

選手一覧
--年度別選手データ(全年度)--
年度 2014 2015 2016 2017 2018
--現役選手一覧--
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
    ↑野手     ↓投手
広島 巨人 De 阪神 ヤクル 中日
日ハ ソフト ロッテ 西武 楽天 オリ
--ドラフト候補--
ドラフト2017  野手 投手 指名結果
ドラフト2018  野手 投手 指名結果
ドラフト2019  野手 投手
ドラフト2020  野手 投手
ドラフト2021  野手 投手
現役・OB選手50音検索
全盛期チーム
ヤクルト    中間    
巨人    中間    
阪神    中間    
広島    中間    
中日    中間    
DeNA    中間    
ソフトバンク    中間    
日本ハム    中間    
ロッテ    中間    
西武    中間    
オリックス    中間    
楽天    中間    
プロ野球歴代最強ベストナイン
年度別選手一覧・チーム能力(全年度)
最新コメント(ツリー)
カテゴリ